omniture

大衆点評:コンテンツサービス体験をアップグレード、日本の地方観光地の認知度拡大に貢献

Meituan
2021-07-05 08:00 755

【北京2021年7月5日PR Newswire】

ポストコロナ時代に、海外観光が停滞する中、海外観光地が如何に海外観光の市場を掘り下げ、観光客の潜在観光需要を引き出すかが各大手ネット観光プラットフォームの重要な課題となっています。

中国のモバイルインターネットの急速な発展に伴い、中国人観光客はスマホ1台で、中国を出なくとも世界各地の特色ある風景や伝統文化情報などが閲覧でき、情報が得られる状態になりました。中国の海外旅行者に最も人気がある日本を例として見てみると、現時点で中国の国民的アプリである大衆点評に日本旅行に関する投稿は300万件を超えています。旅行前に情報収集に役立つ達人レビューから、旅中の店探しに役に立つ実体験に基づく店舗口コミまで、日本を訪れる中国人観光客に「食・住・交通・観光・ショッピング・エンターテインメント」まで様々な旅行関連情報を提供しています。

日常生活の購買意思を決定する窓口とコンテンツシェアのプラットフォームとして、大衆点評はPOI(店舗)と評価システムのコンテンツにより、日常生活から旅行に出かけるまで、ユーザーに様々なコンテンツを紹介しています。データを一例として見てみると、現在、大衆点評プラットフォームは77億件以上のリアルユーザーのコメントを蓄積しており、大衆点評は既に中国旅行者の海外旅行ツールとして必需アプリとなっています。このほど、大衆点評は日本の複数観光地と連携し、生ライブ配信、#話題キャンペーン、達人レビューなど様々な形でプロモーションに力を入れています。全カテゴリーをカバー出来る旅行コンテンツ攻略を通し中国の潜在海外旅行客に日本旅行への好感度だけでなく、各観光地の「存在感アピール」に力をいれアフターコロナ後の旅行計画への渡航先として興味関心を強化するだけでなく、海外観光が回復するまでの「関心度」、「新鮮味」を維持させます。

大衆点評は体験コンテンツを細分化し、地方観光地の認知度拡大にも貢献

日本の四国の北部に位置する香川県は、讃岐うどんの産地として有名です。ここ数年は更に瀬戸内海の芸術祭で知名度が高まり、多くの観光者を引きつけています。

コロナ禍で多くの中国旅行者は香川への旅計画を一旦中止していますが、旅行前のプロモーションは一刻も停滞することがありませんでした。去年の2021年の11月、日本香川県観光協会は大衆点評と連携し、香川を「クラウド観光」する生配信を行いました。香川県観光協会の大衆点評での公式アカウントを通じ、中国版「TikTok」で100万人以上のフォロワーを有するインフルエンサーを誘い、生配信で香川観光名所交流を行いました。

生配信で、インフルエンサーは夜に船に乗り、庭園の国宝——香川県の特別名勝「栗林公園」を案内し、紅葉の季節限定のライトショーを鑑賞したり、『魔女の宅急便』を実写映画化した小豆島に行き、主人公と同じほうきの魔法セットで写真を撮ったりして香川の特色ある風景と人文景観を十分に堪能させることに成功致しました。


観光+生配信の新モデルは、日本観光目的地のPRに新しいアイデアを提供致しました。香川を「クラウド観光」する生配信はユーザー3万人を引きつけました。香川県に続き、今年の3月、大衆点評は更に四国の東に位置する徳島県観光協会と連携し、「クラウド観光」イベントを主催しました。4万人以上のオンラインユーザーがインフルエンサーと共に、江戸時代にタイムスリップしたかのような旅を繰り広げました。徳島県の秘境と古民家を探索し、画面越しに地元の郷土料理である、でこまわしとアメゴ焼きなどの郷土料理を試しました。


地方観光地の独特な観光価値や資源を深く掘り下げることによって、大衆点評は中国人観光客の好みに合わせて生配信のコンテンツをカスタマイズし、観光内容サービスの質を向上させました。調査によると、生配信中、大衆点評のユーザーは複数の観光地に興味を持ち「お気に入りリスト」に入れたことが分かります。このような観光生配信はユーザーの観光目的地決定速度を顕著に短縮しました。ユーザーの将来の観光計画の作成に役立つだけでなく、観光目的地の認知度と人気度を向上させることにもつながります。

観光生配信のほか、#話題キャンペーンで購買意欲を向上させることも、近年に現れた新しい観光モデルです。今年の3月、大衆点評は沖縄観光局と共同で、参加型の#慢漫海岛,久别"冲"逢(まったりした島、久しぶりの沖縄)というハッシュイベントを主催しました。30人以上の質の高い観光達人を誘い、島に関する観光レビューをシェアしてもらい、良質な写真や動画で、ユーザーの沖縄旅行への思い出と期待を呼び戻しました。大衆点評のデータによると、達人レビュー1篇につき、閲覧数は2万に達し、コメント数が200件を超えました。お得な沖縄チケット・ホテル特典に加え、約300人余りのユーザーが自ら海島の観光体験を共有し、#話題キャンペーンの総閲覧数は152万に達しました。観光地にとって、#話題キャンペーンに入った大量のユーザーの観光レビューは、プラットフォーム内で観光地の情報構築、長期的に蓄積されるオンラインコンテンツ資産として、潜在ユーザーの興味促進ニーズを持続的に引き出し、観光地の知名度と評価を向上させることができます。


コンテンツサービス体験をアップグレード、デジタル化で観光地のコンテンツ作成に尽力

海外観光市場において、海外観光客は、多様性・高品質など旅行により高い要求を持つようになっています。いかにして、彼らに価値のある、興味関心をひきつけることが可能な価値のある目的地体験コンテンツを提供できるかが、目的地体験コンテンツサービスの突破口となっております。

日本の沖縄のクルーズ船を例にすると、日本で最も有名な港観光都市として、沖縄のクルーズツアーは、ここ数年、大人気の観光プロジェクトになっています。近頃、沖縄県観光局クルーズ船関連部署は大衆点評と連携し、大衆点評アプリで「沖縄港のどこでもドア、あなたの旅をカスタマイズします」というレビューで認知向上を上げるテーマイベントを開催しました。ネットプラットフォームのデジタル能力を活用し、観光客への商品サービスの質を向上・改善しようとしています。大衆点評アプリで北京、上海、広州、厦門、深センなど潜在観光客が多い都市のユーザーに各エリアのアプリトップページで露出促進を行い、ターゲットユーザーの沖縄クルーズ船に対する認知度と好感度を維持しました。これは生配信、#話題キャンペーンに次ぐコンテンツ連携の新モデルです。


報告によると、海外観光は2024年初に、コロナ禍前のレベルに回復する見込みです。短期的に見れば、海外観光は引き続きコロナの影響を受けます。生配信+#話題キャンペーンは依然として海外観光目的地に最適な露出手段です。今後、大衆点評は引き続き日本の地方観光地の様々な機関との協力を深め、多様なコンテンツ製品体系を構築し、価値の高い観光コンテンツを持続的に作成し、日本の各地方観光地の回復に協力して参ります。

ソース:Meituan 

美団日本支社責任者:呉文抒 電子メール:wuwenshu@meituan.com 

美団日本目的地営業担当: サキジ 電子メール:shaqier@meituan.com 

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: Meituan