omniture

Petrolube Oilが「Omnipreneurship Award 2021」に参加し、環境面での持続可能性を促進

Petrolube
2021-09-10 17:41 607

*この賞は使用済み食用油再精製のための革新的ソリューション開発を目指す

*サウジの食用油市場は推定年間54万トン

*コンテストは9月9日から11月30日まで実施

ジッダ(サウジアラビア), 2021年9月10日 /PRNewswire/ -- Petrolube Oil は、世界的な賞である「2021 Omnipreneurship Awards: through its Sustainability Branch Challenge(2021年オムニプルヌールシップ賞:持続可能性部門チャレンジを通じて)」の参加資格を成功裏に取得した。企業数社が革新的で持続可能なソリューションを追求している事業課題に関する提案を行って厳しく競り合った結果、Petrolube の提案が勝利した。各社は現在、使用済み食用油をリサイクルし、これを世界水準に合致した環境面で持続可能で、分解可能な潤滑油に変えていく革新的なソリューションを追求している。

 

Petrolubeは、他の業界での利用のために使用済みの油をリサイクルすることを目的に受賞技術を自社の最先端の再精製プロセスへと応用していく。その結果はより環境面で持続可能で、費用対効果の優れた製品につながる。同賞はSustainability Goals of Saudi Vision 2030(サウジビジョン2030の持続可能性目標)とPetrolube独自の持続可能性の価値観とも一致している。

コンテストは2021年9月9日に提案の提出が始まり、2021年11月30日に締め切られる。最終選考に残った5者が2022年2月に発表され、それぞれ2万ドルを受け取る。最終的には優勝した1者が100万ドルを受け取り、提案したソリューションを一段と発展させるための取り決めをPetrolubeと結ぶことになる。

PetrolubeのSajid Saeed最高経営責任者(CEO)はこの機会に、「この賞は油がリサイクルされ再利用される能力を十分に実現することを目指している。油の再精製は環境面でフレンドリーである。またこれは、サウジアラビアで年間使用されている推定54万トンの食用油の建設的な活用法を見つけることをも目指している」と語った。

同CEOはまた「Petrolubeはこの業界で最高品質の製品とサービスの提供で比類なき評価を得ている。そのため、われわれはパートナーとともに油の再利用における革新的な技術を追求することに非常に力を入れている。このチャレンジはSaudi Vision 2030と合致したNational Transformation Program Sustainability Goals(国家変革プログラム持続可能性目標)へのわれわれの取り組みをも反映している」と付け加えた。

Petrolube Oilは250を上回るさまざまな潤滑油製品を生産し、湾岸協力会議(GCC)、中東、アフリカ、アジアの35カ国に輸出している。

昨年はTanmiah Food Company(TFC)が、Omnipreneurship Awardsへの同様の提案プロセスを経て、2020チャレンジへの参加資格を取得した。TFCはサウジアラビアで株式が上場されている大手家禽企業であり、農場で生み出された廃棄物から価値を創出する持続的な手法に関して世界のコミュニティーからソリューションを追求した。コンテストは、新しい技術応用を導入することによる廃棄物管理への成功したアプローチに結び付いた。

バックグラウンド情報:https://www.omnipreneurshipawards.com 

Video - https://mma.prnasia.com/media2/1611888/Petrolube_Omnipreneurship_Award_2021.mp4 

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1611878/Omnipreneurship_Awards_2021_Logo.jpg?p=medium600 

ソース: Petrolube