omniture

IZUMA NETWORKSがPELIONのDEVICE MANAGEMENT事業を買収

Izuma Networks
2022-10-05 22:10 614

*Kubernetes EdgeおよびIoTサービス企業もソフトバンクグループによる投資を完了し、Izuma Cloudエッジサービスの開発を加速

【オースティン(米テキサス州)2022年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】新しいエッジコンピューティングサービスのプロバイダーであるIzuma Networks(Izuma Networks )は4日、IoTサービスプラットフォームの大手PelionのDevice Management事業の買収を完了したと発表した。Izuma Networksは、IoT業界で長い経験を持つTravis McCollum氏とEd Hemphill氏によって今年初めに設立され、急速に拡大するエッジコンピューティングサービスの市場に注力していく。McCollumとHemphillの両氏はかつて、オースティンを拠点とするスタートアップで2019年にArmに買収されたWigWagを設立した。

Izuma Networksは、ソフトバンクグループによる投資を完了しており、資金は開発とdev-opsに重点を置き、新しい人材を獲得し、Pelion Device Managementの下にあったIoTサービスを向上させるために投入される予定だ。また、資金は、1つの傘下でのエッジ・IoTサービスの合理化および統合にも充てられる。

IzumaのEd Hemphill共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は「当社はPelion Device Management の買収により、当社のクラウドとライセンス提供を変えることで、長期的に信頼性の高い技術を顧客に提供できるようになる。よりリッチなエッジコンピュートとマイクロコントローラープラットフォーム上で動作するAIモデルなどのより複雑なアプリケーションの出現と、よりデータを必要とするセンサーと画像コンポーネントで5Gが伝送できるだけのデータ量により、IoTアプリケーションをエッジに移行することが基本となる。ソフトバンクからの資金調達により、当社はエッジとIoTサービスの合理化と統合に注力しつつ、急速に変化する規制やセキュリティー要件に世界中の顧客が対応できるような新しい製品を提供できるようになる」と述べた。

最近発表されたGoogleのIoTコアサービス製品の停止など、主要プロバイダーの製品が絶えず変化する中、Izuma Networksのチームは、クラウドプロバイダーに依存しない長期的サポートを備えたピュアプレーIoTとエッジサービスを提供することに取り組んでいる。このチームは、10年以上の製品ライフサイクルを持つソリューションを構築している主要な企業顧客に保証を与えるクラウドとライセンスサービスの変更に特段力を入れている。

ソフトバンクグループ・インターナショナルの投資担当ディレクターであるAlexander Fortmuller氏は「Izuma Networksのマルチクラウド、IoTサービス向けエッジコンピュートサービスの構築において、実績ある2人の起業家と提携できることをうれしく思う。Izumaへの当社の投資は、Pelion Device Managementの下で始まったIoTサービスとエッジコンピュートの普及へのジャーニーをさらに加速させるものだ」と述べた。

▽Izuma Networks(www.izumanetworks.com )について

Izuma Networksは、グローバルに利用可能なエッジコンピューティングとインターネット・オブ・シングスの管理サービスを提供している。Pelion Device Managementの事業を買収したIzuma Networksは、エッジコンピューティングサービスとIoTサービスの両分野でリーダー的存在である。Izuma Cloudは、IoTの導入とデバイスの管理、エッジでのアプリケーションオーケストレーションとリモート管理の両方を行う同社の統合ソリューションだ。

Izuma Networksが提供するエッジコンピューティングには、Izuma EdgeというApache 2.0ライセンスのソフトウエアスタックがあり、あらゆるx86またはArm 64ビットクラスの製品で動作させることができる。このスタックにより、顧客はKubernetes APIを使用してアプリケーションを展開することができ、数十から数千のリモートゲートウェイやエッジサーバーを展開する事業者に重要なリモート管理サービスを提供できる。Izuma Client(旧Pelion Device Management Client)は、IoTデバイスをIzuma Cloudに接続するための軽量のポータブルスタックだ。Izuma Clientは、洗練されたファームウエアアップデートと軽量なM2Mデータサービスを備えている。EdgeとClientの両スタックは、セキュアブートのサポートとRoot of Trustの管理により、強固なセキュリティーを提供している。

▽問い合わせ先
Kayla RItchie
press@izumanetworks.com

ソース: Izuma Networks