omniture

ZTE、チャイナ・モバイル、NR ElectricがGTIの2022年「Market Development Award」を受賞

ZTE Corporation
2022-03-07 09:03 803

【深セン(中国)2022年3月7日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向け通信、エンタープライズ、消費者技術ソリューションの国際的大手プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は4日、同社がチャイナ・モバイル(China Mobile)、NR Electricと共同で設計および開発した5G TSN Deterministic Network for Green Power Grid(グリーンなパワーグリッドのための5G TSNデターミニスティックネットワーク)によりGTI の2022年「Market Development Award(市場開発賞)」を受賞したと発表した。

ZTE Corporation
ZTE Corporation

パワーグリッド分野では、温室効果ガスの排出量が膨大で、風力や太陽エネルギーなどのクリーンな新エネルギーを効率的に利用することは「炭素排出量ピークとカーボンニュートラル」を達成するための有効な手段である。しかし、風力と太陽エネルギーは天候や地域の影響を受けやすく、新エネルギーのグリッドへの統合に難しい課題をもたらしている。したがって、従来のモバイルネットワークメカニズムが電力業界の厳格なネットワーク要件を満たすことができない場合、正確な測定、制御およびリアルタイムの相互作用が必要とされる。

この問題を解決するために、ZTEはTime Promised Communication(TPC)ソリューションをリリースした。これは、時間的制約があるネットワークに関連する5G TSN/5G LAN/URLLC/SLAの正確な制御を統合し、3GPP Release 16に準拠する。TPCソリューションはソフトウェアとハードウェアを組み合わせ、トラフィックの競合によって引き起こされるネットワーク遅延とジッターを効果的に解決する。スライシング技術と組み合わせ、5Gのエンドツーエンドの遅延を低減し、通信ネットワークの決定性を保証し、パワーグリッドの超高信頼性要件を満たす。

TPCソリューションは、光ケーブルの代わりに、ラストマイルへの柔軟なアクセスを可能にし、通信ネットワーク構築費用を大幅に削減する。このソリューションは、電力差動保護、配電自動化、フェーザ計測技術(PMU)、正確なグリッド負荷スケジューリングなどのパワーグリッドシナリオで広く使用できる。それは太陽エネルギーや風力エネルギーなどの新エネルギーの導入を加速し、電力貯蔵の効率的な調整を実現し、電力業界が「炭素排出量ピークとカーボンニュートラル」という戦略的目標を達成するのに役立つ。

GTIは、通信技術のグローバルプラットフォームを構築し、繁栄するエコシステムを促進することに注力している。「5G & Decarbonization(5Gと脱炭素化)」をテーマにしたGTIサミット2022は、5G開発の現在の状況と戦略、およびカーボンニュートラルとネットゼロの目標を達成するために技術革新がどのように役割を果たすかに焦点を当てている。この賞は、5G技術革新、エンドツーエンドの製品機能、ネットワークアーキテクチャ検証の分野で高く評価されている。

この賞は、5G TSN技術の高いアプリケーション価値と幅広い展望をさらに確証する。ZTEとチャイナ・モバイルは、R17テクノロジーの進化とともに、TPCソリューションの成熟を促進する。TPCソリューションは、電力、産業、物流、ヘルスケアなどの主要産業でのアプリケーションを含む産業用インターネット分野で広く使用され、産業生産性と運用効率を大幅に向上させ、5Gビジネスのイノベーションを加速する。

ZTEは業界パートナーと緊密に協力し、ITとOT(オペレーショナルテクノロジー)の徹底的な統合を実現し、企業が柔軟な生産を実現し、リソースの使用効率を向上させ、グリーンで低炭素の産業エコシステムを構築するのを支援してきた。

▽メディア問い合わせ先:

Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース: ZTE Corporation