omniture

TulipがStanley Black & Deckerとグローバルオペレーションプラットフォームで提携

Stanley Black & Decker
2022-05-23 22:32 627

【ボストン2022年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】

*Stanley Black & Deckerの業務にデジタル製造ソリューションを提供するプラットフォーム

*Stanley Black & DeckerのJane Arnold製造技術担当副社長がTulipの取締役会に加わる

Tulip Interfaces(Tulip Interfaces )(「Tulip」)は21日、Stanley Black & Decker(NYSE: SWK)が同社の世界中の工場にデジタル製造ソリューションを提供するため、TulipのFrontline Operations Platformを採用したと発表した。

Stanley Black & DeckerのJane Arnold製造技術担当副社長は「Tulipとのパートナーシップは、長期的な価値創造の促進を支援する。グローバルにTulipを展開することは、クラス最高の高度な製造ソリューションとオペレーションのアジリティーに対する当社の絶え間ない取り組みを象徴している」と述べた。

Stanley Black & Deckerは2018年よりTulipの顧客となり、投資と複数サイトでのプラットフォーム利用の拡大により、大きな成長と価値を得ている。このパートナーシップを支援するため、Stanley Black & Deckerのベンチャー部門であるStanley Ventures(Stanley Ventures )は、Tulipの1億ドルのシリーズCに参加し、同社のイノベーション部門であるSTANLEY X(STANLEY X )がチームと協力してさらなる成長機会を探求していく。また、Jane Arnold氏が、Tulipの取締役会にオブザーバーとして参加する予定だ。

今回の提携について、Tulipの最高経営責任者(CEO)兼共同創立者であるNatan Linder氏は「これは両社間の長期的なパートナーシップに向けた相互投資だ。Stanley Black & Deckerのチームは、従業員のサポートに深くコミットしている。彼らは業務革新のリーダーであり、どのようにTulipを活用して製造の卓越性を推進するのかを見ることを私は楽しみにしている」と述べた。

Stanley Black & DeckerにとってTulipのプラットフォームは、製造業の労働力を有効にするノーコードの機能を備えたクラウドネーティブプラットフォームであり、運用技術の未来に対する同社ビジョンに合致する。

Tulipの詳細な情報は、www.tulip.co を参照。Stanley Black & Deckerの詳細な情報は、www.stanleyblackanddecker.com を参照。

▽Tulip Interfacesについて

Tulipは、フロントラインオペレーションのリーダーであり、製薬、消費財、産業機器、受託製造、医療機器などの産業にわたるあらゆる規模の企業がフロントラインの労働力を展開できるよう支援し、生産性や品質の向上、効率化の推進につなげる。同社は米マサチューセッツ工科大学(MIT)からのスピンオフ企業で、マサチューセッツ州サマービルに本社を置き、ドイツとハンガリーにもオフィスを構えている。同社は2021年のGartner Magic Quadrant for Manufacturing Execution SystemsでMES Challengerに認定され、世界経済フォーラムのグローバルイノベーターでもある。

▽Stanley Black & Deckerについて

Stanley Black & Decker (NYSE: SWK)は、米国に本社を置く世界最大の工具メーカーで、全米で50近くの、全世界で100以上の製造施設を運営している。同社は「for those who make the world(世界を創造する人々のために)」という目的に導かれ、6万人を超える多様で優秀な従業員が、革新的で受賞歴のある電動工具、ハンドツール、ストレージ、デジタルツールソリューション、ライフスタイル製品、アウトドア製品、工業用ファスナーなどの産業機器を製造し、世界のメーカー、クリエーター、小売業者、建設業者を支援している。同社の象徴的なブランドには、DEWALT(R)、BLACK+DECKER(R)、CRAFTSMAN(R)、STANLEY(R)、CUB CADET(R)、HUSTLER(R)、TROY-BILT(R)がある。Stanley Black & Deckerは、環境・社会・ガバナンス(ESG)におけるリーダーシップで認められており、地域社会、従業員、顧客などのステークホルダーを支援する良き力となるべく努力している。詳細な情報は、www.stanleyblackanddecker.com を参照。

▽メディア関係問い合わせ先 
Elise Jones 
Head of Content, Creative & Experiences 
elise.jones@tulip.co

▽Stanley Black & Deckerのメディア関係問い合わせ先 
Brooke Withers 
Public Relations Manager 
Brooke.Withers@sbdinc.com

ソース: Tulip Interfaces
Related Stocks:
NYSE:SWK