omniture

BIORCHESTRAがModernaやAkcea(Ionis)のCMOを歴任した製薬のベテラン「Louis St. L. O'Dea博士」をCMOに

BIORCHESTRA Co., Ltd.
2021-10-08 17:08 1960

【ボストン2021年9月24日PR Newswire=共同通信JBN】BIORCHESTRAは、RNAベースの治療法を活用した神経変性疾患の新規標的の同定に注力しているバイオテクノロジー企業である。これらの新規標的にアクセスするため、BIORCHESTRAは、治療効果を発揮するのに十分な量のRNAベースの薬剤を血液脳関門を越えて送達する独自のナノ粒子製法も開発した。さらに、神経炎症および神経変性のマーカーを検出、定量化する同社独自のエクソソームベースの診断は、患者の選択や治療のモニタリングを容易にしてくれる。

 

Louis St. L. O'Dea博士
Louis St. L. O'Dea博士

非臨床モデルでは、BIORCHESTRAが標的とする神経炎症および神経変性の経路の妥当性が確認されており、げっ歯類や霊長類、ALSやアルツハイマー病の疾患モデルにおいて独自の薬剤BMD-001の脳深部への送達も確認されている。

BIORCHESTRAは最近、ジョンソン・エンド・ジョンソンが2021年6月に開催した「Innovation QuickFire Challenge in Neuroscience」で、その成果が認められた。(出典1) (出典2)

BIORCHESTRAは、研究開発プログラムの成功を受け、国際的拡大と臨床開発への参入を見越して、2021年9月にLouis St.L. O'Dea博士を初代最高医療責任者(CMO)に任命した。Branden Ryu最高経営責任者(CEO)は「O'Dea博士は、Moderna(モデルナ)、Akcea、Serono(セローノ)、Radiusにおいて、sNDAやANDAをはじめとする14の医薬品、開発プログラム、規制当局との折衝、医薬品の認可などを成功に導いてきた。博士は、医薬品開発、試験のデザインと実施、薬事規制、RNAのあらゆる局面の専門知識と経験を有しており、BIORCHESTRAには最適任だ。O'Dea博士のような素晴らしい専門家と共に新薬の開発ができるのは何よりうれしい。O'Dea博士は、神経変性疾患およびmRNAワクチンの臨床研究、臨床操作および臨床薬理学、データ管理、統計、安全性/医薬品安全性監視の全体的な戦略的方向性、計画、実行および解釈において重要な役割を果たしていく。これは当社にとって、ModernaやIonis(Akcea)のような偉大なバイオテクノロジー企業がどのように成長し、困難を克服し、製品を開発してきたかを学ぶ絶好の機会となるだろう。私は、O'Dea博士と緊密に協力していく」と語った。O'Dea博士は、上記の責務に加えて、2021年9月にBIORCHESTRAの取締役会に加わり、BIORCHESTRAの北米子会社の社長にも就任する。

O'Dea博士は「私は、革新的な基礎科学、致命的な神経変性疾患に取り組むBIORCHESTRAの活動の高い社会的価値、そして社員の質と責任感を踏まえてBIORCHESTRA入りを決めた。だからこそ、BIORCHESTRA入りのために7000マイル以上も離れた韓国の大田まで行くことを決めた。患者に命を救う治療薬を届けるために、この組織の次の成長段階の舵取りをできるのは光栄だ。われわれは、ボストンと大田で最高の人材を得て、BIORCHESTRAの科学綱領にある公約を実現していく」と語った。

Louis St.L. O'Dea博士(MB, BCh, BAO, FRCP)は、Serono、Moderna、Akcea(Ionis)、Radius、Oxford Immunotecなどのグローバルな製薬会社で28年間、CMOを務めてきた。博士は、米国、欧州、カナダ、日本において、NCE、sNDA、ANDAを含む14件のNDA登録、5件の希少疾病用医薬品指定、1件の医療機器認可を成功させてきた。また、数多くの新薬開発経験から、RNA(オリゴヌクレオチド)、タンパク質、ペプチド、低分子、投与経路などの専門知識を有している。O'Dea博士はModernaのCMO兼薬事部長当時、米国防高等研究計画局(DARPA)から研究資金を集めてmRNAワクチンプログラムを開始したり、アストラゼネカやAlexion(アレクシオン)から多額の投資を引き出した経営陣の一員だった。

Akcea Therapeutics(Ionisの子会社で、オリゴヌクレオチド・プラットフォームを使用した希少疾患の治療法を開発した)でO'Dea博士はCMO兼副社長を務め、欧州で「WAYLIVRA(R)(volanesorsen)」を登録した。Akceaの経営陣は、ノバルティス( 10億ドル以上)やファイザー(10億ドル以上)とのライセンス契約締結にも成功、2017年にAkcea TherapeuticsをNASDAQに上場させた。

O'Dea博士は、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン医学部を卒業、マギル大学医学部提携病院、ハーバード大学医学部附属マサチューセッツ総合病院で博士課程修了後の研究を行い、産業界入り前はマギル大学医学部に所属していた。これまでに36本の論文を発表、本の11章を共同執筆し、100以上の要約を発表、3件の特許を出願している。また、米食品医薬品局(FDA)だけでなく、欧州医薬品庁(EMA)、日本、アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、カナダ、英国、フランス、ドイツ、アイルランド、オランダ、スウェーデンでの臨床試験や薬事交渉・会議でも豊富な経験がある。

(出典1) https://jlabs.jnjinnovation.com/news/biorchestra-named-awardee-in-nyc-innovation-quickfire-challenge-on-neuroscience 

(出典2) https://jlabs.jnjinnovation.com/quickfire-challenges/nyc-innovation-quickfire-challenge-neuroscience 

ソース: BIORCHESTRA Co., Ltd.