omniture

Venture Global、Calcasieu Pass LNGの最終投資決定および資金調達完了を発表

Venture Global LNG, Inc.
2019-08-21 10:44 657

【アーリントン(米バージニア州)2019年8月21日PR Newswire=共同通信JBN】Venture Global LNG, Inc.は、ルイジアナ州キャメロン郡のCalcasieu Pass LNG施設および関連TransCameronパイプラインの最終投資決定(FID)およびプロジェクトファイナンス完了を発表した。債務と株式で調達した資金はすべてCalcasieu Passの建設と運用に充てる。現地では2019年2月から本格建設中で、プロジェクトは2022年に営業運転開始日(COD)を迎える見通しだ。

Stonepeak Infrastructure Partnersがプロジェクトに13億ドルの株式投資をした。58億ドルの建設に融資したグループには、世界をリードするアジア、欧州、北米のプロジェクトファイナンス銀行が含まれる。最終的に資金を提供した融資行は、Banco Santander, S.A、バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ、Goldman Sachs Bank USA、Industrial & Commercial Bank of China Limited、ING Capital LLC、JPMorgan Chase Bank, N.A.、みずほ銀行、Morgan Stanley Senior Funding, Inc.、Natixis、Nomura Securities International, Inc.、カナダロイヤル銀行、三井住友銀行、ノヴァ・スコシア銀行である。

Venture Global LNGのマイク・サベルおよびボブ・ペンダー共同最高経営責任者(CEO)は合同で「われわれの目標はいつも、クリーンで低コストのLNGを世界に提供し、電力コストを引き下げることにあった。この資金調達の完了は、数年にわたる努力の集大成である。Venture Globalチーム、建設パートナー、当初からの顧客、融資行、アドバイザー、キャメロン郡、それとルイジアナの地元パートナーに、心から感謝したい」と述べた。

Calcasieu Passは米国連邦エネルギー規制委員会(FERC)の承認とエネルギー省からの非FTA向け輸出の承認を含め、必要なすべての承認を受けている。プロジェクトはシェル、BP、Edison S.p.A.、Galp、Repsol、PGNiGと20年間のLNG販売・購買契約(SPA)を結んだ。Venture Global LNGはルイジアナ州プラークミンズ郡で20 MTPAのPlaquemines LNGプロジェクトと20 MTPAのDelta LNGプロジェクトを開発中である。

この案件ではモルガン・スタンレーがVenture Globalのファイナンシャルアドバイザーを務めた。Venture Globalの法務顧問はLatham & Watkins LLP、融資行の法務顧問はSkadden, Arps, Slate, Meagher & Flom LLPだった。

▽Venture Global LNGについて

Venture Global LNGは、資源の豊富な北米の天然ガス埋蔵地から供給されるLNGの長期、低コストのプロバイダーである。10 MTPAのVenture Global Calcasieu Pass施設は、カルカシュー水路とメキシコ湾が交わる地点で建設している。Venture Global LNGはまた、ニューオーリンズから南のミシシッピ川沿いで、20 MTPAのVenture Global Plaquemines LNG施設と20 MTPAのVenture Global Delta LNG施設を開発中である。詳細はwww.venturegloballng.com を参照。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/825434/VENTURE_GLOBAL_LNG_INC___Logo.jpg

 

ソース: Venture Global LNG, Inc.