omniture

Artmarket.com: NFT関連の作品を4種類に分類

Artmarket.com
2022-02-25 18:25 899

コリンズ英語辞典によると、NFTとは「アート作品や収集品など資産所有権の記録に用いられるブロックチェーンに登録された唯一のデジタル証明書です」。実際のところ、非代替性トークンは、有形か無形かに関わらず、広範囲に及ぶ多様な資産(アート作品、音楽作品、ファッショアクセサリーなど)を指定できます。こうした事柄は、収集家だけではなく、立法者にも類型的な問題を提起しているようです。

NFTとして販売が可能な4種類の作品
NFTとして販売が可能な4種類の作品

Artmarket.comのCEOであり、同社およびそのArtprice部門の創立者でもあるTherry Ehrmannは次のように述べています。「NFT関連のテクノロジーは、新たな芸術的観点を切り開き、広範囲に及ぶアーティストとプロジェクトを惹きつけています。@muratpakが始めたウォレット内で結合するドロップから、@LaCollectionOffが作成した大英博物館のNFTに至るまで、NFTは新たなアート作品に命を吹き込み、これまでにも人々から愛され重宝されてきた作品をデジタルの世界で複製することを可能にしました」。

物理的な作品が存在しない場合

もともとNFTは、コンピュータ間で無限にコピーが可能なデジタル作品の所有権を示すものとして設計されました。Beepleがインスタグラムに投稿した作品は、どれもスマートフォンに保存可能ですが、実際にNFTを所有者はたったひとり(または極めて限られた人数)です。

結果として、デジタル作品の画像はインターネット上で自由に流通させることができても、アーティストとコレクターはその所有権を管理できます。PakやMad Dog Jonesの場合、作品は現実世界に存在しなければならないという使命がないため、展示にはディスプレイが必要です。

物理的な作品を作成可能な場合

2020年3月にクリスティーズでBeepleの作品が記録的な高値で落札されたとき、画家のDavid Hockney(1937生)は、BeepleのThe First 5,000 Daysが「現実」には存在しないことを嘆きました。BeepleはTwitterで「なるほど。作品を印刷さえすれば、何でも芸術作品になるなんて魔法みたいだね。誰も教えてくれなかったよ! !と語りました。また、「僕は真面目に頑張りたいんだ。お勧めのプリンターはどれだろう?予算なら6900万ドルある」と語りました。

こうした皮肉なやり取りの背景にあるのは、NFT作品の物理的な作品も欲しいという需要です。この需要について、最近のウォールストリートジャーナルのある記事は次のように述べています。デジタル世界に存在するNFTアート。コレクターたちは、それらの作品を壁に飾りたいと考えている。デジタル作品の所有者たちは、スマートフォンやノートパソコンなどで多くの作品の画像をスワイプするだけでは物足りないと感じている(Kelly Crow、2022年2月2日)

https://www.wsj.com/articles/nfts- hang-digital-art-real-life-11643761088

すでにサムスンやInfinite Objectsは、リビングルームでデジタル作品を表示できる優雅なソリューションを提供しています。Beeple自身も、NFTにデジタルプリントを添えることについに同意しました。

物理的な作品が存在し、かつ購入が可能な場合

デジタルの世界では、絵画、彫刻、写真、インスタレーションであっても、それらの資産をNFTテクノロジーで複製可能であり、NFTと物理的な作品を共存させて、別個に購入することもできます。しかしながら、この二元性は作品同士の関連において、幾つかの疑問が提示されます。

2021年3月、インジェクティブプロトコルの支援を受けているBurntBanksyという集団は、95,000ドルで購入したBanksyの作品を焼却しました。同時に、NFTに関連付けたデジタルコピーを作成し、即座にOpenSeaで380,000ドルで再販しました。こうした行為は、作品とその価値をデジタルの世界に移行させるという目的が明白であり、法律により禁じられています。彼らは、NFTコピーの価値はオリジナル作品よりも常に劣ると考えているようです。オリジナルを破壊することでパラドックスを解決し、過激で違法な手段を用いて、同時に多くの価値を付加する方法に彼らは行き着いたのです。

物理的な作品は存在するが、購入できない場合

最後は、世界でも有数の博物館が所蔵している名画のデジタルコピーの所有権が技術的に取得可能になったことについて取り上げます。フランスのウフィツィ美術館やサンプトペテルブルクのエルミタージュ美術館など、主要な美術館がこうした冒険に乗り出しました。

ロンドンの大英博物館も、LaCollection.ioのプラットフォームを介してNFT形式で所蔵品の幾つかの作品を販売し始めました。パルテノン神殿のフリーズやロゼッタストーンがNFT化された作品をまだご覧になったことがないとしても、大英博物館やLaCollection.ioのプラットフォームでは、北斎やJMW Turnerなどの作品を中心にデジタル版のコレクターを対象にしたコミュニティの構築がすでに始まっています。

大英博物館が販売するNFTを購入することは、博物館を支援することにもつながりますし、コレクターとしての新たな体験を意味してもいます。また、アートの歴史におけるメタバース黎明期への貢献にもなります」。

https://www.artprice.com/artmarketinsight/the-british -museum-offers-certified-nfts-of-works-by-jmw-turner

イメージ:[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2022/02/Schema-NFT-EN.jpg]

Copyright 1987-2022 thierry Ehrmann www.artprice.com - www.artmarket.com

Artmarket について:

Artmarket.comは、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF。

ArtmarketとArtprice部門を動画で見る: www.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who's who ©内の公式バイオグラフィーを見る:
Biographie_thierry_Ehrmann_2022_WhosWhoInFrance.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、77万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice by Artmarketは、美術品市場に関する情報を提供する世界的なリーダーであり、世界標準のマーケットプレイスを通じて、世界有数の美術品NFTプラットフォームになることを目指しています。

Artprice Images®は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。540万人のユーザー(ログインメンバーとソーシャルメディアユーザー)が、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace®を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artmarket.comによるArtpriceの2020年と2021年の現代アート市場レポート:https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2021

Artprice by Artmarket による 2020 年度グローバルアート市場報告 (2021 年度3月発表): https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2020

Artmarket と Artprice によるプレスリリースのインデックス:
serveur.serveur.com/Press_Release/pressreleaseEN.htm

Facebook と Twitter で、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:

www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロワー数540万人以上)

twitter.com/artmarketdotcom

twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみる https://www.artprice.com/video 有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く "The Abode of Chaos" (The New York Timesより): https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

·      L'Obs - 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o

·      www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999 (フォロワー数 440 万人)

·      https://vimeo.com/124643720

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1751566/Artmarket_Artworks.jpg?p=medium600  
Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1009603/Art_Market_logo.jpg?p=medium600

Artmarket.com&Artprice連絡先:Thierry Ehrmann, ir@artmarket.com  

ソース: Artmarket.com