omniture

Xinhua Silk Road:2019年Bast and Leaf Fibres Textile Expoが江西省で開催

Xinhua Silk Road Information Service
2019-11-06 14:05 835

【北京2019年11月6日PR Newswire】2019年Bast and Leaf Fibres Textile Expo Jiangxi(江西国際麻紡博覧会)は、11月1日から3日まで中国南東部の江西省新余市の分宜県で開催された。

「Ecological Jiangxi, Fashion Bastextile」をテーマに靱皮繊維と葉繊維の織物産業の功績を示すことで、博覧会は同産業の革新的な発展を推進し、中国の靱皮・葉繊維の織物アートの文化を広め、国際交流と協力を深め、この産業の生態学的な連鎖を生み出すことを狙いとする。

夏物の生地の里として知られる分宜県は、古代より靱皮繊維と葉繊維の紡織で有名な土地だった。近年では、分宜は伝統的な手工芸品に発酵による精錬技術を取り入れ、生態学的に環境を保護するだけでなく、同産業の持続可能な発展も維持している。

分宜県には、合計2万畝(1333.33ヘクタール)以上の土地にラミーを植える1万以上の小作農家がある。分宜県は毎年、1万5000トンの発酵精錬された乾燥靱皮繊維と葉繊維、5000トンのラミー綿混紡糸、1000トンのラミー織り糸、85万反の布、150万点の夏物寝具類と7000万メートルの衣類用ファッション染色プリント生地を生産することができる。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309191.html を参照。

ソース:Xinhua Silk Road

ソース: Xinhua Silk Road Information Service