omniture

デジタルイノベーション:ファーウェイがMEGAデジタルインフラストラクチャー・ソリューションを発表

Huawei
2022-07-25 17:32 640

【シンガポール2022年7月25日PR Newswire】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はファーウェイ インテリジェント金融サミット2022(Huawei Intelligent Finance Summit 2022)で、Multi-domain collaborative, Efficient, Green, and Autonomous(MEGA、マルチドメイン連携で効率的、環境に配慮し、自律的)金融デジタルインフラストラクチャーを提案し、金融業界のデジタルトランスメーションを後押しするソリューションを発表した。

▽MEGAインフラストラクチャーは金融の世界的トレンド

完全コネクテッド、完全インテリジェント、全シナリオ金融という大きな流れに乗り、デジタルイノベーションはビジネスの成長、オペレーションの回復力と持続可能性のための重要な競争力であり、世界のデジタルエコノミーに不可欠な原動力にもなっている。究極のユーザーデジタル体験とビジネスイノベーションが、金融業界のデジタルトランスフォーメーションを加速している。

ファーウェイのグローバルデジタル金融マーケティング&セールス担当プレジデントであるMargaret Hu博士は、「ファーウェイは金融のデジタル、そしてインテリジェントな変革のためにパートナーと協力し、これから先の挑戦を受け入れ、金融セクターがMEGAデジタルインフラストラクチャーを構築する支援を行う」と述べた。


MEGAはMulti-domain collaborative, Efficient, Green, and Autonomous(マルチドメイン連携で効率的、環境に配慮し、自律的)を表している。ファーウェイは、MEGAのこれらの方向性は新時代の金融デジタルインフラストラクチャーの進化に重要であると考えている。MEGAデジタルインフラストラクチャーを構築するために、コンピューティングパワー、ストレージ、接続性を再構築し、徹底したクラウド化コラボレーション、クロスドメインコラボレーション、ヘテロジニアスコラボレーションを通じて、金融機関が高効率で高可用かつ高パフォーマンスのサービスを実現するよう支援する。

ファーウェイ・アジア太平洋地域エンタープライズビジネスグループのNicholas Maプレジデントは、「環境に配慮し、デジタルで、インテリジェントな金融を構築するためには、健全で持続可能なエコシステムがあってこそ、より速く共に進むことができる。当社の基礎研究能力、革新的なソリューション、テクノロジープラットフォーム、Huawei Cloudをベースに、金融業界のデジタル需要に対応するため、われわれはグローバルパートナーとのエコシステム連携を強化する予定である」と述べた。

▽ファーウェイはイノベーションによるデジタルトランスフォーメーション推進のため、MEGAインフラストラクチャーソリューションを発表

ファーウェイは同社の優れた革新的テクノロジーと能力をベースに、パートナーと協力して革新的デジタルインフラストラクチャーソリューションを開発する。

*業界初のStorage-Optical Connection Coordination(SOCC):ミリ秒レベルの光伝送リンク障害検知と高速ストレージ切り替えアルゴリズムの組み合わせにより、伝送路に障害が発生した際のI/Oリンク切り替えを120秒から2秒に短縮し、金融機関の顧客に取引障害ゼロと24時間365日のオンラインサービスを保証。

*マルチドメインコントローラー(MDC):金融顧客のパブリッククラウド、プライベートクラウド、従来のデータセンターは互いに分離しているため、複数の部門がネットワークの保守管理(O&M)で連携するのは困難である。MDCソリューションはネットワーク全体のシミュレーション検証とワンクリックでの設定配信を実装しており、ネットワークの変更効率を数日から数分に短縮する。

*コンバージドストレージプール:顧客のさまざまな環境要件を満たすために、物理的マシン、VM、コンテナー、あるいはパブリッククラウドからの全データを単一のデータリソースプールに保存し、ファーウェイデータ管理エンジン(DME)を使用して一元管理できる。このソリューションはデータリソースを統合し、リソースの全体的利用率を40%から70%に引き上げ、総所有コスト(TCO)を30%削減する。

*データ保護を保証:ウイルス対策、ランサムウェア対策のシナリオでは、ファイアウオール、オールフラッシュプロダクション、オールフラッシュバックアップを組み合わせ、ウイルスの検知、阻止、隔離からデータ復旧までの統合保護を実現する。ウイルス検出率は99.5%から99.9%に向上し、バックアップとリカバリーの時間は5倍に短縮される。このソリューションは、ランサムウェアなどのウイルス攻撃を効果的に防止し、金融サービスのセキュリティーを確保する。

*ファーウェイはNetisと協力してサービスレベルのインテリジェントO&Mソリューションを金融業界向けに共同開発し、一連のIT O&Mの課題に対処する。このソリューションにより、サービス、アプリケーション、クラウド、データセンター、ネットワーク、デバイスのO&Mは、すべてのリンクを網羅し、エンドツーエンドで可視化が可能になる。

*ファーウェイとTongdunがIntelligent Risk Decisionを共同開発:Tongdunの業界をリードする意思決定エンジン、モデル管理機能が、Huawei Cloud、Hetu、DGC、Lakehouse、GESなどの主要なデータ&AIテクノロジーと一体化している。このソリューションは不正防止や信用格付けなどのシナリオにおいて、金融顧客の意思決定効率を70%以上向上することに寄与する。大規模な同時並行処理シナリオにおける平均応答時間は50ms未満を達成することが可能である。さらに、何百もの典型的なルールとモデルが組み込まれているため、迅速な展開が容易になり、サービスの困難な課題に対応することができる。

現在までに、ファーウェイは60以上の国と地域で2000以上の金融顧客にサービスを提供しており、それには世界トップ100の銀行のうちの49行が含まれている。

ソース: Huawei