omniture

Xinhua Silk Road:新エネルギー車産業開発フォーラムが中国東部の安徽省で開幕

Xinhua Silk Road
2021-11-24 16:50 254

【北京2021年11月24日PR Newswire=共同通信JBN】2021年World Manufacturing Convention(世界製造業会議)の並行フォーラムの1つであるForum on the Development of New Energy Vehicle Industry(新エネルギー車産業開発フォーラム)が20日、中国東部・安徽省の省都である合肥で開幕した。

中国東部にある安徽省の省都・合肥で2021年11月20日に新エネルギー車産業開発フォーラムが開幕
中国東部にある安徽省の省都・合肥で2021年11月20日に新エネルギー車産業開発フォーラムが開幕

フォーラムでは専門家と企業の代表がカーボンニュートラルの目標を達成するため、新エネルギー車(NEV)産業の技術的進歩と省エネを加速する取り組みが行われるべきと表明した。

近年、中国の自動車産業は省エネと排出量削減において目覚ましい成果をあげている。2020年時点で、中国のNEVの生産、販売、在庫は6年連続で世界1位になり、2021年第3四半期までにNEVの車両ストックは678万台に達している。

China Federation of Industrial EconomicsのプレジデントであるLi Yizhong氏は、省エネ水準の向上と燃料車の燃料消費量の削減は、近い将来の自動車産業において炭素排出量を削減する上で重要な要素になると述べた。さらに、中長期的に新エネルギー車の開発を促進する取り組みも必要であると付言した。

中国経済情報社(CEIS)のXu Yuchang社長は、気候変動に対処し、環境に配慮した開発を促進し、炭素のピークアウトとニュートラルを達成する上で、中国はNEVの開発を重要な手段としてとらえていると述べた。

China Association of Automobile Manufacturers(CAAM、中国自動車工業協会)のShi Jianhua事務局次長によると、第14次5カ年計画の期間中における新エネルギー車の開発では、市場化が中核要件である。

さらにShi氏によると、中国は2025年までに新エネルギー車の販売が新車の総販売の20%を占めるようになり、2035年までに純粋な電気自動車が新エネルギー車販売の主流になるという目標を基本的に実現することができる。

フォーラムでは、中国のNEV産業の質の高い開発に関する報告がCEISとCAAMから共同発表された。同報告は国内外での現在のNEV産業開発状況を分析し、同産業の質の高い開発を加速すべきとの提言を行っている。

このフォーラムは安徽省人民政府が主催し、安徽省人民政府渉外局とCEISが実施し、China Federation of Industrial Economicsが後援している。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/324969.html 

ソース: Xinhua Silk Road