omniture

Yes Japanがマツバラ・キミヒコ氏をゼネラルマネジャーに選任

Yield Engineering Systems, Inc.
2021-09-23 08:00 3625

【フリーモント(米カリフォルニア州)2021年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】半導体の先進パッケージングとライフサイエンス、「More-than-Moore」アプリケーション向けのプロセス機器の大手メーカーであるYES(Yield Engineering Systems, Inc.(https://yieldengineering.com/ )は22日、マツバラ・キミヒコ(Kimihiko Matsubara)氏が同社経営陣に加わり、日本市場での販売業務を主導し、この地域において急速に進化する半導体および先進有機基質市場分野をサポートしていくと発表した。

YESのRezwan Lateef社長は「われわれはマツバラ氏をYES経営陣に心から歓迎する。同氏の実績ある経営および関係構築のスキル、力強い販売拡大の経歴、日本の精密機械と半導体産業への深い知識は、われわれが日本でプレゼンスを構築していく中でYESにとってきわめて価値あるものとなろう」と語った。

マツバラ・キミヒコ氏はプロセス機器メーカーの伯東株式会社でキャリアをスタートして同社で30年間を過ごし、次第に管理職へと地位を高めた。同氏はその後、TASMIT株式会社(半導体検査・計測に特化した東レ子会社)と、3次元測定・可視化システムメーカーのファロージャパン株式会社で事業開発と販売管理のポストを務めた。同氏は日本の名古屋の名城大学で学士号(数学)を取得した。

▽YESについて

YES(Yield Engineering Systems, Inc.)は表面と材料、接合部分を加工するためのコスト効率に優れたハイテク機器の顧客から選ばれるプロバイダーである。同社の製品群には真空硬化炉、化学蒸着(CVD)システム、プラズマエッチングツールが含まれ、半導体ウエハー、半導体およびMEMSデバイス、バイオデバイスの精密な表面改質と薄膜コーティングに使われる。YESを利用することで、スタートアップ企業からFortune 100企業までの顧客は、高度パッケージング、MEMS、拡張現実・仮想現実、ライフサイエンスなどの幅広い市場で、製品を創出し、量産できる。YESはカリフォルニア州フリーモントに本社があり、世界での展開を拡大している。より詳しい情報はwww.yieldengineering.com を参照。

▽メディア問い合わせ先:

Victoria Barnes
Director of Communications
YES(Yield Engineering Systems, Inc.)
+1 510-954-6723 direct
VBarnes@yieldengineering.com

ソース: Yield Engineering Systems, Inc.