omniture

Samsung Asset Management (Hong Kong) がアジア初のブロックチェーン技術ETFを上場

Samsung Asset Management (Hong Kong) Limited
2022-06-09 17:30 3770

【香港2022年6月9日PR Newswire】Samsung Asset Management(Hong Kong)Limited(「SAMHK」)は、アジアで初めて(注1)のグローバルなブロックチェーン関連の上場投資信託(ETF)である「Samsung Blockchain Technologies ETF(香港ドル建てカウンター: 3171.HK)」の上場を発表した。香港証券取引所(SEHK)への上場期日は2022年6月23日(木)。このETFは上場価格が2.0米ドル(約15.6香港ドル)に設定され、取引単位50ユニットの初期投資額は約100 米ドル(約780香港ドル)となる。ETFは香港ドルで取引される。

ブロックチェーンはピアツーピアで共有する分散型台帳で、ユーザー間でのデータや資産の移転を比較的効率よく安全に行うことを支援する。従来のデータ保存と比べてブロックチェーン技術は、安全性と透明性を高め、取引コストを削減する利点がある。ブロックチェーンの市場規模は49億米ドルから2028年には2,279億米ドルと、72.9%(注2)の年平均成長率(CAGR)が見込まれる。ブロックチェーンは2027年には世界の国内総生産(GDP)に相当する価額の10%を占める可能性がある(注3)。ブロックチェーン技術が急速に進化する中で、アクティブ運用によるETFによりポートフォリオマネジャーは極めて柔軟に投資機会をとらえることができる。このETFは、研究開発(R&D)、受益者と投資家など世界のブロックチェーン関連企業へ投資する。

ETF・パッシブ投資専務のCarmen Cheung氏は「データの処理と蓄積への需要は、デジタル世界の進化によって加速する。ブロックチェーン技術はさまざまなビジネスでもっと幅広く利用され、データの効率と安全性を向上させ、アクセス時間を短縮する。われわれはこれをデジタルトランスフォーメーションの未来のトレンドの1つとみている」と語った。

(注1)ブルームバーグ(Bloomberg)、2022年6月9日現在

(注2)Insight Parnters、2022年2月11日現在

(注3)世界経済フォーラム(World Economic Forum)、2020年10月23日現在

ETF情報

証券コード

香港ドルカウンター: 3171.HK

初期投資額

780香港ドル/100 米ドル

取引単位

50

管理費

年間0.85%

投資戦略

アクティブ運用

商品ウェブサイト

http://www.samsungetfhk.com/product/3171/ 

詳細は商品ウェブサイトを参照

商品ウェブサイト:https://www.samsungetfhk.com/product/3171

▽Samsung Asset Management (Hong Kong) Limitedについて

Samsung Asset Management (Hong Kong) Limitedは香港で主に資産運用と証券投資顧問業務に携わっている。香港証券先物委員会(SFC)からタイプ4(証券助言)とタイプ9(資産運用)の免許を取得している。

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: Samsung Asset Management (Hong Kong) Limited