omniture

European Wellnessは、ドイツのハイデルベルク大学と共同でペプチドの有効性研究・細胞療法研究を実施

European Wellness Biomedical Group
2021-11-01 10:34 490

【フランクフルト(ドイツ)2021年11月1日PR Newswire】European Wellness Biomedical Group (EWG)の教育部門European Wellness Academy(EWA)は、ハツカネズミの早期老化モデルの若返りに対するペプチド、細胞治療、エクソソーム、細胞再プログラミングの有効性に関する共同科学研究を実施する契約に調印した。

EWAはグループ会長のMike Chan教授博士、ハイデルベルク大学はKatrin Erk商業マネジングディレクターと同大解剖学・細胞生物学III研究所長のThomas Skutella教授博士がそれぞれ代表した。

研究に使用される最先端の治療法は、前駆幹細胞(PSC)、前区細胞(Frozen Organo Cryogenics(FOC))、ミトオルガネラ(MO)、ナノオルガノペプチド(NOP)、エクソソームなどである。

研究には、疾病の発症と進行に寄与することが知られている体細胞の老化と細胞老化に対する商品の効果に焦点を当てた体外(in vitro)実験が含まれる。調査対象のエクソソームは神経幹細胞(NSC)、間葉系幹細胞(MSC)、心筋細胞、腎臓前駆細胞、肝細胞などである。

EWAとハイデルベルク大学は、治療薬の安全性と有効性の両方を実証するために生体内(in vivo)実験も実施する。これにより、アルツハイマー / 認知症を含む神経変性症の寿命、病理組織学的および分子的基準、および免疫系、皮膚、心臓、肺、腎臓、肝臓、胃/腸/消化管、目、筋ジストロフィーに影響を及ぼすものを含むシステム変性障害に記録する。

他の基準は、膝/関節/腰を含む軟骨/関節/骨再生、頸部、胸部、腰椎、骨盤、筋骨格の障害、および睡眠覚醒サイクルにおけるホルモンおよびその他の活動パターンの過剰および不足による内分泌障害などの内分泌障害がある。

現在進行中の特別設計研究は、世界的に有名な研究大学、ドイツでトップ3である、ハイデルベルク大学のThomas Skutella教授博士、EWGのMike Chan教授博士と科学者らによってコーディネートそして設計されている。

▽European Wellness Academyについて

EWAはドイツ、スイス、ギリシャ、マレーシアに位置し、英国のCPD(継続的職能開発)認定機関で、専門家や研究者のための最先端のバイオ再生医療モダリティを中心とするプレミアムトレーニングおよび開発の部門を備えている。アカデミーには、長年にわたる臨床経験と、多くの国際的な提携と認定を受けた有資格の臨床医と科学者で構成される中核的な学術チームがある。

https://ewacademy.eu
https://european-wellness.eu/ 

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: European Wellness Biomedical Group