omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US zh_TW zh_CN id_ID ja ko_KR ms_MY th_TH vi_VN

CGSが「CineAsia PLF技術賞」を初受賞

2018-12-12 11:22

【北京2018年12月12日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするプレミアム・ラージ・フォーマット(PLF)ソリューションプロバイダーであるChina Film Digital Giant Screen(Beijing)Co., Ltd.(CGS)は11日、2018 CineAsiaの主催者であるAmerican Film Expo Groupから初の「CineAsia PLF技術賞」を受賞したと発表した。CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャーが12月10日、香港でFilm Expo Groupのアンドリュー・サンシャイン社長から栄誉を受けた。「CineAsiaプレミアム・ラージ・フォーマット(PLF)技術賞」は、前年、映画業界に極めて大きな貢献をしたことを顕彰するために制定されたもので、中国映画の技術的強みと影響力を国際的な舞台ではっきり示した。

授賞式の模様
授賞式の模様

CGSは2011年に正式に設立され、7年間で5世代を網羅し、2つの大きな技術的飛躍を完了した。2012年に最初のCGS映画館が営業を始めてから今日の330館以上の組織に至るまで、CGSはアジア太平洋地域の最もダイナミックかつ急速に成長するPLFブランドの1つであるだけでなく、メガサイズスクリーン、デュアルエンジンプロジェクション、没入型オブジェクトベースのサウンドシステム、カスタマイズされた客席設計、高度なリマスタリングプロセスなど世界をリードする技術を持つグローバルな映画産業であることを証明してきた。最新のCGSレーザーシステムは、使いやすく、サービスしやすい高輝度、高コントラストの画像を低い総保有コスト(TCO)で提供することにより、最高の投資利益率(ROI)ソリューションとして浮上している。

世界でのCGS導入は2018年11月時点で、香港、米国、東南アジアの145都市に広がっている。CGSはまた、その強力なブランド価値により映画館から好まれる選択肢となっている。2014年以来、CGS映画館は5500万人以上の映画ファンを楽しませ、その観客動員力を証明してきた。CGSは、ハリウッドの大手スタジオや中国のスタジオの高い評価のおかげで、266の中国語タイトルと274の他言語タイトルを含む540を超えるマスターを制作、その多くがその年の興行収入で首位を占めている。

2018 CineAsiaの初日に発表された「A Focus on China」で、中国の先進的な映画技術を代表して、CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャーがCGSの所有権と技術的DNAについて、さらに国際市場の鍵をいかにして開けたのかを説明した。

CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャー
CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャー

CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャーは「映画は芸術であり、監督なら誰でも、ハイエンド技術により視覚効果を向上させ、映像作品を完璧に見せたいと考える。プレミアム・ラージ・フォーマット(PLF)は、映画のリマスタリングと映写の点で、間違いなく最高のソリューションだ。プレミアム・ラージ・フォーマット(PLF)のグローバル市場はここ数年、2桁成長を維持しており、2017年のデータによると、アジア太平洋地域は、中国の強力なエンジンのおかげで、その他の地域と比べ最も急速に成長している」と指摘。「PLF技術賞の受賞は、中国のプレミアム・ラージ・フォーマット(PLF)ブランドの代表であるCGSにとって非常に重要なことで、自前の知的財産権(IPR)を持つ中国のハイエンド映画技術が、世界の舞台で認められたことを示すものだ。CGSと中国の映画産業を代表して、この受賞を光栄に思っており、CGSを顕彰、支持してくれた2018年CineAsiaの主催者に感謝したい。今後も、われわれはイノベーションによる世界の映画産業の発展促進のため、研究・開発への投資を継続していく!」と続けた。

CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャー
CGSのジミー・チェン・ゼネラルマネジャー

▽CGSについて

CGSは、優れた没入型視聴体験ソリューションの提供を約束する世界有数のPLF(プレミアム・ラージ・フォーマット)ブランドの1つである。2018年上半期の時点で、CGSは香港、米国、東南アジアの既存の展開に加え、全国145都市に320以上の映画館を所有していた。

同社が所有権を持つCGSシステムは、メガサイズのスクリーン、没入型多次元サウンドシステム、カスタマイズされた客席設計を通じ、観客に没入型の映画体験を提供する。さらに独自のリマスタリング技術が、CGSのスクリーンに配信されるコンテンツに驚異的なサウンドと画質を保証する。CGSの発展と成長力は、中国映画の見栄えの質を向上させるのに役立つだけでなく、中国の映画産業の発展にも力を与えるだろう。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181210/2322014-1-a
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181210/2322014-1-b
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181210/2322014-1-c

ソース:China Film Digital Giant Screen (Beijing) Co., Ltd.

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー