omniture

H3Cが国際モダンホスピタルショウ2022に初出展し、スマートヘルスケアを支援

H3C
2022-07-22 09:52 694

【東京2022年7月22日PR Newswire】国際モダンホスピタルショウ2022(IMHS 2022)が7月13日、東京で開幕した。この展示会は、医療機器、医療情報システム、ヘルスケアサービスを展示し、世界の専門家が日本の病院、保険、福祉の分野の発展を促進する方法を話し合あうことができる共通の場としての役割を果たす。H3Cはこの展示会で、デジタルおよびインテリジェントなソリューションのラインアップとともに、「効率的なヘルスケア(Efficient Healthcare)」シナリオをベースにしたソリューションを紹介し、スマートヘルスケア分野におけるH3Cの革新的な能力を包括的に地元の顧客およびパートナーに示した。

H3Cは国際モダンホスピタルショウ2022で同社のデジタルおよびインテリジェントなソリューションを紹介
H3Cは国際モダンホスピタルショウ2022で同社のデジタルおよびインテリジェントなソリューションを紹介

デジタルテクノロジーは医療業界の競争力を向上させるために不可欠である。日本政府は2018年、業界リーダー、大学、研究機関と協力し、総額100億円(約7000万ドル)を投じて人工知能(AI)病院の創設を提案した。10の実証病院が2022年までにAI医療システムを装備することが計画された。日本は高齢化人口とCOVID-19パンデミックの影響に直面しており、日本でスマートヘルスケア業界の育成が急務になっている。

H3Cが地元の顧客およびパートナーの注目を集める
H3Cが地元の顧客およびパートナーの注目を集める

H3C UIS製品(HCI)とAD-Campusソリューションを一体化したH3Cの「効率的なヘルスケア」ソリューションは、ユーザーが効率的、かつオープンなデジタルヘルスケアプラットフォームを構築することを支援し、組織がスマートメディカルアプリケーションを展開する基盤を築くことを導く。H3C UIS 7.0 HCIソリューションは、常に変化する業務に対処するセキュアでグリーンな共有の協調的インフラストラクチャーを提供する。また、H3CのAD-Campusソリューションは、「アクセスレイヤー+コアレイヤー」の2つのレイヤーネットワークを構築し、自動オンライン展開、ダイナミックかつ戦略化されたネットワークアクセスを含むインテリジェントネットワークマネジメントおよびエクスペリエンスを実現する。日本で、H3Cのデジタルソリューションは、札幌ハートセンターの札幌心臓血管クリニックに導入され、データ共有、ガバナンス、セキュリティーの課題に対処してきた。

さらに、H3Cの最新のWi-Fi7規格のエンタープライズクラスのAIネイティブWi-Fi AP製品は、同社独自のiRadio、iStation、iEdge、iHealテクノロジーを活用して、最大18.44 Gbpsの伝送速度を提供し、ネットワーク遅延を5ミリセカンド(ms)以内に抑え、400以上の同時ユーザーをサポートする。この製品はチャンネル使用率を56%、端末アクセス効率を33%、利用できる伝送チャンネルの数を220%それぞれ向上させ、運用および保守(O&M)に必要な全体時間を30%削減して、スマートホスピタルおよび関連セクターのデジタルトランスフォーメーションの必要性に応える。

H3Cはフルスタック製品および最新の革新的なテクノロジーを活用し、顧客およびパートナーと協力して日本のヘルスケアおよび他のセクターのデジタルトランスフォーメーションと発展を支援していく。

ソース:H3C

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: H3C