omniture

Getacが最新の10インチZX10を発売し、完全耐久性Androidタブレットのラインナップを拡大

Getac
2022-01-12 09:00 979

*新型10インチAndroid11タブレットは、組み込みの耐久信頼性とコンパクトで軽量なデザインのバランスを完璧に取っている

*主な機能には、8MPフロントカメラ、16MPリアカメラ、専用GPS、デュアルLTE SIMカードスロット、デュアルホットスワップバッテリー、および最大6GB LPDDR4 RAMと128GBストレージのオプションなどがある

*新型ZX10は、Getac Select(R)の一部として、さまざまな業界固有のビルドで利用可能

【台北2022年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】

Getacは11日、Android 11オペレーティングシステム(OS)を中心に構築された多用途の新型10インチデバイスである完全耐久性のZX10(https://www.getac.com/intl/products/tablets/zx10/ )タブレットの発売を発表した。ZX10は、Getacの人気ある完全耐久7インチZX70(https://www.getac.com/intl/products/tablets/zx70/ )Androidタブレットとラインアップを組み、公共安全、公益事業、エネルギー、輸送・物流、製造、自動車、防衛などの分野の顧客に、その運用上のニーズに最適な耐久性あるAndroidデバイスを選択する際の選択肢を増やす。


 


 


 


 


▽強力な運用効率

ZX10のAndroid11 OS、Qualcomm Snapdragon 660 Mobile Platform、およびAdreno(TM)512 GPUの組み合わせは、シームレスなユーザーエクスペリエンスを提供し、幅広いフィールドシナリオで効率的なワークフローを実現する。デュアルホットスワップバッテリーはフルシフト動作を保証し、雨と手袋のタッチ機能を備えたLumiBond(R)太陽光のもとでの読み取りディスプレイ(800nitsの明るさを誇る)は、さまざまな気象条件の下で生産性を維持するのに役立つ。ZX10には、最大6GBのLPDDR4 RAMと128GBのストレージのオプションもあり、顧客が将来の業界需要に備えるのに役立つ。

▽優れたフィールドコミュニケーション

8MPフロントカメラとクラス最高の16MPリアカメラは、極めて高品質の写真/ビデオキャプチャーを提供し、デュアル統合マイクは、オーディオ品質を向上させるために大きなバックグラウンドノイズを除去する。その他、Wi-Fi 802.11 ac、Bluetooth(v5.0)、専用GPS、およびオプションの4G LTEモジュールが、リモートフィールドロケーションでの高速なデータ転送およびロケーションポジショニング機能を提供する。フィールドワーカーはデュアルLTE SIMカードスロットにより、2つの4Gネットワークキャリアをすばやく切り替えることができる。CBRSプライベートネットワークのサポートにより、運用の柔軟性がさらに向上する。

▽業界をリードする耐久信頼性

すべてのGetacデバイスと同様に、ZX10は、並外れた信頼性と安心を提供するために、徹底的に頑丈に構築されている。 MIL-STD-810HおよびIP66認定は、最大6フィートからの落下、衝撃、雨、振動、ほこり、および液体のこぼれに簡単に耐えることができることを意味する。さらに、摂氏マイナス29度から63度(華氏マイナス20度~145度)の動作温度範囲は、年間を通しての使いやすさを提供する。これらの頑丈な機能がすべて組み込まれ、ZX10の厚さはわずか17.9mm、重さは1kg強であり、フィールドでの優れた携帯性と機動性を提供する。

▽主要な業界アプリケーションに最適

ZX10は、Androidベースのデバイスを利用する公共安全、公益事業、エネルギー、輸送・物流、製造、自動車、防衛の専門家のニーズを満たすように設計されている。GetacSelect(R)の一部として、さまざまな機能、アクセサリー、およびソフトウエアユーティリティを組み合わせた業界固有のさまざまなビルドで利用できるため、顧客は日常の課題をすばやく解決することができる。

いくつかの使用事例は以下の通り:

*緊急時のファーストレスポンダーのためのデータキャプチャーとePCRアクセス

緊急時のファーストレスポンダーは、多くの場合大きなプレッシャーの下で適切な治療と投薬を提供するために、電子カルテ(ePCR)にリアルタイムでアクセスする必要がある。ZX10の強力なコネクティビティーオプションにより、この情報にすばやくアクセスすることができる。オプションのバーコード/ RFIDおよびスマートカードリーダーは、IDの確認、操作手順の確認、および患者の機密保持に役立つ。

*フィールドユーティリティエンジニア向けの耐久性のあるフルシフトの信頼性

GISマッピングなどの野外活動を行う場合、ユーティリティエンジニアは、さまざまな気象条件で信頼できるデバイスを必要とする。さらに、遠隔地での作業中に充電設備にアクセスできないことは、長いバッテリー寿命が非常に重要であることを意味している。ZX10の完全耐久性設計、専用GPS、雨と手袋のタッチ機能を備えた用途の広いLumiBond(R)ディスプレイ、およびデュアルホットスワップバッテリー設計により、フィールドエンジニアは、職務に必要な安心感を得ることができる。

*エネルギー労働者向けの遠隔通信と資産保守

エネルギー労働者は、現場の資産を定期的に検査・保守する必要があるが、それを効果的に行うには、専門家からのリモートサポートが必要になることがよく起きる。ZX10のモバイルコネクティビティー、クラス最高の8MPフロントカメラと16MPリアカメラ、および専用GPSにより、従業員は世界中の同僚とリアルタイムで対話し、情報をすばやく共有/交換し、最初の質問でタスクを完了することができる。デュアルLTE SIMカードスロットは、SIMカードを交換することなく、2つの異なるキャリアネットワークを便利に切り替えることができる。

*倉庫作業員とフォークリフトドライバー向けの効率の最適化

倉庫作業員とフォークリフトドライバーは、内部の冷蔵倉庫や温度管理されたエリアから、天候や自然の力にさらされる外部のヤードに至るまで、複数の異なる環境間で商品を集めて移動する必要がある。ZX10のコンパクトでありながら耐久性のある設計と広い動作温度範囲は、損傷や混乱を恐れることなく、これらの環境間をシームレスに移行できることを意味する。さらに、オプションのバーコード/ RFIDリーダーと一連のプログラム可能なボタンにより、数秒でアイテムをすばやく簡単に識別/処理することができる。

Getac Technology CorporationのRick Hwang社長は「Androidの人気が高まるにつれ、過酷な環境や困難な環境で作業している場合でも、Androidが提供する多様性を享受できる耐久力のあるAndroidソリューションを求める組織が増えている。ZX10はまさにそれを実現し、Androidベースのソリューションのラインナップを拡大し、顧客の運用効率最適化を支援すると同時に、極めて重要な総所有コスト目標を達成する」と述べている。

▽販売開始

ZX10は3月に販売が開始される。

▽Getacについて

Getac Technology Corporationは、MiTAC-Synnex Business Groupの傘下企業Getac Holdings Corporation(TWSE:3005)の主要子会社で、2020年の年間売上高は413億米ドル。Getacは防衛用電子機器の提供を行うべく、GE Aerospaceとの合弁企業として1989年に設立された。現在、Getacの事業には防衛、警察、消防、公益事業、自動車、製造、輸送、物流向けの耐久性のあるノートPC、耐久性のあるタブレット、ソフトウエア、モバイルビデオソリューションなどがある。詳細な情報はhttp://www.getac.com を参照。Getac Industryブログに参加するか、LinkedIn、YouTube、Facebook、Twitterで同社のフォローを。

GetacおよびGetacのロゴは、Getac Holdings Corporationないしその関連会社の商標である。その他のブランドまたは商標は、それぞれの所有者に帰属する。(C)2022 Getac Technology Corporation。

ソース: Getac