omniture

Sai Life Sciences社、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の署名企業になる

Sai Life Sciences
2021-08-26 16:30 772

インド、ハイドラバード

2021年8月26日

/PRNewswire/ -- 世界をリードする医薬品受託研究開発製造機関(CRO/CDMO)であるSai Life Sciences社は、本日、持続可能性に関する世界最大のイニシアチブである国連グローバル・コンパクト(UNGC)の署名企業となったことを発表した。Sai Life Sciences社は、署名企業として、人権、労働、環境、腐敗防止などの国連GCの10原則を採用することを約束し、企業責任と持続可能性への企業としてのコミットメントを強固にしている。

今回の発表にあたり、CEO兼マネージング・ディレクターのクリシュナ・カヌムリ氏は次のように述べた。「当社のビジョンとビジネス成長を追求する中で、社会、環境、ガバナンスに対する責任を意識的に統合してきました。私たちは、国連GCの10原則を実施し、それらを当社の戦略、文化、日常業務の一部にすることを約束しました。このことは、当社のサステナビリティ・アジェンダの強化に役立ち、また、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた進捗を加速させることになるでしょう。」

過去2年間、サイライフサイエンス社は、組織改革の一環であるSai Nxtの中で、持続可能性の課題を推進するために多額な投資と進歩を遂げてきた。その中でも特に注目すべき点を以下に挙げる:

Sai Life Sciences社について

Sai Life Sciences社は、フルサービスのCRO-CDMOで、世界中の革新的な製薬、バイオテクノロジー企業と連携し、錯体小分子の発見、開発、商用化を加速させている。20年以上にわたり、Sai Life Sciences社はバイオテクノロジー企業、中小および大手製薬企業にわたる多様なクライアントに対し、高品質で費用対効果の高いソリューションを一貫して提供している。現在同社は、インド、英国、米国の同社施設に2200人を超す従業員を擁する。また同社は株式非公開企業で、グローバルな投資家であるTPG CapitalおよびHBM Healthcare Investmentsの支援を受けている。https://www.sailife.com.

ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/1044186/Sai_Life_Sciences_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: Sai Life Sciences