omniture

Tāwhaki National Aerospace Centreが航空宇宙分野にミッションクリティカルな後押し

Tāwhaki
2024-02-09 17:45 828

【クライストチャーチ(ニュージーランド)2024年2月9日PR Newswire=共同通信JBN】アオテアロア(ニュージーランド)は9日、Tāwhaki National Aerospace Centreとカイトレトの新たにシールドされた滑走路の開設により、世界の航空宇宙産業における地位を強化しました。

 
Tāwhaki National Aerospace Centre and its new sealed runway are officially open in Kaitorete, Aotearoa New Zealand. The new infrastructure coupled with technical support will super charge Aotearoa’s fast-growing aerospace sector and help meet international demand.

技術サポートと組み合わせた新しいインフラは、急成長するアオテアロアの航空宇宙部門を大幅に強化し、国際的な需要に応える一助となるでしょう。

クライストチャーチ中心街から車で50分ほどの場所にあるカイトレトでは、国内外の企業がすでに最先端技術のテストと試験を行っており、現在ではより多くの飛行機や企業が飛び立つことが可能です。

米国のWisk Aeroは最近、カイトレトから世界初となる無人航空機の空域統合試験飛行を実施し、Dawn AerospaceKea Aerospaceは今後、この場所から水平宇宙発射と成層圏飛行を実施できるようになります。 

新しい1キロメートルの滑走路と計画中の格納庫施設は、Kānoaが管理するニュージーランド政府の地域戦略パートナーシップ基金から540万ドルの助成金によって資金提供されました。これには、シールドされた誘導路と燃料パッド、芝生の滑走路、バーティポート、オフィス施設、データ接続が含まれます。 

Tāwhakiの取締役であるDavid Perenara-O'Connell氏は、カイトレトのmana whenua(先住民)は、国の航空宇宙部門をサポートする最前線にいることを誇りに思っており、Tāwhaki Joint Ventureにおけるニュージーランド政府とのパートナーシップを認めたと述べました。

「このセクターとサプライチェーンを十分に活用し、すべてのニュージーランド国民に経済的利益をもたらすためには、協力的なアプローチが必要です。私たちは、イノベーションと探査のための世界をリードするハブというビジョンを共有する政府、地方自治体、規制当局、航空宇宙パートナー、研究および科学コミュニティー、サプライヤーのサポートに感謝します」

「私たちは、このミッションが本当にユニークなものだと信じています。mātauranga Māori(先住民の知識)と、航空宇宙や環境再生における最先端の技術革新が織り成す方法は、持続可能な土地利用における新時代を示します」

アオテアロアは、先進的で迅速な規制環境、人口の少なさ、航空・海上交通量の少なさなどを背景に、宇宙打ち上げや航空宇宙試験・試運転が盛んな国のひとつです。

カイトレトは、Te Waihora(エルズミア湖)と太平洋に挟まれた、長さ25kmの広大な未開拓の平坦な土地で、澄んだ空と幅広い軌道へのアクセスを提供します。世界クラスの大学、国際的な航空・海港、そしてオタウタヒ・クライストチャーチ近郊の高度な製造能力に近接していることは、世界的にもユニークです。

TāwhakiのLinda Falwasser最高経営責任者(CEO)は、ジョイントベンチャーは段階的な開発アプローチをとっており、将来的には垂直宇宙打ち上げをサポートする可能性があると述べました。

「私たちは航空宇宙と宇宙の打ち上げに世界最高の場所の1つを持っており、この特別なwhenus(土地)の活性化と並行して重要インフラを優先しています。これには、太陽光発電とグリーン水素の現場での製造と貯蔵の検討が含まれます」

「私たちは、人々と地球を保護し保全する価値観を堅持しながら、技術的な成果をもたらすサイトに対する世界的な強い要望を受けてきました」

Dawn Aerospaceの共同設立者であるJames Powell氏は、「この重要なインフラにアクセスできることは、この業界全体にとって非常に有益です。私たちのロケットエンジン搭載機、Mk-II Auroraの開発に変革をもたらすでしょう」と語りました。

Kea AerospaceのMark Rocket最高経営責任者(CEO)は、「Tāwhakiは地域と国にとってエキサイティングな未来を可能にします」と述べました。

「カイトレトは、航空宇宙研究開発にとって理想的な場所に位置しており、Kea Aerospaceに、太陽電池を動力源とする成層圏航空機の飛行試験と運航のためのユニークな機会を提供します」

The new sealed, 1km-long, 30m-wide runway at Tāwhaki National Aerospace Centre.
The new sealed, 1km-long, 30m-wide runway at Tāwhaki National Aerospace Centre.

ソース: Tāwhaki