omniture

Techking Indonesia代表事務所が最大の受注を獲得、現地化戦略で成功

Techking Tires Limited
2021-08-25 12:37 898

【ジャカルタ(インドネシア)2021年8月25日PR Newswire】このほど、Techkingのカスタムメードの新型タイヤを装備した200台の日野大型トラックがインドネシアの1件のクライアントに供給された。これはTechking Indonesia代表事務所の開設以来最大の受注で、Techkingと同社インドネシア代表事務所が採用した現地化戦略が1年未満で顧客基盤と認知度を向上させたことを示している。

2020年11月に設立されたTechking Indonesiaは最初の代表事務所で、Techking Australia支社へのさらなる現地化戦略実行におけるマイルストーンである。現地化された技術、流通チェーン、サービスの優位性を持つTechkingは、より多くのクライアントの愛顧を得ることが可能である。これを実現するため、インドネシア代表事務所は、消費者により近い現地化を実行し、初年度に成長率80%を達成するという目標を達成する見通しである。

設立以来、代表事務所は急速に事業を拡大し、同社のスリーレバー事業モデル(Three-lever Business Model)に基づく現地化戦略を実行してきた。開発マネージャーは、現地顧客の需要調査を担当し、本社と協力しカスタマイズされた研究開発を行い、アカウントマネージャーは、製品管理と流通チェーンを消費者に近付けることに注力し、外国のサービスエンジニアは、製品アフターサービスとフィールドサービスを対象とする。地元パートナーにとって、Techkingは誠実な協力者の役割も果たし、顧客の声に耳を傾け、共同で解決策を模索することにより、顧客と緊密に協力する。

現地化の実行により、インドネシア代表事務所は、市場インサイト、流通チャンネル計画、製品研究開発、事業開発、プログラム運用などを劇的に強化し、予想を上回る業績を達成した。代表事務所責任者のFriedrich Wang氏は「上半期の売上高は既に2020年全体の売上高に並んだ。われわれは当初、成長率を80%に設定した。現在は100%に修正し、さらに野心的な120%を目指す」と説明した。

3年間の複合成長率40%を確かなものとするため、TechkingのRaymond Zhang副社長は「(当社は)インドネシア代表事務所のプランニング、管理、業績評価を『ベース重視、高品質、持続可能性、リスク管理』の4つの観点から行う。また、ケーパビリティー構築を優先し、インドネシア代表事務所が目標を達成するための全面的なサポートを提供する」と語った。

ソース:Techking Tires Limited

ソース: Techking Tires Limited
Related Links: