omniture

Artmarket.comが売上39%の大幅増で第4四半期の目標を達成し、2021年全体では売上高61%増を記録、アートNFTとWeb3が2022年のArtpriceの成長計画の中心に

Artmarket.com
2022-02-15 21:08 975

パリ, 2022年2月15日 /PRNewswire/ -- 2022年から2025年にかけて、Artprice by Artmarketは、Web3、NFT、暗号通貨、そしてメタバース革命の中心に位置することを企図しています。

Web3の概念は、次のシンプルなフレーズでつかむことができます。「それまでは、世界はインターネット上にあった。Web3では、世界はインターネットの内部にある」

Artpriceメタバース 

©「Alchemical Fractal 1」(999点の作品集)、スチール素材、NFT彫刻、Thierry Ehrmannによるアルゴリズム。 
Courtesy of Organe Museum / Abode of Chaos / La Demeure du Chaos
https://www.flickr.com/photos/home_of_chaos/albums/72157714573284962

Artprice Metaverse | © 'Alchemical Fractal 1' (collection of 999 works), raw steel, NFT sculpture and algorithm by thierry Ehrmann. | Courtesy of Organe Museum / Abode of Chaos / La Demeure du Chaos | https://www.flickr.com/photos/home_of_chaos/albums/72157714573284962
Artprice Metaverse | © 'Alchemical Fractal 1' (collection of 999 works), raw steel, NFT sculpture and algorithm by thierry Ehrmann. | Courtesy of Organe Museum / Abode of Chaos / La Demeure du Chaos | https://www.flickr.com/photos/home_of_chaos/albums/72157714573284962

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1742532/Artprice_Metaverse.jpg?p=medium600

artprice-nft.com

artprice-nft.com
artprice-nft.com

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1742533/artprice_NFT_bill.jpg?p=medium600

残念なことに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックは3年目に入ろうとしています。しかしながら、これは、インターネットへの依拠を深める動きを加速させる働きもしてきました。今日では、世界GDPのうち、見過ごせないほど大きな割合がインターネットを介して生み出されています。 

フランスの経済紙レ・ゼコーによれば、2019年のインターネットによる販売額は全世界で26兆7,000億ドルに上っており、国連貿易開発会議(UNCTAD)の見通しでは、2021年の販売額は38兆4,500億程度となり、44%増となる見込みとのことです。アート市場情報の世界的リーダーであるArtprice by Artmarketにとって、この水準の成長は、最低でも二桁の成長を約束してくれるものといえます。 

四桁の成長を達成するためには、Artmarket.comは、アートNFTのマーケットプレイスの標準化および認証において責任ある役割を果たしていかなければなりません。

先のプレスリリースでも言及のとおり、2021年下半期、Artmarket.comは、自社の歴史、そして暗号化や暗号通貨、NFTに関する深い知識を活かしながら、アートNFT市場において信頼できるほとんどのプレイヤーと面会し、精査を行ってきました。 

それと並行し、Artprice by Artmarket'sは、米国を主としながら、ヨーロッパ、インド、アジアに至るまで、法制の継続的な監視も行ってきました。これにより、ほぼすべての法制度が、暗号通貨の存在に対する規定を備えるに至っていることが明らかになりました。 

ここから、二つの主要な事項が浮かび上がってきます。一方では、出入り口となるのは取引プラットフォーム(Binance、Coin Base Exchange、FTX、Krakenなど)であるといえます。これらのプラットフォームの中には、すでに上場済みの企業も複数存在しています。これらの取引プラットフォームは、暗号通貨と双方向に交換される預金通貨の出入フローの特定を行います。他方では、現在、主要経済大国では、30%の税率が世界的なコンセンサスとなりつつあるようです。

Blockchain Partnerの共同創立者であり、KPMGのブロックチェーン&暗号通貨ディレクターであるClaire Balva氏は、2022年1月のBFM Businessへの出演時に、急速に現れつつある現実について、次のように手短にまとめています。「今日、[グループにとって]暗号通貨の中に入っていかないのは、入っていくよりもリスキーなことになりつつあります」。参考までに、2022年2月7日、カナダのKPMGは自社の企業資金へのビットコインおよびイーサリアムの追加を行っています。(出典 CISION:https://www.newswire.ca/news-releases/kpmg-in-canada-adds-bitcoin-and-ethereum-to-its-corporate-treasury-851778842.html

アート市場情報の世界的リーダーとして、Artprice by Artmarketは、アートNFT市場における主要プレイヤーを精査することの必要性を理解しています。Artprice by Artmarketは、プライマリー市場のオペレーター(ギャラリー)にせよ、セカンダリー市場のオペレーター(クリスティーズ、サザビーズ、フィリップス、ボナムスなど)にせよ、すべての主要プレイヤー、さらに美術館や文化機関が、アート市場のNFTへの非常に急速な拡大を予想しているとの結論に達しています。 

第一の大きな問題は、マーケットプレイスにおけるアートNFTの分類の欠如です。この問題に対処するため、Artpriceは、アート界で権威を誇る同社のデータベースとリンクした、標準化された分類の展開を迅速に行うことを計画しています。

ArtMarket.comと、同社のArtprice部門の社長兼創設者であるthierry Ehrmannは、次のように述べています。「革新的なNFTテクノロジーは、時代、メディア、ムーブメントなどで分類されていたアート市場の標準的な区分には収まりません。非常に高い革新性を持つNFTの領域は、押し寄せ、絡み合う数多くのルートに細分化されています。ですが、Artpriceは、何が交換され、何が価値を生むのかについて、市場のプレイヤーの皆さまにより良く情報をお伝えする方法を見出すべく取り組んでいるところです。 これは、市場に安心感を与えるために必要なNFTに関する情報(期限、発行、供給、需要、使用など)を、分かりやすく客観性のある方法で伝えていくということです」 

分析および考察の結果、Artprice by Artmarketは、OpenSea、Rarible、LooksRare、Nifty Gateway、Superareなどの主要アートNFTプラットフォームすべてが直面している、第二の大きな問題を速やかに特定しました。

2022年1月に、NFT取引の90%を取り扱った世界的リーダーであるOpenSeaを例にとってみると、同社は、2022年1月に、過去最高となる取引高である61億3,000万ドルを記録したNFTの世界市場で、55億1,700万ドルという取引高を記録しています (The Block Data Dashboardのデータによる)。ただし、同社は先ごろ、同社のプラットフォームで鋳造(ミント)されたアートNFTの80%が、特定の第三者の知的財産権を損なっている可能性があるとの発表も行っています。これについて、OpenSeaは、売り手および買い手をより良く保護するため、この種の活動をなくしていくための対策を検討中であるとしています。

この点、Artprice by Artmarketは、過去25年にわたって構築されてきた自社所有のデータベースを擁するアート市場情報の世界的リーダーであるとともに、同社のデータベースの真正性と歴史的な正確性とを担保する世界最大の文書コレクション(1700年以降の覚書、手書き書類、販売カタログ)の保有者として、世界的な権威を誇っています。その立場から、Artprice by Artmarketは、一次発行のアートNFTこそ、同社が市場の継続性、そして発展に真に寄与することができると同時に、同社にも多大な売上および利益をもたらしてくれるものであると確信しています。実際、市場のあらゆる変数およびデータが、Artprice by Artmarketこそ、グローバルな市場の中で唯一、一次発行のアートNFTの認証管理を本当に手掛けることができるプレイヤーであるという事実を指し示しています。

その信頼性、そして、アート市場における揺るがぬ評価から、Artpriceは、Artmarket.comのブロックチェーンで、「オラクル」(スマートコントラクトに現実世界の変数を組み込むことのできる信頼できる情報の発信源)となりうる十分な可能性を持っています。

オラクルとしてのArtpriceの正当性の中心にあるのが、全世界の6,300に上るオークションハウスの主要オークションデータの集約です。

Web3コミュニティでは、オラクルは数百の異なる情報源に立脚していなければなりませんが、6,300の公開情報源を有するArtpriceは、まさにこれをクリアしているといえます。 

Artpriceは、オラクルとして、自社データベースの主要データのスマートコントラクトへの追加を認めていきます。これらのデータには、オークション結果、アーティストとその作品の史的データ、指標および計量経済学的データ、作品のトレーサビリティ関連のデータ、標準化されたテクニカルデータ、現行通貨による価格、元の使用言語などが含まれることとなります。

オラクルがもたらすものとしてのArtpriceのデータは、市場において、権威ある主要リファレンスとして用いられることとなるでしょう。換言すれば、「スマートコントラクト」が始動するかどうかは、Artpriceが提供する情報にかかってくるということができます。 

Artpriceが、これまで25年にわたって、信頼性の高い必須情報の提供を行い、アート市場で主要な役割を果たしてきたことを鑑みると、少し名前を挙げるだけでも、NFTプラットフォームの中でもOpenSea、Rarible、LooksRare、Nifty Gateway、そしてSuperareといった企業は、Artmarket.comとの産業連携により、即時的かつ大きなメリットを手にできることは間違いありません。

自社でのアートNFTの独自発行の能力についても、Artmarket.comは、アートNFTの一次発行を加速し、その正当性を担保する力となりうる複数の企業を世界中で特定してきました。 

この中でも、とりわけ、Artprice by Artmarket は目下Logion.network社https://logion.network/との話し合いを進めています。同社は、その法的保護を通じ、法律家の分散型ネットワークが管理する、すべてのデジタル資産およびデジタル取引に法的保護をもたらすグローバルなパブリックブロックチェーンを提供しています。Logion Blockchainは、デジタル資産のエスクロー、証明書の発行、重要データの保護および機密性保持、さらにもちろん、法務官によるタイムスタンプ付きの証拠を提供しています。

Logionの共同創立者であり、共同社長を務めるElie Auvray氏との会合の際、Artmarket.comのCEOであり、Artpriceの創設者であるthierry Ehrmannは、同氏に対し、Server GroupおよびArtpriceが、1990年代にEuropean Judicial Server(現在はArtmarket.comの完全子会社)を創設した事実を伝えました。これは、X.25コンピュータプロトコルを用いた、(世界規模ではなく)欧州規模の、類似の分散型法律ネットワークでした。

さらに、Artprice by Artmarketは、子会社2社の創設も計画しています。うち一社は、デジタライゼーション分野のヨーロッパリーダーとのもので、貴重な助言や、GIS(地理情報システム)、デザインソフトウェア、写真測量法、地図製作法、ドローン、LIDARといった、適切なツールをもたらしてくれるものです。 

また、Artprice by Artmarketの研究開発部門は、拡張現実(AR)および仮想現実(VR)の知見向上のため、非侵入型インターフェースについての取り組みも行ってきました。Artpriceは、当然ながら、年次開催のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー (CES)へも再度参加を行いました。そこで注目したのは、サムスンのQLED 4K デジタルフレーム (The Frame) でした。これは、アート作品を本物の絵画そっくりに展示できるというもので、すでにいくつかの主要美術館にも採用されています。The Frameは、コレクターがデジタルアートNFTを具現化して飾るのにまさにぴったりで、かつ非常に魅力的なエンドユーザー価格で提供されています。このため、Artpriceとしては、サムスンとの取引を検討中です。

アートNFTの熱狂はすさまじく、2月上旬には、アートNFT作品のみを扱う初の美術館、Seattle NFT Museum (SNFTM)がオープンしました。2022年/2023年には、五大陸すべてで、30近くものNFTに特化した美術館や現代アートセンターがオープンするものと見込まれています。

計画中の第二の子会社は、Artprice Inc. USAにより創設されるもので、ガバナンストークンと特定のDAOを備えるものとなります。同社については、「AMF(フランス金融市場庁)の勧告に従い、2022年に向けて特定された新たなリスク」というセクションでご紹介しています。  

Artmarket.comは、このため、それぞれの提案(合弁事業、資本投資、合併/買収など)の吟味を行っています。その上で、提案が経済的意味を持ち、同社の重んじる価値、すなわち、アート市場に関する利用可能な情報を増やし、市場全体の透明性を高めるという価値にかなうものである場合にのみ、承認を行う予定です。

フランスおよびヨーロッパで施行されているさまざまな法的枠組みに関しては、Artmarket.comは、将来的にフィンテック企業としての性格を持つことを視野に入れ、デジタル資産サービスプロバイダー(DASP)としてAMFに登録を行う可能性について検討を行っています。同時に、アメリカおよびヨーロッパの法制について綿密かつ継続的なモニタリングを行うことは、Artmarket.comおよびその米国子会社が、未来のフィンテック企業として、最善の選択を行うことを可能にするものといえます。

最後に、一般の人々に向けたアートNFTの究極の民主化を行うカギとなるのが、今日ではVisaなどの主要クレジットカードともリンクされている暗号通貨です(出典:CNBC)。

VisaのCEOであるVasant Prabhu氏は、CNBCのインタビューで、成長についての楽観的な見通しを語っています。「私たちにとっては、このこと(2022年第1会計四半期の、同社の暗号通貨対応カードによる顧客の支払いが25億ドルに上るという事実)は、お客様が暗号資産プラットフォームの口座にリンクしたVisaカードを所有されることに有益性を見出しているということを示しています。この流動性を手に入れることができること、購入資金をまかなったり、支出を管理したりできること、さらにそれらをシームレスかつ即座に行えることというのは、価値があることです」 

暗号通貨対応カードを用いれば、顧客は、Visaが使用可能な場所ではどこでも暗号通貨(cryの名でも知られています)による支払いを行うことができます。この際、売り手は、資産の種類についての知識を有している必要はありません。受ける取引は、通常のVisaによる決済と同様、現実の通貨による取引となり、換算は決済処理業者によってバックグラウンドで行われます。 

AMF(フランス金融市場庁)の勧告に従い、2022年に向けて特定された新たなリスク

AMF(フランス金融市場庁)の勧告に従い、より厳密には、ユニバーサル登録文書(EU規制2017/1129)に関し、発行会社は、潜在的なリスクファクターを明らかにし、継続的に更新しなければなりません。

リスクの提示は、正式かつ協議済みのリスクマネジメントポリシーの枠組み内で行われる、定期的かつプロアクティブな分析の結果として実現するものです。

Artmarket.comの未来は、Web3の領域(NFT、暗号通貨、メタバース)の中に存在しています。 

この戦略を踏まえた上で、Artmarket.comは、市場およびそのステークホルダーに、義務に従い、暗号通貨の価格変動に関連するリスクについてお知らせいたします。この暗号通貨には、アートNFT分野で最も多く用いられている(専用スマートコントラクトによる)暗号通貨であるイーサリアム(ETH)が主に当てはまりますが、この他にビットコイン(BTC)も含まれています。

Artmarket.comおよび同社のArtprice部門は、自らのNFT Standardized Marketplaceの研究開発、運営、マーケティングを、Artmarket.comの完全子会社で行うことを予定しており、これは同社の米国完全子会社であるArtprice Inc.を介したものとなる見込みです。この立場から、Artmarket.comは、ファンドマネージャー、とくに米英系のファンドマネージャーが見た場合、Artmarket.comの株式が第一にイーサリアム(ETH)の価格と、第二にビットコイン(BTC)の価格と緊密に関連付けられるという特定済みリスクが存在していることを、同社株主の皆様、そして金融市場に向けて告知いたします。 

移動平均を用いた過去3か月間(2021年11月9日~2022年2月9日)のテクニカル分析の結果、Artmarket.comの株式市場価格とイーサリアムの価格との間に強い相関関係が継続的に存在していること、また、この傾向は、程度は低くなるものの、ビットコインやその他の主要暗号通貨との間にもみられることが明らかになりました。とりわけ、イーサリアムの「Triple Halving」効果は、価格に強い影響を与えます(増価効果)。

実際、Artprice by ArtmarketのStandardized NFT Marketplaceの技術の大部分が、イーサリアム、とりわけその将来版であるSerenityのブロックチェーンにおける独自スマートコントラクトに備えたものとなっています。Serenityでは、現在のマイニングプロセスの一部または全部を、プルーフオブワークからプルーフオブステークマイニングへとシフトし、エネルギー消費を抑えるか、従来からのカーボンフリーマイニングを継続することができるようになります。 

Artmarket.comは、現在までのところ、グループに特定の暗号通貨は存在していないことを指摘いたします。ただし、フランスおよび/もしくはヨーロッパの立法者ならびに/またはアメリカの立法者が、暗号通貨の文化についての実行可能な法的枠組みの構築を始めつつある場所における複数のシナリオを、同社のワークグループが熟慮を経て立案済みであることも申し添えます。暗号通貨の文化は、すでに比較的長い歴史を持ち、現在世界中で10億を超える人々によって取り入れられているものです。

こういった枠組み(すでに存在する現実に法律を適応させること)の開発および実行というプロセスは、歴史を通じ、特に20世紀の経済および科学の分野において、繰り返しみられてきたことです。

Artmarket.comのグローバルな戦略は、長く、アート市場向けの独自の暗号通貨を、当局の承認後に創設するという事項を含んできました。このことは、artpricecoin.comのDNS(.net、.orgなどと、それに対応した名称)の出願日でも確認することができます。

画像: 
[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/11/image1-artprice-metaverse-thierry-ehrmann-organ-museum-800.jpg][https://www.flickr.com/photos/home_of_chaos/50015697223]
[https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2021/11/image2-artprice-NFT-bill.jpg]

Copyright 1987-2022 thierry Ehrmann www.artprice.com - www.artmarket.com

 

Artmarket について:

Artmarket.comは、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF。

ArtmarketとArtprice部門を動画で見る: www.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who's who ©内の公式バイオグラフィーを見る:
Biographie_thierry_Ehrmann_2022_WhosWhoInFrance.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、77万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice by Artmarketは、美術品市場に関する情報を提供する世界的なリーダーであり、世界標準のマーケットプレイスを通じて、世界有数の美術品NFTプラットフォームになることを目指しています。

Artprice Images®は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。540万人のユーザー(ログインメンバーとソーシャルメディアユーザー)が、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace®を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artmarket.comによるArtpriceの2020年と2021年の現代アート市場レポート:https://www.artprice.com/artprice-reports/the-contemporary-art-market-report-2021

Artprice by Artmarket による 2020 年度グローバルアート市場報告 (2021 年度3月発表): https://www.artprice.com/artprice-reports/the-art-market-in-2020

Artmarket と Artprice によるプレスリリースのインデックス:
serveur.serveur.com/Press_Release/pressreleaseEN.htm

Facebook と Twitter で、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:

www.facebook.com/artpricedotcom/(フォロワー数540万人以上)

twitter.com/artmarketdotcom

twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみる https://www.artprice.com/video 有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く "The Abode of Chaos" (The New York Timesより): https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

·  L'Obs - 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o

·  www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999 (フォロワー数 440 万人)

·  https://vimeo.com/124643720

Artmarket.com&Artprice連絡先:ir@artmarket.com

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1009603/Art_Market_logo.jpg?p=medium600

 

ソース: Artmarket.com