omniture

AdaniがHolcimのAmbuja Cements、ACC Limited出資分を取得

Adani Enterprise Limited
2022-05-16 22:44 682

【アーメダバード(インド)2022年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】

*インドのインフラ・素材業界で最大、105億米ドル相当の買収

編集者概要:

*Adaniはこの買収でセメント業界に進出して、新素材、金属、鉱業の垂直統合確立

*Adaniは約70MTPA(年間生産約7000万トン)でインド第2のセメントメーカーに

Adani Familyは海外特定目的会社を通じて、スイスのHolcimのインド大手セメント企業2社、Ambuja Cements LtdとACC Ltd全出資分を取得する最終合意に達したと発表した。

Mr Gautam Adani Chairman Adani Group with Mr Jan Jenisch CEO Holcim Limited
Adani_Enterprise_Limited_1

Holcimは子会社を通じて、Ambuja Cementsの63.19%、ACCの54.53%(うち50.05%はAmbuja Cements経由)を保有している。Holcim Ltdが保有するAmbuja CementsとACCの出資金と公開対象の価値は最大105億米ドル、Adaniによる過去最大の買収であり、インドのインフラストラクチャー・素材業界最大のM&A取引になる。

Adani Group会長のGautam Adani氏は「われわれのセメント業界参入は、インド成長物語に対する信念のもう1つの証しである。インドは数十年にわたり世界有数の需要主導型経済であり続けるとみられているだけでなく、引き続き世界第2のセメント市場でありながら、1人当たりセメント消費量が世界平均の半分以下にとどまっている。統計比較で、中国のセメント消費量はインドの7倍以上である。これらの要因は、Adani Groupの港湾、物流、エネルギー、不動産事業を含む既存ビジネス群と相まって、われわれが独自に統合、差別化されたビジネスモデルを構築し、生産能力の大幅拡張を準備できると確信している」と語った。

Adani氏は「Holcimのセメント生産と持続可能ベストプラクティスのグローバルリーダーシップは最先端技術をもたらし、われわれはよりグリーンなセメント生産加速が可能になる。また、Ambuja CementsとACCはインド全土に知られた2大ブランドであり、当社の再生可能発電フットプリントで補強すれば、セメント生産に不可欠な脱炭素化ジャーニーの先陣を切ることができる。当社全機能のこのコンビネーションによって、われわれは最もクリーンで持続可能なセメント製造工程を確立できると私は確信できる。それは世界水準に達するか、それを超えるものである」と付け加えた。

Holcim Limited最高経営責任者(CEO)のJan Jenisch氏は「Adani Groupがわれわれのインド事業を取得し、次の成長時代を率いることを喜んでいる。Gautam Adani氏はインドで高く評価されているビジネスリーダーで、持続可能性、人、コミュニティーに対するわれわれの深いコミットメントを共有している。絶え間ない献身と専門知識によって、ここ数年の事業発展に重要な役割を果たしたインドの同僚1万人に感謝したい。Adani Groupが彼らと顧客が繁栄し続ける理想的な拠点になると確信している」と述べた。

インドのセメント消費量は世界平均の1人当たり525キロに比べてわずか242キロで、インドのセメント部門が成長する大きな可能性がある。急速な都市化、成長する中産階級、手ごろな価格の住宅を追い風に、建設とその他インフラ部門のポストパンデミック回復は今後数十年、セメント部門の成長を推進し続ける見通しである。

Ambuja CementsとACCを合わせた生産能力は現在約70MTPAである。膨大な製造、サプライチェーンインフラを備えた両社はインド最強級ブランドで、インド全土にセメント工場23カ所、粉砕ステーション14カ所、レディーミクストコンクリート工場80カ所、チャンネルパートナー5万以上を擁している。

AmbujaとACC両社は統合されるAdaniインフラプラットフォーム、特にAdani Portfolio各社が豊富な経験と深い専門知識を持つ原材料、再生可能エネルギー、ロジスティクスとの相乗効果から恩恵を受ける。これによって両社は、高いマージンと資本利益率が可能になる。AmbujaとACCは、AdaniのESG(環境・社会・ガバナンス)、循環経済、資本経営理念重視からも利益を得る。各事業は引き続き、国連の持続可能な開発目標(SDGs)、とりわけ、SDG 6(安全な水とトイレを世界中に)、SDG 7(エネルギーをみんなに、そしてクリーンに)、SDG 11(住み続けられるまちづくりを)、SDG 13(気候変動に具体的な対策を)に深く同調している。

買収は規制当局の承認など諸条件の対象である。

▽Adaniについて

インドのアーメダバードを本拠とするAdaniはインド最大・最速成長ポートフォリオの多角化企業で、ロジスティクス(海港、空港、ロジスティクス、海運、鉄道)、資源、発電と配電、再生可能エネルギー、天然ガスとインフラ、アグロ(商品、食用油、食品、冷蔵、穀物サイロ)、不動産、公共交通インフラ、防衛と航空宇宙、その他の分野で事業を展開している。

Adaniは成功と指導的地位を持続的成長の指導理念である「Nation Building(国家建設)」と「Growth with Goodness(善良な成長)」のコア哲学に負っている。グループは、持続可能性、多様性、共有価値の原則に基づくCSR(企業の社会的責任)プログラムを通じて、環境保護とコミュニティー向上にコミットしている。詳細はwww.adani.com を参照。

▽メディア問い合わせ先

Roy Paul

roy.paul@adani.com 

91-79-25556628

▽Holcimについて

Holcimは人と地球の進歩を構築している。革新的で持続的な建設ソリューションのグローバルリーダーとして、よりグリーンな都市、よりスマートなインフラを可能にして、世界中の生活水準を改善している。戦略の中核に持続可能性を据えるHolcimは、成功の中心に従業員とコミュニティーを擁して、ネットゼロ企業になりつつある。

Holcimはより少ない資源でより多くを建設するリサイクルの世界的リーダーとして、循環経済を推進している。同社はACC、Aggregate Industries、Ambuja Cement、Disensa、Firestone Building Products、Geocycle、Holcim and Lafargeなど、世界有数の信頼される建設部門ブランドに関わっている。Holcimはセメント、レディーミクストコンクリート、骨材、ソリューション&製品の4事業区分で、人と地球の進歩を構築することに情熱を傾ける世界の従業員7万人を擁している。詳細はwww.holcim.com を参照。

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1818258/Adani_Enterprise_Limited_1.jpg?p=medium600

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1716106/Adani_Group_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Adani Enterprise Limited