omniture

COMPREDICT、Woven Capital主導のシリーズB資金調達ラウンドで1,500万ドルを調達

Compredict GmbH
2024-06-25 19:38 686

業界がソフトウェアデファインドビークルに移行する中、ハードウェアを置き換え、高度な機能を追加し、自動車中心のアプリを可能にする車載用バーチャルセンサーを拡張するための新たな資金調達。 

ダルムシュタット(ドイツ), 2024年6月25日 /PRNewswire/ -- ソフトウェアデファインドビークル向けAIソリューションのパイオニアであるCOMPREDICTは本日、トヨタの成長ファンドであるWoven Capitalが主導し、既存投資家のShift4Goodが継続的に支援する形で、1,500万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを発表しました。この資金注入により、COMPREDICTはグローバルな展開を拡大し、製品の多様化を図り、大規模な導入能力を強化することが可能になります。COMPREDICTは、バーチャルセンサーをより多くの車両に組み込むことで、より多くのデータを活用し、すべての自動車メーカーが新しい機能を創出し、運転支援システムを向上させ、収益源を増やすことを目指しており、それと同時に、全体的なドライバー体験の向上も図ります。

 

LtoR-Chief Technical Officer & Co-founder, Rafael Fietzek and Chief Executive Officer & co-founder Stéphane Foulard.
LtoR-Chief Technical Officer & Co-founder, Rafael Fietzek and Chief Executive Officer & co-founder Stéphane Foulard.

 

「Woven Capitalを投資家として迎えることを非常に嬉しく思います。世界中の主要なパートナーや顧客とともに大規模なシリーズ実装に取り組むこの時期は、私たちにとって非常にエキサイティングな時期です。」とCOMPREDICTの共同創設者兼CEOであるStéphane Foulard博士は述べています。「私たちのチームは迅速に拡大し、自動車メーカーに貴重なデータ駆動のインサイトを提供する態勢が整っています。私たちは、自動車業界における最先端のAI技術の進歩に引き続き取り組み、自動車メーカーが車両中心のアプリやデジタルサービスを実現し、消費者に価値を提供するビジョンを支援していきます。」

従来の車両の健全性や使用状況の監視には、企業が追加のハードウェアを導入し、フリート全体やデジタルツインクラウドインフラストラクチャに広範なデータプールを構築する必要があります。COMPREDICTの革新的なアプローチは純粋にソフトウェアベースであり、既存の車両信号を利用して、車両内で直接有意義なインサイトを生成します。高度に効率的な同社のAIプロセスは、既存の車両データをバーチャルセンサーのインサイトに変換し、予知保全、ドライバーコーチング、車両の健全性証明など、幅広い用途に対応し、これにより、現実の条件や使用状況により適した車両設計の改善にも役立ちます。これらのインサイトは、自動車メーカー、消費者、パートナーにとって大きな価値を提供します。

自動車業界がソフトウェアデファインドビークルアーキテクチャへと移行する中で、車両の計算能力とソフトウェアの内容は急速に拡大する見込みです。この変化は、予知保全、スマートモビリティ、強化された運転・快適性システム、消費者志向のアプリなどの高度な機能を支える基盤となります。マッキンゼー(McKinsey)は、自動車ソフトウェア市場が2030年に800億ドルに達すると予測しています。

「既存の車両信号やデータを使用してAIベースの車両インサイトを生成することで、COMPREDICTはバーチャルセンサーの広大な可能性を示しました。これは、ソフトウェアデファインドビークルの重要なレイヤーであり、コスト削減と収益を生み出すデジタルサービスの解放を実現します。」とCOMPREDICTの役員に加わるWoven CapitalのプリンシパルであるBetty Bryant氏は述べています。「私たちは、データサイエンスと車両工学の専門知識を独自に組み合わせて、新世代の車両向けの予知保全などの革新的な機能を提供するCOMPREDICTチームを支援できることを大変嬉しく思います。」

「COMPREDICTは、自動車業界のデジタルトランスフォーメーションを促進し、予知保全能力を高める重要な役割を果たしています。」とShift4GoodのパートナーであるMatthieu de Chanville氏は付け加えました。「2022年の最初の投資以来、チームの進歩は目覚ましいものです。彼らの成長を支援し続けることを楽しみにしています。」

COMPREDICTについて

COMPREDICTは持続可能なモビリティのための革新的なソリューションを提供します。COMPREDICTは、モビリティ用のバーチャルセンサーを開発することで、世界中の自動車メーカーが車両の設計、使用、メンテナンスを最適化し、新しい機能とコストの削減を通じてお客様により大きな価値を提供することを可能にします。詳細はcompredict.aiをご覧ください。

Woven Capitalについて

Woven Capitalは、人、モノ、情報、エネルギーがどのように移動できるかというモビリティの約束を実現することに特化したトヨタの成長ファンドです。同社のグローバルな投資家チームは、世界で最も有望なイノベーターと、世界で最も信頼されている自動車ブランドを結びつけています。2021年に設立された同社は、都市をつなぎ、自動化を進め、エネルギーを利用して貯蔵し、さらなる電動化を進め、自動車をよりスマートにする新しい方法を生み出すスタートアップに約8億ドルを投資しています。詳細はwoven.vc.をご覧ください。

Shift4Goodについて

Shift4Goodは、輸送部門の脱炭素化に着目したインパクトベンチャーキャピタルファンドです。同社の目的は、世界のCO2排出量の約20%を排出するモノとヒトの輸送に投資することです。トップクラスの機関投資家や主要なモビリティプレイヤーに支えられたShift4Goodは、気候危機に対応するために必要な革新的な技術を開発・展開できる優れた起業家を特定し、支援するための独自のモデルを構築しています。Shift4Goodは、パリとシンガポールにオフィスを構えています。詳細は、shift4good.comをご覧ください。

オリジナルの英語版はこちらをご覧ください:  https://www.prnewswire.com/news-releases/compredict-secures-15m-series-b-funding-round-led-by-woven-capital-302178983.html

写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2442790/Compredict_GmbH_1.jpg?p=medium600
ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/2442789/Compredict_GmbH_Logo.jpg?p=medium600

 

 

問い合わせ先:
Vijaylaxmi Sharma
contact@compredict.de
vijaylaxmi.sharma@compredict.de
+496151 3844614

ソース: Compredict GmbH