omniture

AB Tastyがデジタルユーザーの感情ニーズを検出する市場初のソリューション、EmotionsAIを発表

AB Tasty
2023-09-13 21:00 700

デジタル・パーソナライゼーションと実験の未来

パリ, 2023年9月13日 【PR Newswire=共同通信JBN】AB Tastyは13日、EmotionsAIの発売を発表しました。この新テクノロジーにより、顧客は感情的なニーズに基づいたAIベースのオーディエンス・セグメンテーションを利用できるようになりました。EmotionsAIは、ブランドが感情的なレベルで顧客のパーソナライゼーションを行うのに役立つユニークな製品です。

Rémi Aubert and Benoit Allibe at AB Tasty's Paris office
Rémi Aubert and Benoit Allibe at AB Tasty's Paris office

 

これは、顧客がより良いデジタル体験を構築するのを支援するためにAIを活用するAB Tastyのファーストステップです。EmotionsAIにより、顧客はより良い成立率を達成し、顧客体験をパーソナライズする改善された方法を開発できるようになります。EmotionsAIを効果的に活用できる組織の収益は促進されることが証明されています。EmotionsAIは、最も関連性の高い基準である「感情的ニーズ」を使い、ビジターの顧客体験をパーソナライズするブランドの能力に革命をもたらします。

AT TastyのAlix de Sagazan共同最高経営責任者(Co-CEO)兼共同創立者は、「現在の経済状況において、顧客のニーズを理解することは商業的成功を達成する上で極めて重要です。彼らは体験とパーソナライゼーションに高い価値を置いており、顧客の感情的なニーズに応えることは、顧客体験に対する顧客の高い期待に応え、それを上回る最良の方法です」と述べています。

このテクノロジーは、AB TastyがDotakiを買収したことで生まれました。Dotakiは、8年をかけて研究と心理的モデリング、カスタマージャーニーのマッピング、デバイスの利用状況、リアルタイムのウェブサイト・インタラクションと組み合わせたAIテクノロジーを実施してきました。今ではAB Tastyプラットフォーム内で利用可能な機能になり、A/Bテストの成立率に与える影響は驚くべきものです。EmotionsAIを使用することで、EmotionsAIを使用しない場合に比べ、3倍のA/Bテストにおいて収益への顕著な影響を検出することが可能です。

AB TastyのRemi Aubert Co-CEO兼共同創立者は、「意思決定の80%は感情によって決まります。これを念頭に置いて、EmotionsAIはデジタル体験の限界を真に押し広げます。感情的なニーズに基づいたデータ駆動の意思決定を可能にすることで、ブランドはかつてないほどオーディエンスとのつながりを創出できるようになります。それは顧客をデジタル体験の中心に置き、ブランドがこれらの分析を使ってさまざまな感情タイプに何が効果的かを深く掘り下げることで、明確なROIを得られることを意味します」と共有しています。

AB TastyはEmotionsAIのパートナーだったことから、クライアントは収益に及ぼす大きな影響をすでに経験してきました。子供とライフスタイル製品の大手eコマースサイトであるジャカディ(Jacadi)のMaxime Lambertin UXプロジェクトマネジャーは、「EmotionsAIのおかげで、ビジターの感情的なニーズを検出し、パーソナライゼーションのロードマップを強化できるようになりました。さらに、EmotionsAIの使用をAB Tastyと組み合わせることで、実験キャンペーンのビジネスインパクトを高めることができました。ビジネスインパクトのテストの成功率は30%から90%になり、少なくとも1つのEmotionsAIセグメントに大きな影響を与えることができました。EmotionsAIは現在、当社のグローバル収益の10%に貢献しています」と述べています。

今回の発表は、AB Tastyが過去最高の事業年度業績を達成した後に行われました。エア・ヨーロッパ(Air Europa)、Chico's FAS、Louboutin、トムソン・ロイターなどの新たな企業と調印したAB Tastyは国際的に200%の成長を遂げ、2023年事業年度を過去最高の業績で終えました。完全なデジタル顧客体験プラットフォーム、サーバー側の機能管理ツール、インテリジェントなサイト検索、製品レコメンデーション、AIベースの感情セグメンテーションを誇るAB Tastyは、体験最適化のリーダーとしての地位を確立し続けています。

より詳しくは(https://www.abtasty.com/emotions-ai/)をご覧ください。

AB Tastyについて 

AB TastyはAIを活用した体験最適化ソリューションのグローバルリーダーであり、パーソナライゼーション、実験、レコメンデーション、検索を使い、ウェブサイトやアプリでより良い体験を構築するブランドを支援しています。単一のプラットフォームに統合されたAB Tastyは、顧客にシームレスな体験を創出する、統一されたアプローチを企業に提供するウェブおよびAPIベースのソリューションを提供しています。ブランドは、AB Tasty のプラットフォームを使用し、デジタル体験を最適化およびイノベーションすることで、収益目標に向けてデジタル、eコマース、製品チームを調整します。2013年に設立されたAB Tastyの顧客には、ケリング、マクドナルド、アルタ・ビューティー、ロレアル、ディズニーランド・パリ、LVMHなど、世界をリードするブランドが名を連ねています。AB Tastyは北米、ヨーロッパ、アジア太平洋の世界各国に12のオフィスを構えています。より詳しくは、( www.abtasty.com)をご覧ください。 

▽問い合わせ先
Elizabeth Robertson
elizabeth.robertson@abtasty.com

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/2209570/AB_Tasty_Paris_Office.jpg?p=medium600
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/2072788/AB_Tasty_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース:AB Tasty

 

ソース: AB Tasty