omniture

DESTENがインドネシア市場向けに世界初のEV超高速充電技術を発表

DESTEN Group
2021-10-05 20:47 900

【ジャカルタ(インドネシア)2021年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】超高速充電バッテリーパックとソリューションのプロバイダーであるDESTENは、世界初の超高速充電ソリューションとともに、0%から80%の充電状態まで4分40秒で充電できるDESTEN設計・製造の電気自動車を発表した。

 

DESTENがインドネシア市場向けの世界初のEV超高速充電テクノロジーを発表
DESTENがインドネシア市場向けの世界初のEV超高速充電テクノロジーを発表

 

DESTENがインドネシア市場向けの世界初のEV超高速充電テクノロジーを発表
DESTENがインドネシア市場向けの世界初のEV超高速充電テクノロジーを発表

この画期的なテクノロジーの展示は今週、ジャカルタで世界に初登場する。その後、DESTENはアジア、中東、欧州、北米で始まる世界での説明会でこれらのイノベーションを展示する計画である。

DESTENの超高速充電器は900kWの電力がパックされ、500キロの走行距離を達成するためにDESTENバッテリー駆動の自動車を5分以内に充電することが可能である。

▽電気自動車の導入

超高速充電テクノロジーの発表は、電気自動車導入の主要な課題を克服することを目指し、ドライバーの走行距離と充電の不安に対処する。DESTENの超高速充電ソリューションは、ドライバーが従来の内燃機関エンジン自動車への給油と同じくらい迅速に電気自動車を充電することを可能にする。

DESTENの超高速充電は、都市部や過密地帯で電気自動車のドライバーが利用しやすくするだけでなく、EV充電の需要にサービスを提供するために必要とされる充電システムの総数を減らすことができる。

DESTEN GroupのSiamak Kia最高経営責任者(CEO)は「5分間充電は電気自動車の魅力を現在よりも大幅に高めることになり、われわれは運転の行動パターンを変える必要がなくなり、一般利用可能なガソリンスタンドと同じインフラストラクチャーを活用できる。近いうちに、DESTENバッテリーを内蔵した電気自動車を購入することが可能になり、充電ステーションで自動車に充電するために内燃機関の自動車に給油する時間よりも長く待つ必要は亡くなる」と語った。

▽革新的なバッテリーテクノロジー

DESTENの超高速充電能力は、特設の製造ラインで生産された新しい化学成分を特徴とする材料と電池構造の画期的な発見の成果である。この電池セルは、業界トップの3000回の充電と150万キロの総走行距離を実現できる。

高速充電は通常、高レベルのバッテリー内部の発熱を伴う。超高速な充電スピードにもかかわらず、DESTENバッテリーは高度な熱安定性を保ち、充電中でも低温のままである。このバッテリーは、充電中に外部温度を上回る温度上昇を15℃未満に保つことが外部のテスト組織によって認定されてもいる。

他のバッテリーとは異なり、DESTENバッテリーセルは水冷を必要としない。これによって、コストとバッテリー冷却システムの重量を減らすことができ、エネルギーとコストを節約できる。

DESTENの超高速充電バッテリーセルは、大幅向上した駆動からのエネルギー回収も可能にする。これは、コストが低い電気自動車向けにさらに小型のバッテリーパックを設計する機会をもたらし、EVをより手ごろな価格にする。

国連安全基準38.3の認定を受けたこのバッテリーは、すべての安全テストをパスし、自動車グレードのバッテリーソリューション向けの最適なテクノロジーになっている。

▽環境により優しい

DESTENは同社の環境に優しいバッテリーテクノロジーが気候変動の闘いにプラスの貢献ができると確信しており、特に環境はその分野である。

DESTENのバッテリーセルテクノロジーは再生エネルギー資源から主に生産されており、炭素排出量はより小さくなる。

Kia氏は「当社のバッテリーは一般の電気自動車バッテリーよりもさらに長い耐久力があり、当社のテクノロジーは環境により優しく、より持続可能である。電気自動車の寿命が尽きれば、当社のバッテリーはさまざまなアプリケーション向けのエネルギーストレージシステムに使用可能であり、その有用寿命は伸びる」と語った。

▽未来の都市

DESTENのテクノロジーは、未来都市のための「スマートグリッド」インフラストラクチャー向けの高度なソリューションを提供する。

これらのソリューションは、周波数調整や走行する電気自動車の急増によって生じるエネルギー需要の高まりの解消など、ネルギーの伝送・管理の主要な課題に対処する。DESTENの蓄電ソリューションは、遠隔地のコミュニティーや給電網がない工場用地のために電力へのアクセスも提供する。

Kia氏は「DESTENとインドネシア政府は、モビリティーを電動化し、より持続可能なエネルギープロジェクトを既存グリッドに統合するという共通目標を持っている。インドネシアにおける再生可能エネルギーへの移行と、バッテリーのバリューチェーン全体の発展による莫大な経済的可能性によって、インドネシアはエネルギーイノベーションの世界ハブとして、また国際的な持続可能性運動のリーダーの1国としての地位を固めることになる」と語った。

DESTENの革新的なテクノロジーによって、地方政府、産業、学術機関は、DESTENと提携してイノベーションを推進し、電気自動車向けの超高速充電ソリューションおよびバッテリーパックをインドネシアや世界市場に提供できる。

詳細はウェブサイトwww.Desten.com を参照。

ソース:DESTEN Group

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=402977
写真説明:DESTENがインドネシア市場向けの世界初のEV超高速充電テクノロジーを発表

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=402979
写真説明:DESTENがインドネシア市場向けの世界初のEV超高速充電テクノロジーを発表

ソース: DESTEN Group
Related Links: