omniture

JAソーラーがBNEFの2021年PVモジュール融資適格性調査で再び100%「バンカブル」に認定

JA Solar Technology Co., Ltd.
2021-10-22 13:21 588

【北京2021年10月22日PR Newswire=共同通信JBN】BloombergNEF(BNEF)2021年PVモジュールのバンカビリティー(融資適格性)調査の結果が最近発表され、JAソーラー(JA Solar)のバンカビリティーはBNEFの100%の推奨インデックスにより認定され、どうお社が財務の安定性と評判の点でPVモジュールメーカーのトップティアにあることが再び示された。

モジュールメーカーのバンカビリティーに関するBNEFの評価は、銀行、ファンド、ソーラーエンジニアリング請負業者、独立系発電事業者、およびテクニカルアドバイザーを対象とする世界規模の調査を行った後の、実績、財務安定性、モジュール技術の分析に基づいたものである。

グローバルなタームローン融資プロジェクトに関するBNEFのデータによると、2019年8月以降、JAソーラーのモジュール供給が最も高い割合を占めており、JAソーラーの極めて高いバンカビリティーがPV市場全体に認められていることを示す。

調査結果には、独立したサードパーティのテストラボであるPV Evolution Labs(PVEL)と、米国の権威あるテスト機関であるRenewable Energy Test Center(RETC)から提供されたモジュール試験データも統合されている。

PVELの2021年度版 PV Module Reliability Scorecard (PVモジュール信頼性スコアカード)によると、JAソーラーは6回目の「トップパフォーマー」として認定された。2021年スコアカードは、18カ月間続くテスト結果の詳細な要約である。PV module Product Qualification Program(PVモジュール製品認定プログラム、PQP)には、熱サイクル(TC600)、高温高湿(DH2000)、電位誘起出力低下(PID192)、光誘起劣化(LID)、高温光誘起劣化(LeTID)などに関する試験と分析が含まれる。ほとんどの標準試験と比較して、PQPは条件とシーケンスの両方の点でより厳格であり、したがって、得られる結果は、実際のモジュールアプリケーションシナリオにとってより詳細かつ重要である。PVELから「トップパフォーマー」に選ばれたことは、JAソーラーのPV製品の品質と優れた性能が高く評価されていることを示す。

RETCの2021年PV Module Index Report(PVモジュールインデックスリポート、PVMI)で、JAソーラーは、モジュールの品質、信頼性、および性能における優れたパフォーマンスで「Overall High Achiever(全体的な優れた達成者)」に認定されている。2021 PVMIリポートは、高温高湿(DH2000)、動的機械荷重(DML)、ソーラーモジュール効率、PTC対STC比、PANファイルテスト、光誘起劣化(LID)、高温光誘起劣化(LeTID)、スレッシャーテストなど12カ月以上に及ぶテストの結果を要約している。各テストは、実際のアプリケーションシナリオにおけるモジュールの信頼性に関して強力な参照上の重要性を保持する。「Overall High Achiever」の栄誉を連続して獲得することは、効率、信頼性、発電能力におけるJAソーラーモジュールの性能の優位性をさらに確認し、「顧客志向の、最適な均等化発電コスト(LCOE)を実現するための」モジュール設計のマインドセットを十二分に反映する。

JAソーラーは、高効率PV技術の開発と適用の促進と、全世界の顧客への高品質な製品とサービスの提供に常に取り組んでおり、世界市場で高い評価を得ている。世界出荷台数が数年連続でトップ3にランクインしているJAソーラーは、欧州、中東、北アフリカ、オーストラリア、ベトナムの各市場で「Top Brand PV Seal」を受賞している。

ソース:JA Solar Technology Co., Ltd.

ソース: JA Solar Technology Co., Ltd.
Related Links: