omniture

グッゲンハイム•アブダビ、2025年までの完成を予定

DCT Abu Dhabi and Guggenheim
2021-09-29 14:01 960
  • アブダビに世界の近現代美術の美術館を設立
  • 首長国を文化と創造の中心地へと変革し、経済の多様性を促進するアブダビの計画
  • アブダビ文化観光局とthe Solomon R. Guggenheim Foundation (ソロモン・R.・グッゲンハイム財団)の協力により、アブダビの文化的ビジョンが前進
  • グッゲンハイム・アブダビは文化交流を促進し、西アジア、北アフリカ、南アジア (WANASA) を中心としたグローバルコレクションを発表
  • Frank Gehry氏の設計によるグッゲンハイム・アブダビ美術館建設を請け負う企業を10億米ドルの契約額で任命

アブダビ、アラブ首長国連邦(UAE)、

2021年9月29日

/PRNewswire/ -- アブダビ文化観光局(DCTアブダビ)は、グッゲンハイム・アブダビが2025年の完成に向けて順調に進んでいることを発表しました。

GUGGENHEIM ABU DHABI SET FOR COMPLETION BY 2025
GUGGENHEIM ABU DHABI SET FOR COMPLETION BY 2025

グッゲンハイム・アブダビは、アブダビの文化施設コミュニティの一部となる予定で、Solomon R. Guggenheim Foundation (ソロモン・R.・グッゲンハイム財団) の国際的な美術館群の最新施設です。グッゲンハイム・アブダビは、世界の近現代アートとプログラムに特化した同地域の傑出した美術館になります。 

グッゲンハイム・アブダビは、芸術の歴史に関する幅広い視点に寄与し、これを刺激することを使命として、文化交流を促進します。グッゲンハイム・アブダビは、西アジア、北アフリカ、南アジア (WANASA) に特に焦点を当てたグローバルコレクションを発表します。芸術に関するさまざまな視点が、現代の相互に関連する歴史と文化をどう形作ってきたのか、理解を深めるのが狙いです。首長国と地域のプロフェッショナルが美術館のコレクションとプログラム開発において重要な役割を果たしています。グッゲンハイム・アブダビは、UAEと湾岸地域、WANASA地域、そして世界のアーティストに初めてのプラットフォームを提供し、委嘱作品を作成、世界の視聴者と交流します。

アブダビ観光局のH.E.Mohamed Khalifa Al Mubarak局長は以下のように述べています。「グッゲンハイム・アブダビは、芸術と文化のダイナミックな中心地としてのアブダビの地位を高めます。グッゲンハイム・アブダビは、この地域の卓越した近現代美術のための美術館であり、世界の芸術のために公平なプラットフォームを提供します。同美術館はまた、グローバルな近現代アートへの幅広い関心を呼び起こし、多様性と有意義な文化交流を促すという使命を通じ市政としての役割を果たします。計画を進めるにあたり、首長国の文化とクリエイティブ産業に対するビジョンを実現する上で、本博物館の影響を認識することが重要です。これらの産業への投資は、首長国の経済発展と世界の芸術界への貢献にとって極めて重要です。グッゲンハイム・アブダビは、ルーブル・アブダビやザイード国立博物館などの他の文化施設とともに、クリエイティブシーンに大きく貢献することは間違いありません。」

グッゲンハイム・アブダビは、Solomon R. Guggenheim Foundation (ソロモン・R.・グッゲンハイム財団)の協力の下、アブダビ観光局によって設立および開発されています。この美術館は、Frank Lloyd Wright氏が設計したニューヨークのグッゲンハイム美術館、プリツカー賞を受賞した建築家Frank Gehry氏が設計したビルバオ・グッゲンハイム美術館、ヴェネツィアのヴェニエール・デイ・レオーニ館内にあるペギー・グッゲンハイム・コレクションなどSolomon R. Guggenheim Foundation(ソロモン・R.・グッゲンハイム財団)の美術館群の中で最大かつ最も広大なものになる予定です。 

Solomon R. Guggenheim Museum and Foundation (ソロモン・R.・グッゲンハイム美術館および財団)のRichard Armstrong会長は次のように述べています。「本日の発表は、画期的で新しい美術館であるグッゲンハイム・アブダビの実現における重要なマイルストーンを表しています。Frank Gehry氏の特徴的な建物の中にあるグッゲンハイム・アブダビには、西アジア、北アフリカ、南アジアの芸術に特に焦点を当てており、近現代アートの世界史に関する複数の視点を前進させる、広大かつ進化する芸術作品コレクションの本拠地となるでしょう。アブダビは活気に満ちた多様な文化の中心地であり、グローバルな展望と急速に成長するクリエイティブな経済を備えており、新しい国際的美術館にとって理想的な場所です。この大胆なコラボレーションのパートナーであるアブダビ文化観光局に感謝します。グッゲンハイム・アブダビで、美術館のコレクション、プログラム、建物を一般の人々と共有することを楽しみにしています。」

Frank Gehry氏は以下のように述べています。「このプロジェクトが新しいフェーズに入るのを見るのは本当にスリリングです。私は、パートナーであるアブダビ観光局およびSolomon R. Guggenheim Foundation(ソロモン・R.・グッゲンハイム財団)と緊密に協力して、画期的な文化プログラムの拠点を作ることを非常に誇りに思っています。この建物がUAEの人々に受け入れられ、今後何年にもわたって国のランドマークとして存続することを願っています。」

グッゲンハイム・アブダビはこの地域のアーティストを支援するという取り組みの一環として、発祥以来、視聴者に魅力的な公開プログラムをキュレーションして提供してきました。これには、アブダビで開催される3つの展示会が含まれ、未来の美術館の学芸ビジョンを表すために、グッゲンハイム・アブダビ・コレクションから厳選された作品が展示されます。さらに、美術館は世界の現代アーティストに焦点を当てたダイナミックな公開プログラムを開催しました。ごく最近、博物館はアブダビ文化ソーシャルメディアプラットフォームで「スポットライト」ビデオシリーズを立ち上げました。これは、世界中に貸し出されているグッゲンハイム・アブダビの作品のセレクションを探索するものです。

サディヤット文化地区中心部に位置する本博物館は、UAEと同地域のヴァナキュラー建築に着想を得た建築のランドマークになります。グッゲンハイム・アブダビは、ルーブル・アブダビ、ニューヨーク大学、マナラット・アール・サディヤット、文化財団など、アブダビの成長する文化機関ネットワークの一部になります。サディヤット文化地区の文化施設には今後、UAE創設の父である故Sheikh Zayed bin Sultan Al Nahyan氏の生涯と業績を祝うために捧げられたザイード国立博物館、多信仰の礼拝所であるアブラハムの家族の家が加わる予定です。 

Sherine Nour 
Culture Sector Marketing & Communications Director
Department of Culture and Tourism Abu Dhabi
SAbdelGafar@dctabudhabi.ae

Nada ElBarshoumi
Weber Shandwick
nelbarshoumi@webershandwick.com  
+971 50 274 0741

Photo: https://mma.prnasia.com/media2/1638393/DCT_Abu_Dhabi_Guggenheim.jpg?p=medium600

 

ソース: DCT Abu Dhabi and Guggenheim