omniture

ヨーロッパのリーディングプレーヤーであるIN Groupeは、市民IDのデジタルトランスフォーメーションおよび企業資産のサポートにおいて、信頼性の担保となる確かなパートナーです。

Datakalab
2021-10-14 22:18 463

ヨーロッパのリーディングプレーヤーであるIN Groupeは、市民IDのデジタルトランスフォーメーションおよび企業資産のサポートにおいて、信頼性の担保となる確かなパートナーです。

多くの国にとっての主要課題である、シームレスで、迅速かつ安全な出入国手続き

各国は、出入国管理における要件を継続的に強化しており、これはとりわけ新たな規制の導入という形で行われています。出入国手続きでは、高い安全性と、シームレスかつ迅速なプロセスとの両立が求められます。

ヨーロッパにおいては、これは、シェンゲンエリア内を移動する人びとの管理として行われることとなります。これらの移動者の中には、EU市民も域外市民も含まれるほか、査証保持者もそうでない人びとも含まれています。

このため、物理的なIDとデジタルID双方に対応する、実効的かつ長期的なソリューションをいち早く準備し、提供することが重要となります。また、この際、国の主権の保護をはじめ、関連する問題が満たすべき条件の確保も必要です。

IN GroupeとDakatalabが示す、出入国手続きの効率化への道筋

出入国手続きをよりスムーズにするということは、ヨーロッパ域内ではすでによく見かけるものとなったParafeシステムのような、出入国審査自動化設備の使用を促進することにほかなりません。

主権行使における各国の確かなパートナーであるIN Groupeは、自動化出入国審査のための、ユニークかつインテリジェントな技術ソリューションの開発に取り組むべく、フランスのスタートアップであるDatakalabと連携を行っています。両社は、それぞれが持つ技術を、立ち入り人数チェック設備の開発に結集させる予定です。同設備は、自動化ゲート(eゲート)内への実際の立ち入り人数が1名のみであることを確認するためのもので、チェックポイント通過にあたってのロック機能も搭載されます。これまでのところ、ソリューションではセンサーが用いられていましたが、これはすでに、新たな要求のレベルに答えることができなくなっていました。IN GroupeとDakatalabはこの提携により、より高レベルの管理の実現を可能にするための技術を備えた、より安全かつシンプルで、柔軟なソリューションを提供していく予定です。

出入国手続きの合理化のためのツール、人工知能

IN GroupeとDakatalabは、人工知能をベースとしたソリューションの開発に成功しました。このイノベーションは、立ち入り人数が1名のシステムで違反があった場合の検知を行うもので、ローカルのニューラルネットワークで画像解析が可能となる最先端のコンピューティング技術を用いています。

結果は、単独通過検知に基づいた従来の方法と比較した際、大幅に高い性能レベルを示しています。さらに、設備は、ビルトインの反復学習メカニズムにより効率性とスマートさをさらに高めていくよう設計されています。同技術は、現行の規制(GDPR等)に準拠しているだけでなく、今後の展開に対しても、変わらぬ柔軟性を持ちながら適応が可能です。

communication@ingroupe.community

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1657335/IN_Groupe_Datakalab_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース:
IN Groupe
Datakalab
Related Links: