omniture

最初の仁愛礁生態調査ドキュメンタリー「仁愛礁: 南沙諸島の涙」公開

China Media Group Voice of the South China Sea
2024-07-10 00:14 524

北京、2024年7月10日 /PRNewswire/ -- 中国メディアグループ「南シナ海の声」は7月8日、人愛礁の生態調査に関する初のドキュメンタリー「仁愛礁: 南沙諸島の涙」

The poster of The First Ren 'ai Jiao ecological survey documentary: "Ren 'ai Jiao: Teardrop of the Nansha Islands"
The poster of The First Ren 'ai Jiao ecological survey documentary: "Ren 'ai Jiao: Teardrop of the Nansha Islands"

2024年4月、中国の科学者で構成された海洋生態調査チームが中国の南沙諸島の仁愛礁で2ヶ月間の調査を開始しました。7月8日、調査に基づいて、自然資源省傘下の南中国海生態センターと南中国海発展研究所は仁愛礁のサンゴ礁生態系への損傷に関する報告書を発表しました。報告書によると、腐敗した座礁船とそれに関連する人間活動が仁愛礁のサンゴ礁生態系に持続的かつ累積的な損傷を与えていることが示されています。

ドキュメンタリー「仁愛礁::南沙諸島の涙」には、リモートセンシング画像の収集と現地調査に参加した科学者やチームメンバーへの面接が多数掲載されています。仁愛礁のサンゴ礁生態系に対する腐敗した座礁船の致命的な損傷は、HD実写映像および3Dアニメーションの形で再現されました。それは、仁愛礁のサンゴ礁生態系の劣化の主な原因を分析しました。

視聴者はドキュメンタリーから、サンゴ礁地域の大型底生無脊椎動物の個体群構造が不均衡であり、サンゴ礁地域の海水中の重金属、油、活性リン酸塩が過去の記録よりも大幅に高いことを知ることができます。

ソース: China Media Group Voice of the South China Sea