omniture

クリーンエネルギー閣僚会合のアジェンダは二酸化炭素回収貯留

International CCS Knowledge Centre
2019-05-29 18:45 566

【バンクーバー2019年5月29日PR Newswire=共同通信JBN】今週のクリーンエネルギー閣僚(CEM)会合では、国連が提唱する(注1)気候変動軽減のために緊急に必要かつ即時使える技術、二酸化炭素回収貯留(CCS/CCUS)が幅広く取り上げられて討議される。CEMはクリーンエネルギー技術促進の共通目標を持つ各国エネルギー相の国際会合で、得られた教訓と最良事例を共有し、世界的なクリーンエネルギー経済移行を推進するものである。

CEM期間中の5月29日(水)、バンクーバー・コンベンションセンターで予定される2つの主要イベントでは、リック・ペリー米エネルギー長官、ファティ・ビロル国際エネルギー機関(IEA)事務局長、ポーランドのエネルギー相でCOP24議長を務めるミハウ・クリティカ氏らがCCSを推奨する。

気候危機に取り組む世界の力を支援するため決定的な行動が必要であることは、国際的に認識されている。大規模なCCSは、温室効果ガス排出(GHGs)の大幅削減を可能にする行動である。International CCS Knowledge CentreはCCS最良事例の世界的オープンシェアを先導している。International CCS Knowledge Centreはコスト・リスク削減の高官パネル討議を主催し、CEMイノベーション展示のCCS専用パビリオンを開設、CEM直後の代表団にカナダ・サスカチワン州のSaskPower's Boundary Dam 3 CCS施設ツアーを提供することによって、世界が排出削減に真剣に取り組めばCCSも真剣に取り組んだ方がいいことを強調する。

立証された成功と利用しやすさにもかかわらず、CCSは高コストの認識、すなわち、投資不足に苦しんできた。第2世代技術(注2)に向けたイノベーションの出現で、回収CO2 1トン当たり67%減とコストが大幅圧縮され、投資機会を切り開いた。CEM期間中、CCSイベントはCCSプロジェクトの次の波の資金を引き付けるのに必要な主条件に焦点を当てる。

CEM指定のCCUSイニシアチブが「Accelerating CCUS Together - Financing a key piece of the clean energy puzzle」(ともにCCUSを加速―クリーンエネルギー・パズル主要ピースの資金調達)と題する閣僚会合のCCS討議を開始する。次いで、International CCS Knowledge CentreとClearPathが「Advancing CCUS - A Deep Dive on Cost & Risk Reductions」(CCUSを促進―コスト・リスク削減の挑戦)と題するパネル討議を共催し、障害と可能性について詳細に検討する。

▽引用

「International CCS Knowledge Centreのわれわれは、気候変動のグローバル目標を積極的にサポートし、安定した経済の確保に寄与する方法で、GHGs削減に重要な役割を担うCCSを紹介できて光栄である。CCSは立証されて信頼できるが、今や安くなっている。準備が整い、世界のために考案されている」- International CCS Knowledge Centreのマイク・モネア社長兼最高経営責任者(CEO)

CEMにおけるCCSイベントの全体リストは以下参照。

https://ccsknowledge.com/about/events/clean-energy-ministerial--mission-innovation 

(注1)国連気候変動に関する政府間パネルの報告「Global Warming of 1.5 Degrees Celsius」(https://report.ipcc.ch/sr15/ )で、CCSは地球温暖化をセ氏1.5度以内に抑える4経路のうち3つで不可欠と考えられている。

(注2)Shand CCS Feasibility Study(https://ccsknowledge.com/resources/2nd-generation )の第2世代研究によると、Boundary Dam 3 CCSプロジェクト(BD3)に比べてShandのCCSシステムは、回収CO2 1トン当たり67%の資本コスト削減と92%のプラント統合資本コスト節減の可能性を示している。

▽背景情報

CEMにおけるCCSイベントの講演者リスト

「Accelerating CCUS Together ― Financing a key piece of the clean energy puzzle」

(ともにCCUSを加速―クリーンエネルギー・パズル主要ピースの資金調達)

このセッションはCCS投資の主条件に関する閣僚級対話を予定。金融部門のCEOや上級管理者と閣僚がCCSによって短期間で具体的進展を達成する方法について討議する。

 

5月29日(水)午前11時

ミーティングルーム#211

 

--John Minge, Former Chairman and President, BP America

--Rick Perry, Secretary of Energy, (USA)

--Fatih Birol, Executive Director of International Energy Agency (France)

--Richard Jackson, President of Occidental Low Carbon Ventures and SVP of Operations (USA)

--Gordon Salahor, CEO, Wolf Midstream (USA)

--Khalid Abuleif, Chief Climate Negotiator (Saudi Arabia)

--John Loughhead, Chief Scientist, Dept. for Business, Energy and Industrial Strategy (UK)

--Yoshihiko Isozaki, State Minister, METI (Japan)

--Ajay Kumar Bhalla, Secretary, Ministry of Power (India)

--Liv Lonnum, State Secretary, Ministry of Petroleum and Energy (Norway)

--Amy Pincu, Managing Director, Bank of America Merrill Lynch (USA)

--Ashok Bhargava, Director of Energy, Asian Development Bank, (Central and West Asia)

--Jerome Schmitt, Chairman of Executive Committee, Oil and Gas Climate Initiative (UK)

 

「Advancing CCUS - A Deep Dive on Cost & Risk Reductions」(CCUSを促進―コスト・リスク削減の挑戦)

このイベントはGHGsを大幅に削減する主要技術としてCCUSを促進する障害と可能性を探る。最良事例の共有を通じて、次のプラントは安くなる証拠がある。各パネリストがクリーンエネルギー政策、政策決定、資金調達の知識を共有する。

5月29日(水)午後零時半

International CCS Knowledge Centreパビリオン、ブース606

--Michael Kurtyka, Minister of Energy & Environment, COP24 President (Poland)

--Steve Winberg, Assistant Secretary for Fossil Energy, Department of Energy (USA)

--Khalid Abulief, Chief Negotiator for Climate Agreements, Ministry of Energy & Petroleum Resources (Saudi Arabia)

--Tim Thomas, Vice President at Mitsubishi Heavy Industries (Japan, Houston office)

--Hang Wang, Deputy Director-General of 21 Agenda Administrative Centre, Ministry of Science & Technology (China)

--Mechthild Worsdorfer, Director of Sustainability, Technology & Outlooks, International Energy Agency (France)

--Cecil Conroy, Director Government Affairs, International Brotherhood of Boilermakers (USA)

--Richard Jackson, President of Occidental Low Carbon Ventures and SVP of Operations (USA)

--Rich Powell, CEO, ClearPath (USA) (Event Co-Host)

--Mike Monea, President & CEO, International CCS Knowledge Centre (Canada) (Event Co-Host)

▽二酸化炭素回収貯留(CCS/CCUS)とは

CCSは大規模稼働されると、大気に排出される前に大量のCO2を回収するクリーン技術である。回収プロセスは石炭や天然ガスのように、鉄鋼、セメント、エネルギーなどの産業への適用が可能で、排出量の大幅削減をサポートする。貯留ないし利用貯留は回収CO2の下流配置に関連する。大量のCO2は砂岩や枯渇油田など最深部の地質に恒久貯留される。詳しい情報はIEA地球温暖化ガス対策研究開発プログラム(IEAGHG)の「What is CCS」(https://ieaghg.org/ccs-resources/what-is-ccs )を参照。

▽International CCS Knowledge Centre(Knowledge Centre)について

2016年以来、独立した委員会の指揮下で運営されているKnowledge Centreは、グローバルな温室効果ガス排出削減のため、大規模CCSへのグローバルな理解と展開を促進する責務を負い、BHPとSaskPowerによって設立された。Knowledge Centreは、完全統合型のBoundary Dam 3 CCS施設と、Shand CCS Feasibility Studyとして知られる包括的な第2世代CCS研究の両方からのベースラーニングを通じて、大規模CCSプロジェクトとCCS最適化を実施するノウハウを提供している。詳細は、https://ccsknowledge.com/ を参照。

▽問い合わせ先

Jodi Woollam

Head of Communications & Media Relations

jwoollam@ccsknowledge.com

T: +1-306-565-5956

M: +1-306-520-3710

ccsknowledge.com

+1.306.565.(KNOW)5669 / 198 - 10 Research Drive / Regina, SK

S4S 7J7  Canada

ソース:International CCS Knowledge Centre

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/893498/2479114_Logo.jpg

 

 

 

ソース: International CCS Knowledge Centre