omniture

オックスフォード大学博物館の革新的なMultaka-Oxford難民プロジェクトにAlwaleed Philanthropiesが100万ポンド寄付

Alwaleed Philanthropies
2021-11-23 20:29 252

ドバイ(アラブ首長国連邦), 2021年11月23日 /PRNewswire/ -- Alwaleed bin Talal Al Saud王子が会長のAlwaleed Philanthropies(アルワリード慈善事業)は、オックスフォードに定住する難民の技能研修と異文化間の理解増進を目指すオックスフォード大学のMultaka-Oxford難民プロジェクトを支援するため100万ポンドを寄付したと発表した。受賞歴のあるMultaka-Oxfordプロジェクトは、多くは移住を余儀なくされたオックスフォードに定住する人々の豊かで多様な知識をオックスフォード大学の2博物館、History of Science Museum(科学史博物館)とPitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)にもたらす。

Innovative Multaka-Oxford refugee project at Oxford University Museums supported by £1m funding from Alwaleed Philanthropies
Innovative Multaka-Oxford refugee project at Oxford University Museums supported by £1m funding from Alwaleed Philanthropies

アラビア語で待ち合わせ場所を意味するMultakaは、2つの大学博物館と収蔵物を待ち合わせ場所に利用してコミュニティを結び付け、芸術、伝説、文化、科学を相互に共有することで文化的理解を深める。Multaka-Oxfordは、200人以上のボランティアが新しい技能を身に付け、ボランティアのツアーガイドを務めることを支援すると同時に、より広い地域社会全体でイスラム芸術・文化の理解を深めることを目指している。このプログラムは、オックスフォードに難民や亡命希望者として定住する人々を支援する地元の地域組織と協力し、History of Science MuseumとPitt Rivers Museumが実施している。Multaka-Oxfordプログラムには地域社会参加イベント、博物館の活性化、会議などの多くのイニシアチブが含まれるほか、異文化理解をさらに深めるためにAlwaleed Philanthropiesの伝統工芸プログラムも紹介する。

新しい5年間のプログラムは、Alwaleed Philanthropies事務局長のLamia bint Majed Saud Al Saud王女、オックスフォード大学副総長のLouise Richardson教授、オックスフォード大学Gardens, Libraries and Museums (GLAM)担当副総長代理のAnne Trefethen教授、History of Science Museum館長のSilke Ackermann博士、Pitt Rivers Museum館長のLaura van Broekhoven博士が出席する調印式で発表された。

プロジェクトは2017年に始まり、両博物館は地元の地域組織と協力して活動している。

オックスフォード大学副総長のLouise Richardson教授は「Alwaleed Philanthropiesの支援はMultaka-Oxfordプロジェクト、博物館チームの事業、多くのボランティアの貢献に対する強く、ありがたい支持である。プロジェクトは大学とボランティアの両方に相互の利益を提供する。Alwaleed Philanthropiesの支援に非常に感謝している」と語った。

Alwaleed Philanthropies事務局長のLamia bint Majed Saud Al Saud王女はプログラムの開始について「Multaka-Oxfordプログラムのさらに5年間の継続を支援することを喜んでいる。難民を歓迎して芸術と文化の力を通じて地元社会への融和に役立つこのプログラムは、社会での異文化理解を強化する強力な役割を果たしている。イスラム芸術は誤解されることが多い私たちの遺産を物語り、Multaka-Oxfordプログラムはこうした隔たりを埋め、博物館の収蔵物に命を吹き込む。このパートナーシップは社会開発の強化における芸術の力と創造的産業の役割の真の証しである。このプロジェクトは、われわれが支援を誇りとするベルリンのペルガモン博物館で成功したMultakaプログラムを再現している。実りあるパートナーシップを楽しみにしている」とコメントした。

Alwaleed Philanthropiesの資金提供により、両博物館はオックスフォードシャー全体から200人の新たなボランティアチームを募集、訓練、支援し、History of Science Museumのイスラム世界の科学機器や、Pitt Rivers MuseumのPhotographic and Sound Collections(写真・音響コレクション)の織物、事物、資料など、さまざまな収蔵物を扱えるようにできる。ボランティアはこれらの収蔵物に多様な視点をもたらし、博物館内やより広い社会で共有し、特に青少年を引き付けることに焦点を当てる。ボランティアは博物館のスタッフとともに、博物館のオンラインと生のイベントを共同で生み出し、イスラム世界の工芸品を共有する展示を共同で選定し、ツアーの主導、事物を扱う活動の開催なども行う。

www.glam.ox.ac.uk  

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1694201/Alwaleed_Philanthropies_Oxford_Uni.jpg?p=medium600

 

ソース: Alwaleed Philanthropies