omniture

CIIEが入場許可証の郵送開始、最初の展示品到着

China International Import Expo
2019-09-30 13:13 417

【上海2019年9月30日PR Newswire=共同通信JBN】第2回中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)の最初のアクセスバッジが9月27日、中国郵政(China Post)によって同博覧会の出展者と専門業者のビジターに郵送された。

発送されたCIIEの最初のバッジ
発送されたCIIEの最初のバッジ

11月5日に始まる同イベントの30日前のカウントダウンまでに、約20万個のバッジが博覧会参加者に送付される予定である。

CIIEは今年、バッジの無料郵送サービスを提供するため、中国郵政と提携しており、博覧会ビジターが会場で自分のバッジを受け取れるようにするため、2000平方メートルの登録センターも設置する。

一方、展示品は上海に到着し始めている。最初の展示品であるイタリアの自動車メーカーIvecoの3トン車は、9月26日に上海に到着し、税関を通過した。このイタリア企業の新型のDaily 4X4は、CIIE期間中にアジア太平洋エリアでデビューする予定である。

最初の展示品が税関を通過
最初の展示品が税関を通過

The General Administration of Customs(税関総局)は、CIIEのために特別の税関検査所を設置した。同検査所は、簡略化された承認手続きで運用しており、CIIEの品目が税関を迅速に通過できるように検査基準を改善している。

同検査所はまた、越境貿易管理のプラットフォームを開発し、CIIEの物品に対するペーパーフリーの証明書を実現するため、ビッグデータ技術を導入している。

物品の一時的な輸入を許可する文書であるATAカルネを持っているCIIE展示品に対する6カ月間から1年間への延長は、企業にフォローアップの販売促進を実施するのに十分な時間を与えるため、今年も継続される。

同博覧会のその他の準備もまた、進行中である。中国の無形文化遺産と伝統的ブランドも展示され、約4000平方メートルのエリアを占める。重慶市の独自の料理遺産を実演する重慶ホットポット展示会は、1つの呼び物になるとみられている。

歌唱、舞踊、民族音楽、演劇、歌劇に及ぶ計63の文化・芸術プログラムも同イベントの期間中に上演される。

同博覧会のマスコットである「ジンバオ」という名前のパンダに似せて設計された約20のロボットは、質問のあるビジターを手助けする。会場の標識は、英語、フランス語、スペイン語、ロシア語を含む多言語に翻訳されている。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190929/2595393-1-a?lang=0
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190929/2595393-1-b?lang=0

ソース: China International Import Expo