omniture

GWM Coffee Intelligence 2.0のアップグレードは、より使いやすいインテリジェント体験をユーザーに提供

GWM
2021-10-15 15:46 659

【保定(中国2021年10月15日PR Newswire=共同通信JBN)】このほど、アップグレードされたGWM Coffee Intelligence 2.0が正式に発表され、多くのメディアとユーザーからの注目を集めた。

Coffee Intelligence 2.0はまったく新しい電子・電気アーキテクチャーおよびインテリジェント・ドライブ・バイ・ワイヤーシャシーを導入した。また、インテリジェントコックピット、インテリジェントドライビング、インテリジェントサービスもアップグレードされ、より人間味のあるインテリジェント体験をユーザーにもたらすことが可能になった。

アップグレードを受けたGWM Coffee Intelligence 2.0が発表された
アップグレードを受けたGWM Coffee Intelligence 2.0が発表された

このアップグレードの核となるのは電子・電気アーキテクチャーならびにインテリジェント・ドライブ・バイ・ワイヤーシャシーである。アーキテクチャーがこうしたアップグレードを受けたことで、より高度なインテリジェント機能が実現する。インテリジェントなドライブ・バイ・ワイヤーシャシーは、レベル4(L4)およびさらに高いレベルの自動運転要件に適合するためにアップグレードされた。

こうした改善をベースに、車は全速走行領域におけるクルーズアシスト、渋滞アシスト、ワンボタンスタートの完全自動パーキング、その他のインテリジェント機能を実現することができる。とりわけ、ワンボタンスタートの完全自動パーキングは、ユーザーが狭い駐車スペースに対処する際に、このワンボタン自動パーキング機能をスタートすることで、車は経路のプランニングを行い、ハンドル操作、ギアシフト、ブレーキ、加速/減速などの操作を自動的に完了する。この機能は、駐車スペースにバックで侵入するといったさまざまな駐車の問題を解決する上で大きなユーザー支援となる。

Coffee Intelligence 2.0プラットフォームはCoffee IntelligenceコックピットシステムのGC-OSも初めて発表した。AIをベースにした速度認識アシスト、車両の遠隔制御、クラウドベースの遠隔アップグレードといった機能を最適化することにより、このシステムは運転前、運転中、運転後に人間とコンピューターのインタラクションを実現することができる。エアコン温度の調整、サンルーフ開閉などの機能は音声コマンドによって可能である。ナビゲーションの際にユーザーは音声コマンドを使って地図を制御し、経路のポイントを設定することもできるので、手動による不要な操作が削減されて運転の安全性がさらに高まる。

驚くべきことに、GC-OSシステムはインテリジェント・ソーシャルコンタクト、インテリジェント・カーメンテナンス、デジタルライフ、そして自動車と自宅の接続といった40を超えるシナリオベースのインテリジェントサービスをユーザーに提供できる。

新サービスである「自動車と自宅の接続」により、ユーザーは音声アシストや中央制御スクリーンを通して、エアコン、空気清浄機、掃除ロボットなどの自宅のインテリジェント機器をリアルタイムで制御できる。ユーザーは車を運転してオフィスから帰宅する途中で、音声コマンドを使って自宅のエアコン温度や空気清浄機をセットできるので、帰宅すると温かな雰囲気を味わえる。こうしたスマートサービスは、これまでよりずっと便利な生活をユーザーにもたらす。

第24回成都モーターショーにおいて8月29日に登場したHAVAL H6SはGC-OSシステムを搭載している。HAVAL H6Sは、そのインテリジェントな優位性によってユーザーの期待を大きく高めた。

アップグレードされたCoffee Intelligence 2.0プラットフォームは、インテリジェンスをベースにした競争の時代でのGWMの技術的な強さを示している。さらに期待できることとしては、より多くの新車種にこの技術が導入される可能性があることだ。これにより、さらに進んだ科学的、技術的、そして人間味のある体験を全世界のすべてのユーザーが享受するだろう。

ソース:GWM

ソース: GWM