omniture

JOYSBIOが新たなサル痘迅速検査を開発

JOYSBIO (Tianjin) Biotechnology Co., Ltd.
2022-08-17 14:30 2599

【天津(中国)2022年8月17日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界有数の迅速検査キットメーカーJOYSBIOが、15分で結果が出る新たな2種のサル痘検査を開発

世界有数のラテラルフロー迅速検査キットメーカーJOYSBIOは、いずれも15分以内に結果が得られる2種のサル痘検査を開発したと発表した。JOYSBIOはこのほど、「サル痘抗原迅速検査」と「サル痘IgM/IgG抗体迅速検査」を発売、いずれも体外診断用医療機器の欧州基準適合マーク(CE-IVD)を取得済みである。同抗原検査は、ヒトの血清、血漿、全血、咽頭ぬぐい液、唾液、病変滲出液の検体を検査し、サル痘ウイルス抗原の有無を判定する。IgM/IgG抗体検査は、数滴の血液から、サル痘感染後に体内でつくられた抗体を検出する。両検査とも現在、欧州で臨床評価が行われており、感染患者で信頼性の高い結果が得られている。詳細は、https://en.joysbio.com/monkeypox-rapid-test-kit/ を参照。

JOYSBIOのRick Zhang事業開発部長は「COVID-19に続いて、もう1つの世界的健康問題であるサル痘が発生した。幸いなことにサル痘には治療法があり、痛みを伴う病変や死亡の可能性を低減することができる。非常に古くからある病気なので、ワクチンもある。それでも患者は、治療を受ける前に正確な診断を受ける必要がある。サル痘は他の多くの発疹性疾患と似ている。当社の検査は、特にPCR検査へのアクセスが限られている場合、医療従事者にとって優れたツールになるだろう」と語った。

サル痘は、一般人の過去の致死率は0.1%-11%だが、致死率が急上昇する小児でははるかに大きな問題である。どんな病気にかかっているかを知ることは、それを克服するための第一歩である。JOYSBIOのサル痘抗原・抗体迅速検査があれば、その答えをより迅速に得て、医療従事者が自分自身と一般市民をよりうまく守ることができるようになる。

Zhang氏は「JOYSBIOでは、人類に対するあらゆる感染症の脅威を常に把握することに取り組んでいる。当社は、既存の検査を改善し、必要に応じて新たな検査の開発も続けていく。自分が病気だと知るのが早ければ早いほど、感染拡大を防ぎ、自分の身を守る積極的な処置を取ることができる」と語った。

▽JOYSBIOについて

JOYSBIO (Tianjin) Biotechnology Co., Ltd.は、高品質の医療用体外診断(IVD)迅速検査キットや、革新的なカスタム化試薬キットを開発、製造し、世界各地に供給する研究開発重視型の中国のバイオ技術企業である。JOYSBIOは、この業界で長年にわたり技術、マーケティング・販売、運用、製造の専門知識を培ってきた専門家チームが設立した。世界有数のラテラルフロー検査キットの開発・製造企業で、COVID-19発生時には2億ユニット以上のSARS-COV-2迅速検査キットを供給した。

▽問い合わせ先

Rick Zhang
+86-130-7204-9899
bd@joysbio.com 

 

ソース:JOYSBIO (Tianjin) Biotechnology Co., Ltd.

ソース: JOYSBIO (Tianjin) Biotechnology Co., Ltd.