omniture

GACグループが第11回マカオ・オートショーに出展、最初のマカオショールームをオープン

GAC MOTOR
2021-11-15 23:38 462

【広州(中国)2021年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】2021年11月12日、2021年China (Macau) International Automobile Exposition(中国(マカオ)国際自動車博覧会、以下「マカオ・オートショー」)がVenetian Macao Convention and Exhibition Centerで開催された。GACグループは、EMPOW、M8 Master、第2世代GS8を展示会にもたらし、AION V Plus、AION S Plus、AION Yの3つの新エネルギーモデルを発表した。GS3の最初の右ハンドルモデルもグローバルデビューした。GACグループは同日、マカオ初のショールームのオープニングセレモニーを開催し、ブランドのマカオ市場参入を正式に発表した。

マカオ・オートショーに出展したGACグループ
マカオ・オートショーに出展したGACグループ

このオートショーではGACグループ初の右ハンドルGS3がデビューし、多くの来場者の注目を集めた。GAC MOTOR M8マスター、EMPOW、GA8、新しいGS8、2022 GS4などの人気モデルも同じステージに展示された。将来的には、GS3はASEAN市場でのGACの足場を拡大し、ブランドが現地の需要に基づいて、より多くの右ハンドルモデルを開発し発売できるようにする。

マカオ・オートショーのテーマとして明言された「インテリジェントオートショー」と「ゼロカーボン都市の構築」に沿って、GACグループは環境に優しい移動と未来のイノベーションのコンセプトを中心とした展示会を構築し、GAC AIONによってつくられた3つの新エネルギーモデルを披露した。 AION V Plusは、わずか5分の充電で112kmの航続距離を実現する超高速バッテリー技術を搭載した電気SUVである。AION S Plusは、独自の合理化された設計とインテリジェントで相互接続された運転エコシステムを備えた、洗練された電気セダンである。AION Yは、AIONの最新の革新的なテクノロジーを統合し、特に若いZ世代ドライバーのニーズである、心地よい外観、広々としたインテリア、優れたインテリジェンス、高水準の安全性を満たすように設計されている。

マカオ・オートショーの初日、GACの最初のマカオショールームも正式に公開され、独立ブランドとしてのGACのマカオ市場への参入が発表された。このショールームは、マカオ市場への直接販売およびサービスの窓口として、また、GAC MOTOR M8 Master、右ハンドルのGS3、新エネルギー車のAION LX、AION Yを紹介する場として機能する。

今後、GACグループは、電化、相互接続、デジタル化、共同輸送、国際化の5つの側面に重点を置き、独立したイノベーション能力を向上させ、高品質の開発を実現し、価値のある優れた技術革新を創出する。

ソース:GAC MOTOR

ソース: GAC MOTOR