omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US zh_TW zh_CN id_ID ja ko_KR ms_MY th_TH vi_VN

韓国Hanwha Investment & Securitiesがシンガポール私募市場プラットフォームのCapBridgeに投資

2019-09-09 15:36
  • 私募市場エコシスエムを共同で成長させる
  • 戦略提携は韓国の企業や投資家が国際的な私募市場機会にコネクトすることを助ける
  • 韓国企業はHanwhaやCapBridgeと協力して私募資金調達や、シンガポール唯一の規制私募証券取引所1exchangeへの上場ができる
  • 韓国の私募証券市場はアジアで3番目の大きさで、収益は公開市場を大幅に上回る

【シンガポール2019年9月9日PR Newswire=共同通信JBN】

シンガポールの世界的な私募市場プラットフォーム、CapBridge Groupは5日、Hanwha Investment & Securities Co., Ltd.(以下、「Hanwha」)を投資家および戦略提携企業としてこのほど迎え入れたと発表した。HanwhaはCapBridgeに400万米ドルを出資して提携し、韓国と東南アジアの私募市場エコシステムの成長を促進する。

韓国・ソウルの提携契約調印式でのHanwha Investment & Securitiesのクォン・ヒペクCEO(左)、CapBridgeのジョンソン・チェン創業者兼CEO(右)
韓国・ソウルの提携契約調印式でのHanwha Investment & Securitiesのクォン・ヒペクCEO(左)、CapBridgeのジョンソン・チェン創業者兼CEO(右)

韓国の多角経営財閥、ハンファグループ(Hanwha Group)の傘下にあるHanwha Investment & Securitiesは、証券売買仲介や株式、債券、金融派生商品の取得などを含む総合資産運用サービスの大手プロバイダーである。

CapBridgeのジョンソン・チェン創設者兼最高経営責任者(CEO)は「Hanwhaを株主兼戦略パートナーとして迎えてうれしい。私募市場エコスステムをさらに発展させ、韓国の企業や投資家にもっと私募市場の機会を提供することを楽しみにしている。Hanwhaと協力し、世界の私募市場向けのさらに革新的な金融サービス、金融商品も開発していく」と語った。

Hanwha Investment & Securitiesのクォン・ヒペクCEOは「この提携関係によって、われわれはCapBridgeと私募証券プラットフォームの1exchangeと積極的に協力し、この地域全体のわが社の顧客に私募市場の機会を紹介していく。この提携を通じて当社はグローバルなデジタル事業を拡大しつつあり、韓国および成長する東南アジア私募市場でフットプリントを拡大することを楽しみにしている」と述べた。

この提携により、韓国とアジアにおけるIPO(新規株式公開)前や家族保有、成長段階の会社は、HanwhaやCapBridge私募プラットフォームと協力し、国際投資家とマッチングすることができる。

CapBridgeとシンガポールで最初の唯一、規制を受けた私募証券取引所である1exchange(1X)は共に、シンガポール証券取引所が株主および戦略パートナーである総体的な国際私募市場エコシステムを構築する。CapBridgeは企業が1Xへの私募証券上場によって資本や資金源を利用できるインテリジェントな統合ソリューションを提供する。私募証券を上場した企業とそのオーナーは、最適な管理と柔軟性を持つ非公開企業でありながら、流動性の恩恵を享受する。

私募証券から平均より高い収益を求める投資家も、CapBridgeの私募市場プラットフォームを利用して、そうした機会を手にできる。

マッキンゼー・アンド・カンパニーのリポートによると、韓国の私募証券市場はアジアで3番目に大きく、さらに成長する見通しである(注1)。世界とこの地域の買収やそれに関わる民間資本は着実に増えており、私募証券から得られる収益は株式上場市場を大きく上回っている。

世界の成長企業が呼び掛ける私募証券資本調達への参加に関心のある投資家は、CapBridge(www.capbridge.sg )でそのような機会にアクセスすることができる。そこでは機関投資家が個人共同投資家ともに同じ投資条件で取引をリードする。個人投資家は画期的なPreferred Access経由でも私募証券に最低5000シンガポールドルでアクセスすることができ、ポートフォリオの多様化として多くの案件に少額で投資をコミットできる。

CapBridgeと1Xに関するメディア問い合わせはmedia@capbridge.sgまで。

企業や投資家の問い合わせはwww.capbridge.sg まで。メールはcontact@capbridge.sg へ。

▽CapBridgeについて

CapBridgeは、プライベート投資機会のためのグローバル投資シンジケートプラットフォームを運用している。CapBridgeの共同投資シンジケートプラットフォームは中期から後期の成長企業およびこれら企業に注力するファンドに資金を提供する。当社の共同投資モデルは投資家を念頭に置いて構築されている。当社はまず自らの特有の業界知識を活用してデューディリジェンス(適正評価手続き)を行い、付加価値のある投資構造を交渉し、そしてポートフォリオ・ポジションを期待通りの投資回収へ管理し、投資家を先導して機会をもたらす。

それから当社は同様の機会を共同投資家に開放し、彼らは主導的投資家の特定の業界分野における専門知識やデューデリジェンス作業を活用する。共同投資家は、主導的投資家と同じ条件でサインし、より良いリスク調整後収益とより可能性の高い投資回収を実現する。企業は、自社の分野をよく理解して直接に価値を生み出すことができる主導的投資家と協力すること、およびネットワークコネクティビティーを加え、将来的にさらに成功を収めるリスティングに向け支援することができる共同投資家との株主基盤を広げることから利益を得る。

この共同投資プロセスは、取引を投資家とマッチさせ、取引プロセスを促進するために絶え間なく機能する当社のインテリジェントプラットフォーム上で電子的に行われる。

CapBridgeはCapital Markets Services License(CMS免許)を持ち、シンガポール金融管理局(MAS)の規制を受けている。シンガポール証券取引所(SGX)は戦略的パートナーで、株主である。CapBridgeの共同投資プラットフォームに関する詳細な情報はwww.capbridge.sg を参照。

▽1exchangeについて

CapBridgeの関連組織である1exchange(「1X」)は、規制され集中化された透明性のある方式で私募証券の売買を行うユニークなトレーディングプラットフォームを投資家に提供する規制を受けた私募証券取引所である。1XはRecognised Market Operator Licenseを保有しており、シンガポール金融管理局の規制を受けている。シンガポール取引所(SGX)は戦略的パートナーであり、株主である。1Xに関する詳細な情報はwww.1x.exchange を参照。

▽Hanwha Investment & Securities Co., Ltd.について

1962年創業のHanwha Investment & Securitiesは証券売買仲介や株式、債券、金融派生商品の取得、さまざまな金融商品の販売、資産管理サービスなどを含む総合資産運用サービスを提供する。ほかにはないシステムと高度人材を抱え、信頼できる資産管理パートナーとして確立することに成功した。当社の金融商品と顧客重視サービスは国内外で提供されている。

Hanwha Investment & Securitiesはデジタル金融プラットフォームの開発を続け、デジタル変革と傾向に対応する差別化商品とサービスを提供できる。事業目標は、利益を生み続ける持続可能な商品により、顧客や株主、従業員と「ともに発展」すること。各業界の専門知識を持ち、信頼され安定した経営の企業として、同社は顧客のためにより幸せな未来を築くことに自信を持っている。

詳しい情報はwww.hanwhawm.com を参照。

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=344211

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190905/2570872-1?lang=0

ソース:CapBridge

関連リンク:
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー