omniture

Orbrayとエレメントシックスが世界最高品質の大口径 単結晶 人工ダイヤモンド事業で提携

Element Six
2024-06-11 08:00 2308

GRESHAM, Ore. and TOKYO , 2024年6月11日 /PRNewswire/ -- 先端材料の世界的リーダーであるエレメントシックスとOrbray(オーブレー)は本日、世界最高品質の   大口径単結晶人工ダイヤモンドの量産に向けた戦略的提携を発表しました。

 

 

 

電気通信、防衛、人工知能(AI)など明日の最先端産業装置に使用される半導体には、従来の素材では達成できない高い電力とエネルギー効率が求められます。これらの技術の可能性を最大限に引き出すには、斬新な材料ソリューションが必要です。

高絶縁破壊電界や高熱伝導性など、その卓越した特性により人工ダイヤモンドは究極のソリューションであり、今後100年の技術の基礎となる半導体材料として期待されています。しかし、このような革新的なビジネスチャンスは、信頼できる大口径の単結晶ダイヤモンドの安定的な供給なくして実現できません。

エレメントシックスは、最大で直径150mmの大面積で均一な多結晶ダイヤモンドの成長を可能にする化学気相成長(CVD)プラットフォームを構築・開発した最初の企業です。その後、エレクトロニクスグレードの単結晶ダイヤモンドのパイオニアとして幅広い用途の製品の開発・製造を加速させ、ヒッグス粒子の同定や製薬業界における計測用光学技術などで重要なマイルストーンを実現しました。最近では、オレゴン州グレシャムに世界トップクラスのCVD施設を開設し、高品質の単結晶ダイヤモンド製品の持続可能な大規模生産を可能にしました。

一方、Orbrayは、コスト効率の高いサファイア基板上に単結晶ダイヤモンドを成長させる独自のヘテロエピタキシャルプロセスの研究開発を推進、世界で初めて直径55mmの大口径単結晶ダイヤモンドの量産技術を確立しました。その結晶性の向上と高純度化は日々進歩し続けています。

この先駆的な技術を持つ2社の提携により、単結晶 CVDダイヤモンドの大口径化に対するOrbrayの革新的なアプローチと、エレメントシックスが実績を持つ大面積成膜システムおよび高純度単結晶ダイヤモンドの製造に関する比類のない専門技術を組み合わせることで、6Gワイヤレスコンポーネント、高度なパワーエレクトロニクスおよびRFエレクトロニクス、センシング、熱マネージメント、量子デバイスなどの重要分野向けに、高品質な大口径単結晶ダイヤモンドの信頼性の高い供給を実現します。

エレメントシックスの高品質 単結晶 CVDダイヤモンドに関する特許技術と専門知識は、すでに原子粒子検出で活用され、無線周波数(RF)トランジスター、量子センシング、量子セキュア通信などの新規用途の研究が行われています。一方、Orbrayはダイヤモンド基板の大口径化研究と同時にヘテロエピタキシャル人工ダイヤモンドの各種デバイス用途での実用化研究を進めています。エレメントシックスの技術とヘテロエピタキシャル人工ダイヤモンド製造におけるOrbrayの卓越した技術と大口径化に向けたアプローチを組み合わせることで、現在10mm未満でしか製造できない高い品質レベルの大口径単結晶ダイヤモンド基板の提供を目指します。

Orbray 代表取締役社長 並木里也子 コメント

エレメントシックスとOrbrayの戦略的提携は、単結晶ダイヤモンドを使った製品の新時代を切り開く次のマイルストーンにつながることが期待され、これまでにない競争優位性を実現し、一段と高性能な製品群を、ますます拡大する世界中の顧客に提供することができます。

エレメントシックス CEO Ms.Siobhán Duffy コメント
エレメントシックスとOrbray  には、多くの共通点があります。それは、80 年以上にわたる卓越した技術と信頼の伝統、そしてイノベーションへの意欲とテクノロジーの限界を押し広げ、社会に利益をもたらす、より良いソリューションを実現したいという願望です。 

この戦略的提携により、当社は世界初、最高品質のウエハースケールの巨大な単結晶合成ダイヤモンドの開発に向けて、それぞれのコアコンピテンシーを組み合わせることができます。

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/2433442/Element_Six_Logo.jpg?p=medium600
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/2433444/4750888/Orbray_Logo.jpg?p=medium600

ソース:
Element Six
Orbray