omniture

若い米研究者に2021年ストックホルム青少年水大賞

Stockholm International Water Institute (SIWI)
2021-08-24 21:00 852

ストックホルム, 2021年8月24日 /PRNewswire/ --米国のEshani Jhaさんは水から汚染物質を除去する方法の研究で、権威ある2021年ストックホルム青少年水大賞(Stockholm Junior Water Prize)を受賞した。スウェーデンのビクトリア王女が8月24日、世界水週間(World Water Week)(https://www.worldwaterweek.org/ )の一環として行われたオンライン授賞式で発表した。

ストックホルム青少年水大賞(https://www.siwi.org/prizes/stockholmjuniorwaterprize/ )は、15歳から20歳の学生が水をめぐる主要課題にソリューションを提示する国際コンペである。

受賞者のEshani Jhaさんはカリフォルニア州サンノゼにあるリンブルック高校(Lynbrook High School)の生徒。淡水からシンプルでコスト効率の高い方法で主要汚染物質を取り除く研究を行った。効率的で安価な水フィルターとして、活性炭の代わりにバイオ炭を使用するプロセスが含まれている。

Eshani Jhaさんは「特に世界中からこれほど多くの貢献がある中で、この賞を受けることができて光栄である。今後数年間によりよい水の世界のために協力できたらいいと思う。われわれは本当に、水関連科学の未来である」と話した。

審査団は「新しい汚染物質が見つかり、既存汚染物質の濃度上昇が記録される中、水質汚染は世界で増大している問題である。このソリューションの単純性は、1つのデバイスで多くの各種汚染物質に対応することで、デバイスは世界的利用に向けて拡張性があり、現地製造の付加的利益をもたらす」と述べた。

受賞者は賞の公式後援者であるスウェーデンのビクトリア王女から発表され、王女は全てのファイナリストも絶賛した。

Diploma of Excellence(優秀賞)は、有機系廃棄物を保湿に利用し、植物の成長を促進する方法を考案したタイのThanawit NamjaideeさんとFuture Kongchuに贈られた。People's Choice Award(ピープルズチョイス賞)は、水処理のためのマイクロプラスチック保持メカニズムを開発したブラジルのGabriel Fernandes Mello Ferreiraさんが受賞した。People's Choice Awardには5万5000人以上が投票した。

ストックホルム青少年水大賞は1997年から毎年、ストックホルム国際水協会(Stockholm International Water Institute、SIWI)が主催し、Xylem(ザイレム)が共同創設者として協力してきた。今年のイベントはオンラインで行われた。

XylemのPatrick Decker最高経営責任者(CEO)は「この賞は、世界の大きな水の課題にソリューションを提案するよう25年間に12万5000人の学生を奨励してきた。われわれはそれに関わることができて誇りに思っている」と語った。

詳細はwww.siwi.org/prizes を参照。

▽報道関係問い合わせ先

Andreas Karlsson, SIWI, +46-720-506004, andreas.karlsson@siwi.org 

 

ソース: Stockholm International Water Institute (SIWI)