omniture

Global Summit閉幕にあたりインファンティーノ、ベッカム両氏がAspire Academyを称賛

Aspire Academy
2022-10-06 17:00 658

*カタールのワールドカップレガシーに欠かせない

ドーハ(カタール), 2022年10月6日 /PRNewswire/ -- 国際サッカー連盟(FIFA)とコラボしたAspire Academy Global Summit 2022(AAGS)の初日はガラディナーで終了した。その場で、FIFAのジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長が各代表を前に講演、第8回AAGSの仕事を称賛した。

Infantino and Beckham Hail Aspire Academy as Integral to Qatar’s World Cup Legacy as Global Summit 2022 Ends
Infantino and Beckham Hail Aspire Academy as Integral to Qatar’s World Cup Legacy as Global Summit 2022 Ends

その宵は「Star Chat」があり、元イングランド代表主将のデービッド・ベッカム(David Beckham)氏が2022年ワールドカップ主催国カタールのレガシーに対するAspire Academyの影響について話した。彼の考えは、Aspire Academyにおける刺激的トークの日の終わりにやってきた。

ワールドカップの出場権を得た32カ国の代表、Aspire in the World Fellowsのメンバーが青少年育成からデータ利用までのテーマで討議した。

インファンティーノ氏は歓迎あいさつで「皆さんがしている仕事はわれわれ、ゲームファンが若いプレーヤーのスキルを見たときまさに、この信じがたい感情を呼び起こした」と語った。

「われわれは、皆さんが訓練したプレーヤーとパフォーマンスの全てを見る機会があった。全員がピッチで見て感心したものだ。われわれの感情、ハートに触れた」

「彼らは泣き、たたえ、われわれ全員が美しいスポーツと恋に落ちた」

Star Chatでベッカム氏は2022年ワールドカップを主催するカタールのレガシー、団結力としてのサッカーのパワーについて話した。

「Aspireを見るだけでいい。それがレガシーだ」と述べた。

「次世代を刺激すること、このゲームでプレーすることを望んでいる。それはプロになることだけではない。ウェルネス、ヘルス、カタールだけでなく地域の未来に投資することである。次世代のサッカー選手やスポーツスター、あるいは健康でスポーツを楽しみたいだけの人々だ」

ベッカム氏やほかの人が指摘したいくつかの点は、AAGSの2日目にも引き継がれた。

2日目のStar Chatの1人目は、女子ワールドカップで米国を2度にわたって優勝に導いたジル・エリス(Jill Ellis)監督だった。現在は米サンディエゴ・ウェーブクラブの社長を務めている。自分にとって最も重要なことの1つは、毎日よりよくなろうとすること、失敗がプロセスの助けになることと説明した。

彼女は「失敗はフィードバックを与え、機会を提供する」と話した。

彼女は、米国は2015年に女子ワールドカップで優勝したあと、2016年五輪で感動を与えられなかったと指摘した。しかし、その失敗にもかかわらず、3年後に世界タイトルを保持した。改善が必要な分野を特定したうえで、これらの問題を直ちにではなく、2019年に向けて解決に役立つとみられるプレーヤーを探したという。エリス氏は、チームの勝利達成を支援するスポーツ科学者と心理学者の役割も強調した。

この日のStar Chatの2人目は1998年ワールドカップを制したフランス代表のユーリ・ジョルカエフ(Youri Djorkaeff)氏で、面白いカタール・ワールドカップを予想した。

彼は「シーズン半ばに来ると、違うものになる」と説明した。「トーナメントサッカーをプレーすることはクラブサッカーとは別のストーリーだ」

彼は若いプレーヤーに夢を追うよう勧め、12歳のときにワールドカップで勝ちたいと書いた学校の作文を思い起こした。1998年にその夢を実現した翌日、先生がまさにその作文を送り返し、彼を信じていたと伝えたという。

2日間のイベントは、3部門の技術ワークショップ - 「making an impact with data(データで影響を与える)」「preparing players and team for the competition(大会に向けて選手とチームの準備を整える)」「optimizing the recovery strategies(回復戦略の最適化)」―の成果を各代表が共有して終わった。

各代表は最終セッションで、3部門の討議によるさまざまな勧告を共有した。

*データは意思決定の支援ツールにすぎず、それだけに依存できない

*大会に向けてチームの準備をするにあたって、常にプレーヤーのベストのために努める。1つのソリューションが誰にも効くわけではない

*個別、適用可能な戦略が回復のカギを握る

▽問い合わせ先

Rawan Yousif
+974 33475991
rawan.yousif@qanect.com

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1914305/Aspire_Academy.jpg?p=medium600 

 

ソース: Aspire Academy