omniture

タタ・コミュニケーションズが、3Cサステナビリティ戦略を発表し、2035年までにネットゼロにすることを約束

Tata Communications
2023-04-22 19:33 762

インド(ムンバイ)、 2023年4月22日 /PRNewswire/ -- グローバルなデジタルエコシステムのイネーブラーであるタタ・コミュニケーションズは、本日、グローバル事業全体で、2035年までにネットゼロにするという約束を発表しました。タタ・コミュニケーションズは、今年のアースデイ2023に、地球のためのより強力な持続可能性の約束を加速して、より強力な約束をするために、「地球に投資する」ことを目標として掲げています。

この一環として、同社は、環境保護のための3Cの概要を説明するとともに、以下を通じて企業を支援しています。

·  気候変動対策 – エネルギー効率を高め、再生可能エネルギー対策のグローバル展開。これにより、2030年度までにカーボンニュートラル*、そして2035年度までにネットゼロ**を目指します。

·  顧客のGHG(温室効果ガス排出量)の節約 – IoTソリューション、メディア&エンターテインメントサービス、クラウド、ビジネスコラボレーションプラットフォームを介してグリーンまたは低炭素ソリューションを開発および提供することで、顧客のサプライチェーンが、環境に優しく、競争力を高めるのを支援します。したがって、同社の顧客のGHG排出削減ポテンシャルは、2027年度までには20倍になります(タタ・コミュニケーションズのスコープ1およびスコープ2排出量を基準とした数値*)。

·  インドの循環経済 – スマートメーターを含む独自のIoTソリューションを展開し、主要施設でのリアルタイムの水使用量と漏れを追跡し、雨水貯留を実装し、インドの主要キャンパス全体で、水と廃棄物のリサイクルを増やします。これにより、2030年度までに、淡水使用量を20%削減(2020年度比)することを目標としています。さらに、同社は、2027年までにインドで埋め立てられる廃棄物をゼロにすることを約束しています。また、廃棄物は再利用、リサイクル、または堆肥化されます。

「持続可能性は、同社のビジネス戦略の中核であり、当社はエコシステムの、より持続可能な未来を創造することに取り組んでいます」とA.S.は述べています。ラクシュミナラヤナン、タタ・コミュニケーションズMD&CEO。「当社のネットゼロという目標は、包括的で持続可能なソリューションを通じて、革新、統合、強化するという、同社の責任を反映しています。当社の信念

テクノロジーは、世界の成長を実現する鍵であり、同時に、社会の進化と気候変動対策を促進するものとなります。」

タタ・コミュニケーションズは、信頼をリードし、デジタル機能を活用することで、持続可能なソリューション、スケーラブルな影響、安全なエコシステムの創出を支援することを使命としています。その持続可能性戦略は、すべての人に共通の価値を創造することを目的として、国連の持続可能な開発目標、およびタタ・グループのサステナビリティ戦略とに触発されています。 

タタ・コミュニケーションズの環境ロードマップおよび同社の環境サステナブル・ガバナンス(ESG)の成果の詳細については、こちらをご覧ください。

* カーボンニュートラルとは、スコープ1、スコープ2の排出量を指します。スコープ1排出量とは、所有または管理された発生源からの直接排出量を意味します。例として、ディーゼル発電機セットからの排出量が含まれます。スコープ2排出量とは、購入した電力、つまりグリッド電力の生成による間接的な排出量を意味します。

** ネットゼロは、スコープ1、スコープ2、スコープ3に関するものです。スコープ1とスコープ2は、上記のとおりです。スコープ3には、企業のバリューチェーンで発生する、他のすべての間接排出が含まれます。例として、サプライチェーンや出張などで発生するGHG排出量などが含まれます。

タタ・コミュニケーションズについて

タタ・グループ(Tata Group)に属する タタ・コミュニケーションズ(Tata Communications) (NSE: TATACOMM; BSE: 500483) は、190以上の国や地域で、今日の急成長するデジタル経済を支えるグローバルデジタルエコシステムを実現しています。信頼に基づき、コラボレーションとコネクテッドソリューション、コアと次世代コネクティビティ、クラウドホスティングとセキュリティソリューション、メディアサービスによって、世界中の企業のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。フォーチュン500にランクインする企業のうち、300社が同社の顧客であり、世界のクラウド大手の80%とビジネスを結びつけています。詳細については、www.tatacommunications.comをご覧ください。

将来の見通しに関する記述および注意事項

本リリースに記載されているタタ・コミュニケーションズとその見通しに関する特定の言葉や記述、およびタタ・コミュニケーションズの予想される財務状況、事業戦略、事業の将来的発展、インドの一般経済に関するものを含むその他の記述は、将来の見通しに関する記述です。こうした記述は、財務、規制、環境、業界の成長・動向に関するものなど、既知および未知のリスク、不確実性、その他の要因を含んでおり、タタ・コミュニケーションズの実際の結果、業績または成果、あるいは業界の業績は、こうした将来の見通しに関する記述によって明示または暗示されたものとは大きく異なる可能性があります。実際の結果、業績、成果は、このような将来見通しに関する記述と大きく異なる可能性がありますが、その重要な要因には以下のものが含まれます。タタ・コミュニケーションズのネットワークにおけるトラフィック量の増加の予測の誤り、顧客の要求を満たし許容できるマージンを生み出す新製品およびサービスの開発の失敗、音声伝送サービスを含む新製品およびサービスをサポートする新技術および情報システムの商業試験を正常に完了できないこと、同社の通信サービスの一部において価格の圧縮を安定化または回避できないこと、戦略的買収の統合の失敗、インド政府の政策または規制の変更、特にタタ・コミュニケーションズの業界に関する変更、インドの経済・ビジネス・信用状況の一般的な状況など。実際の結果、業績、成果がこのような将来の見通しに関する記述と大きく異なる原因となり得る追加的要因(その多くはタタ・コミュニケーションズの管理下にはありません)には、タタ・コミュニケーションズの年次報告書に記載されているリスク要因が含まれますが、これらに限定されるものではありません。 

タタ・コミュニケーションズの年次報告書はwww.tatacommunications.comでご覧いただけます。タタ・コミュニケーションズは、将来予測に関する記述を更新または変更する義務を負わず、またその義務を明示的に否認します。

© 2023 Tata Communications Ltd. All rights reserved.

TATA COMMUNICATIONSおよびTATAはインドおよび特定の国におけるタタ・サンズ・プライベート・リミテッド(Tata Sons Private Limited)の商標または登録商標です。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

ソース: Tata Communications