omniture

TargEDysが初の二重盲検、無作為化、プラセボ対照臨床試験結果、Hafnia alveiは体重減少と満腹感で前例のない有効性

TargEDys
2021-06-09 16:43 320

【ロンジュモー(フランス)2021年6月9日PR Newswire=共同通信JBN】画期的な微生物叢ベースのソリューションを専門とするフランスのバイオテクノロジー企業、TargEDysは、230人の太りすぎの成人を対象にした12週間の研究結果を発表、満腹感に対するプロバイオティクスとそのポストバイオティクスClpBの作用により、体重減少、股関節周囲の縮小、代謝パラメーターを改善する精密プロバイオティクスHafnia alvei HA4597(R)の有効性を確認した。 

機械的前臨床研究では、Hafnia alveiは、満腹ホルモンalpha-MSHを模倣するタンパク質であるカゼイン分解ペプチダーゼBを生成し、肥満のマウスモデルの食物摂取量を減らせることが示された。これらの新しい結果は、このPreciBiomic(TM)株が、太りすぎの被験者の満腹感と体重減少をサポートし、股関節周囲径と血糖値を下げる効果があることを確認するものである。

プロバイオティクスグループで平均3.6%の減量を12週間で達成したHafnia alveiは、体重管理で研究された他のどのプロバイオティクスよりも劇的に効果的であり、このレベルの影響は、食品サプリメントと医薬品のセクター間のギャップを埋める。また、プロバイオティクス分野のイノベーションを推進し、分子の作用機序を正確に理解することで有効性を高め、精密プロバイオティクスへのアプローチをシフトする。

Hafnia alveiは、フランス、ポルトガル、イタリア、スロベニアのEnteroSatys(R)およびSatylia(R)の商品に含まれており、TargEDysは世界中の消費者が肥満防止のこの画期的なソリューションを利用できるようにするための販売パートナーを求めている。

TargEDysのGregory Lambert最高経営責任者(CEO)は「これは体重管理分野におけるゲームチェンジャーで、最終的に安全性と自然さの点で消費者の期待に応えるソリューションとなり、分子模倣と食欲の生化学的調節に基づいて実際に実証された有効性をもたらすだろう」と明言する。

▽TargEDys(R)について

TargEDys(R)は、微生物叢の介入による食欲制御のための栄養補助食品の開発に特化した商業段階のフランスのバイオテクノロジー企業である。同社は、学術研究室で実施された微生物叢に関する15年間の研究の成果である。PreciBiomic株Hafnia alvei HA4597(TM)に基づく最初の製品の開発と商品化を開始し、過体重、低栄養、メンタルヘルスに焦点を当てた製品ポートフォリオを開発した。これらはすべて、分子作用機序と生体内研究に裏打ちされたprecibiomic株の概念に基づいている。

詳細はwww.targedys.com を参照

▽問い合わせ先 

Arnaud Faure & Nina Vinot

bd@targedys.com 

Logo: https://mma.prnasia.com/media2/1528261/Targedys_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース:TargEDys

 

 

ソース: TargEDys