omniture

マイクロソフトとAt-Bayが提携し、データ駆動型サイバー保険カバレッジを提供

At-Bay
2021-10-05 10:25 601

【レドモンド(米ワシントン州)2021年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】

*Microsoft 365内蔵のセキュリティーコントロールによってサイバーリスクを管理する顧客は、At-Bayの保険契約で割引を受ける資格がある

マイクロソフト(Microsoft Corp.)は29日、保険業界がマイクロソフトのセキュリティーソリューションに裏打ちされた高品質でデータ駆動型のサイバー保険製品を開発することを支援する新しい複数年コミットメントを発表した。リスク管理はすべての企業にとって極めて重要な経営目標である。しかし、最善のサイバーセキュリティー技術とベストプラクティスを採用しても、企業は急速に進化している脅威の環境に悪用されるアプリやその他のプロダクティビティープラットフォームの一貫性のない管理に起因する残存リスクに直面する可能性がある。このすき間を埋めるため、保険プロバイダーはデータ漏洩やランサムウエア攻撃の影響緩和に役立つ保険の提供を始めている。

この新しい保険分野は急拡大しているものの、保険会社がサイバーリスクを軽減するために必要なダイナミックでリアルタイムのデータを取得し、それを利用するために努める際に不確実性が必ず伴うものである。その間にランサムウエアのような脅威が増大し、緊急性が高まっている。

すべての規模の企業でマイクロソフトのソリューションを幅広く導入することを念頭に置き、マイクロソフトは保険会社と協力しデータ可視性を高めコントロールを標準化することで、顧客のサイバーセキュリティーのニーズに応え、保険会社自体の危険負担を軽減している。保険会社、代理店、再保険会社、ブローカーはそれぞれの保険契約者のサイバーセキュリティー脅威を理解し、それを評価することが求められている。

こうした複雑性があるので、保険会社は新規保険を引き受けるために、企業のセキュリティー環境およびハイジーンへの可視性の増大に努めている。これに応えるため、マイクロソフトは主要な保険パートナーと協力し、顧客がMicrosoft 365(Microsoft 365 )やマイクロソフトのセキュリティーソリューションを通じて、 Security Posture(セキュリティーポスチャー)情報を安全に共有することを可能にする革新的なデータ駆動型サイバー保険製品を提供している。対象となる企業のテクノロジー環境に関するすべてのデータおよびディテールは、その顧客によって全面的に所有されコントロールされるが、顧客は拡大した補償範囲、より競争的な保険料などのメリットを受け取るために、それらをプロバイダーとセキュアに共有するかを選択できる。このモデルは、顧客がサイバーセキュリティーのベストプラクティスを導入すれば実質貯蓄を顧客に提供するとともに、顧客を漏洩から積極的に防御するために必要な情報を保険会社に提供する。

▽At-Bayとのパートナーシップ

マイクロソフトは30日、画期的なサイバー保険会社のAt-Bay(At-Bay )と、このイニシアチブの下でのパートナーシップを発表した。リスク管理への最新のアプローチを通じて、At-Bayは保険契約するあらゆる企業のサイバーリスクを評価し、顧客がSecurity Postureを向上させる方法に関する実行可能なインサイトを提供する。向上された保険契約条件と料金を伴うセキュリティーコントロールの実装を奨励することで、At-Bayのポートフォリオ企業のセキュリティー全体を強化してきた。At-Bayによると、同社の保険契約者はランサムウエアのインシデントが業界平均の7分の1だった(seven times less likely to experience a ransomware incident )。

10月1日から、Microsoft 365を使用する米国の企業は、多要素認証(multifactor authentication )や、Office 365向けのMicrosoft Defender(Microsoft Defender )を含む特定のセキュリティーコントロールおよびソリューションを実装すればAt-Bayサイバー保険契約料金の割引を受ける資格がある。マイクロソフトはAt-Bayと積極的に協力し、顧客のデジタルリスクエクスポージャーを改善し脆弱性に積極的に対処するさらなる方法も見つけ出す。このオファーはAt-Bayのブローカーコミュニティーで入手でき、Microsoft 365のすべてのバージョンを使用する顧客が利用可能である。

関心のある企業は保険代理店とコンタクトを取り、開始することができる。これらのセキュリティーコントロールに加え、割引率はそれぞれの企業の損失履歴および個別のリスクプロファイルによって決まる。

At-BayのRotem Iram共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は「保険契約は、企業の財務リスクに与えるサイバーセキュリティー選択の影響を明確にする効果的なツールである。より強力なコントロールを実装する企業に対しより優れた価格を提供することによって、われわれは、なにがセキュリティーにおいて重要であり、どのようにしてリスクを最大限軽減できるかを企業が理解することを支援している。マイクロソフトと協力することで、われわれはMicrosoft 365に組み込まれた強力なセキュリティーコントロールについて顧客を教育し、これらのコントロールを導入した顧客に見返りを提供することができる」と語った。

マイクロソフトのセキュリティー・コンプライアンス&アイデンティティー(SCI)ビジネスデベロップメント担当のコーポレートバイスプレジデントであるAnn Johnson氏は「サイバー保険がリスク管理全体で有意義な役割を果たすために、バイヤーとセラーはデータの恩恵と、保険の対象、およびリスクエクスポージャーを最小化させる、あるいは拡大させる要因を明確に視認する可視性を必要としている。At-Bayとのマイクロソフトのパートナーシップは、市場に重要な透明性と意思決定支援を提供し、世界中の組織は、セキュリティーおよび生産性を向上させるクラウドアプリケーションに対するより強力な集中型の可視性とコントロールによって、ハイブリッドなワークフォースを支援する包括的な方法を求めている」と語った。

マイクロソフトとAt-Bayのパートナーシップに関するより詳細なインサイトについては、ラスベガスで10月4日から6日まで開催されるInsureTech Connect(ITC)(https://vegas.insuretechconnect.com/ )で、米太平洋夏時間10月6日午後2時から行われるプレゼンテーション「Better Together: Microsoft and At-Bay Team Up to Help SMBs Proactively Manage Cyber-Risk」に参加していただきたい。

▽マイクロソフトについて

マイクロソフト(Nasdaq "MSFT" @microsoft)は、インテリジェントクラウドとインテリジェントエッジの時代に向けたデジタルトランスフォーメーションを実現する。その使命は、地球上のあらゆる人々、あらゆる組織がより多くを達成するよう支援することである。

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/24227/Microsoft_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Microsoft Corp.
Related Stocks:
NASDAQ:MSFT
Related Links: