omniture

代々受け継がれる中米友好のクリヤン村の物語

People's Daily
2023-07-12 16:10 755

北京、2023712 /PRNewswire/ -- 人民日報の報道:1880年代から、中国南東部の福建省福州市には外国人駐在員が大勢移り住んできました。 その多くは、福州郊外にある夏休みの人気場所、クリヤン村、北京語ではグーリンと呼ばれる場所で夏を過していました。

An aerial view of Kuliang. (Photo by Lin Shuangwei)
An aerial view of Kuliang. (Photo by Lin Shuangwei)

そこで彼らは別荘、病院、テニスコート、プール、郵便局など多くの施設を建設し、地元住民と深い絆を築き上げました。

先日、クリヤン村「クリヤンとの絆:2023年中米人民友好フォーラム」に出席したアメリカからの多くの旧友を歓迎しました。 その中には、幼少期を両親とともに倶利昂で過ごした人もいれば、家族を通じて中国の小さな町と親しい関係を誇る人もいます。 クリヤン村は彼らと中国を結ぶ絆のようなものです。

中国の習近平国家主席は、同フォーラムに祝電を寄越しました。 手紙の中で、「私は、『クリヤン・フレンズ』の皆さんから話を聞くことができ、また、皆さんとクリヤン村とのつながりについて、より多くの感動的なエピソードを手紙から知ることができ、本当に嬉しく思っています」と習主席は述べています。

1901年、アメリカ国籍のMilton Gardner氏は、幼児期に両親とともに福州市を訪れ、1911年に家族がアメリカに戻るまで滞在しました。 彼は幼い頃住んでいた故郷を再訪することを切望していましたが、その願いは叶うことなくこの世を去りました。

1992年、当時中国共産党福州市委員会書記だった習近平は、「Ah! Kuliang」という記事でこの感動的な物語を知りました。 そして、Gardner氏の未亡人、Elizabeth Gardner氏を中国に招き、夫の遺志を継いでもらうことにしました。

それ以来、クリヤン物語は多くの人に知られるようになりました。

Lee Gardner holds a photo album that records his family's bond with Kuliang. (Photo by Wang Yinxin/People's Daily)
Lee Gardner holds a photo album that records his family's bond with Kuliang. (Photo by Wang Yinxin/People's Daily)

Milton Gardner氏の甥であるLee Gardner氏は、人民日報の取材に対し、家族全員が習近平氏に対し、先輩アメリカ人の夢を実現させてくれたことに感謝していると述べ、クリヤンの物語はアメリカの多くの人々に感動を与えたと付け加えました。

これまでに4回訪れた同氏によると、祖父も父も瓜梁生まれで、クリヤン村は彼らの故郷であり、同時に彼にとって第二の故郷でもあるとのことです。 言語は違っても、愛の言葉は世界共通だと彼は語りました。

同氏は人民日報の取材に対し、ガードナー家とクリヤン村の深い絆を記録した家族保管の写真アルバムを披露しました。 このアルバムは彼の家族にとって最も貴重な宝物であり、今回彼がクリヤン村を訪れる際には、中国の人々にプレゼントするつもりだということです。

かつて子供の頃、クリヤンに住んでいたGail Harris氏は、今回のフォーラムで再びクリヤンの地に足を踏み入れ、福州の方言で「ただいま」と言いました。

彼女の祖父であるHarry Russell Caldwell氏は福建省の生態環境の専門家であり、クリヤンの鳥の個体数を研究したSouth China Birdsという本を編纂しました。 これは、中国の鳥類を記録した最も古い近代科学的著作のひとつです。

Harris氏は、Caldwell氏が中国と中国人を愛し、今では彼の孫たちもこの国を愛していると述べ、さらに、自分が中国で過ごした時間をとても懐かしく、愛していると付け加えました。

今回、彼女は幼なじみのLi Yiying氏と再会できました。 彼らは席について、福州の方言で一語一語ゆっくりと言葉を交わしました。 二人の友人は、互いに手を合わせて挨拶しました。

そして、Harris氏は、クリヤンでの絆が世代から世代へと受け継がれ、愛と友情が永遠に生き続けることを願っていると語りました。

今回のフォーラムには、八十代のPriscilla Brewster Gill氏が孫娘のKaty Barber氏を伴って出席し、彼女が幼い頃から覚えていた古い通りや路地を思い出しながら話しました。 中国は彼女の心の故郷である、とGill氏は述べました。

Gill氏は福州市の古田県で生まれました。 彼女の父、Harold Brewster氏はかつてクリヤン村で医院を経営し、現在の福州医科大学連合病院の最後の外国人院長でした。

Gill氏は12年間中国に住み、よく父親の手伝いをして患者の世話をしていました。 彼女は子供の頃、転んで怪我をすると、地元の村人たちが傷の手当てをしてくれたことを思い出しました。 彼女と地元の人々は家族のようなものだったとのことです。

Elyn MacInnis and her daughter use a bucket to draw water from a century-old well in Kuliang. (Photo by Weng Rongfei)
Elyn MacInnis and her daughter use a bucket to draw water from a century-old well in Kuliang. (Photo by Weng Rongfei)

Elyn MacInnis氏(72歳)は、クリヤン観光文化研究会の上級顧問を務めています。 夫のPeter MacInnis氏は福州市生まれで、そして義父のDonald MacInnis氏はかつて中国に渡り、日本の侵略と戦うために中国の人々と肩を並べたアメリカ人義勇軍パイロット集団「Flying Tigers(フライングタイガース)」の一員でした。

長年にわたり、彼女はクリヤンの物語を広めることに尽力してきました。

2016年、彼女はクリヤン村とその歴史に関する英語のウェブサイトを立ち上げ、そしてアメリカで「Kuliang Friends(クリヤン・フレンズ)」というグループを設立しました。 現在、同グループの会員は50人を超え、中国と米国の非政府友好交流を推進する重要な存在へと成長しました。

人々の間の友好は、健全な国家間関係の鍵を握っています。 クリヤンの物語は、中米間の人民友好の好例です。

両国は現在、関係における困難や課題に直面しているが、人民交流を強化することが切実に求められています。

また、Elyn MacInnis氏は人民日報の取材に対し、自分たちの上の世代が過去にクリヤン村に住み、地元の人々と仲良く暮らしていたことを明かし、この歴史の一片は、人類の良い資質である理解、尊敬、平和、友情、愛をよく表していると述べました。

さらに、彼女はクリヤンの物語は中国とアメリカのものであるだけでなく、人類全体のものでもあると指摘しました。 彼女は、いつか世界中の子供たちがクリヤンに集まり、クリヤンの物語を受け継いでくれることを願っています。

ソース: People's Daily