omniture

ロックウェル・オートメーションが、「2021年マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」賞のファイナリストに選定

100を超える国々の4,400以上のノミネーションの中から選ばれました
Rockwell Automation
2021-07-15 13:46 3172

【ミルウォーキー2021年7月15日PR Newswire】

産業用オートメーションと情報ソリューションを提供するロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK) (https://www.rockwellautomation.com/en-us.html )は、「2021年マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」賞でファイナリストに選定されました。当社は、マイクロソフトの技術をベースとした卓越したソリューションを開発し、顧客にイノベーションと実装を提供しているとして、マイクロソフトのトップパートナー企業の1社と認められました。

ロックウェル・オートメーションの会長兼CEO(最高経営責任者)であるブレイク・モレットは次のように語っています。「マイクロソフトにこのような評価をしていただけて光栄です。結果を出すことが当社の全てであり、マイクロソフトと組むことでその約束を果たせています。当社のインテリジェントなシステムにより、お客様はインフラのコストを節減し、短い期間で価値を得て、生産性を向上することができます。」

「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」賞は、過去1年間にマイクロソフトの技術をベースとした優れたソリューションを開発および提供したマイクロソフトのパートナー企業を表彰しています。表彰はいくつかのカテゴリに分かれており、100を超える国々の4,400以上のノミネーションの中から受賞者が選ばれました。ロックウェル・オートメーションは、IoT (Internet of Things: モノのインターネット)部門で優れたソリューションとサービスを提供していることが評価されました。

パートナー オブ ザ イヤーのIoT部門では、Azure、IoT、エッジデバイスといった、インテリジェントクラウドやエッジイノベーション上に構築されたIoTソリューションを設計、開発、展開したマイクロソフトのパートナー企業を表彰します。こうしたソリューションは、ある時間にデジタル資産がどこにあるのか、あるいはダウンタイムをゼロにするために必要なメンテナンスを予測するなど、デジタル資産の可視性を高めることで、ビジネスを迅速に改善するのに役立ちます。その結果、業績を向上させ、顧客価値を高めることができます。

マイクロソフトのチャネルセールスおよびチャネルチーフ部門のグローバルパートナーソリューション担当コーポレートバイスプレジデントであるロドニー・クラークは次のように述べています。「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤーの受賞者とファイナリストを発表できることをうれしく思います。これらの素晴らしいパートナーは、クラウドからエッジまで、顧客のためにワールドクラスのソリューション構築に深くコミットしてくれており、当社のエコシステムが提供するベストなソリューションを示しています。」

表彰の詳細と受賞者およびファイナリストの全リストが記載されたマイクロソフトのプレスリリースは、以下を参照してください。https://news.microsoft.com/2021/07/08/microsoft-announces-2021-partner-of-the-year-awards-winners-and-finalists/

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業用オートメーションおよびデジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーです。人々の創造力とテクノロジの潜在力を結びつけることで人の可能性を広げ、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約24,000名の従業員が、世界100カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。製造業におけるコネクテッドエンタープライズ実現の詳細は、当社ホームページをご覧ください。https://www.rockwellautomation.com

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: Rockwell Automation
Related Stocks:
NYSE:ROK