omniture

パンデミックで減速した景気がデジタル・チャーターで上向きに

Marine Online (Singapore) Pte. Ltd.
2021-06-04 07:00 838

【シンガポール2021年6月4日PR Newswire=共同通信JBN】

*COVID-19禍にある船主と荷主の仲立ち役

COVID-19 は直ちに海事に新技術をもたらしたわけではないが、ビジネスの仕方をよりデジタルに近づけるきっかけとなった。実際、景気減速はデジタル手続きの早期採用を加速させた。船舶のチャーターが好例である。

従来、船舶のチャーターには、 船舶仲立人からの大量のオファーのチェックという長く面倒なプロセスが付き物だった。彼らは通常、船主と荷主と連携し、自分たちのネットワークの中だけで仕事をしている。船舶仲立人と仕事をする際のもう1つの難点は、地理的制約である。

Marine Online のプラットフォームに、地理的制約は一切ない。船主、荷主ともに、オンラインで必要事項を入力するだけで、貨物や船舶を調達できる。A.Iとビッグデータを組み込んだプラットフォームが迅速な取り込みを可能にし、チャーターのプロセスと航海を効果的にスピードアップする。

Marine Onlineのチャーター部門バイスプレジデント、Kenny Phua氏は「COVID-19による業界の混乱が続く中、われわれはテクノロジーを通して業界を動かし、その有効性を推奨し続けている。伝統企業にとっては大きな変化かもしれないことを理解した上で、当社の経験豊富な専門家チームがあらゆる段階で顧客をサポートする態勢を整えている。これは、これまでの成功例に見られるように、プロセスの簡素化によるコストの削減が証明されているデジタル・チャーターを推奨する当社の取り組みの一環でもある」と語った。

最近のチャーターで、荷主のCacao Paramount Sdn BhdはMarine Onlineのプラットフォーム上で東アジア向け貨物を委託。直後に、マッチする船舶の通知を受け取った。Cacao Paramountの代表者はシームレスなプロセスに満足し、「Marine Onlineのプラットフォームが当社の仕様に合った船舶を幅広くリストアップしてくれたお陰で船舶探しの効率が上がり、選択肢が広がった」と語った。

船主側も、Marine Onlineのプラットフォームの方が貨物の調達が簡単であることに同意した。船主は、貨物が正確にマッチングされるよう、利用可能なトン数を定期的に更新するだけでいい。このプラットフォームは顧客の信頼性も保証されており、これによりMarine Onlineは、船主、荷主双方のチャーター・ニーズに応える安全なプラットフォームとなっている。

▽Marine Online (Singapore) Pte Ltdについて

Marine Online は、グローバル市場向けの海事サービスに特化した世界初のワンストップ統合プラットフォームである。2019年設立の同社は、革新的なA.I、ビッグデータ対応プラットフォームを通じて、地域の船主と荷主に様々な海事サービスを提供してきた。8つの主要サービスを提供しているMarine Onlineは、最先端のテクノロジーを駆使してビジネスチャンスとコネクションを創出し、海事の未来を形作っている。詳細については、marineonline.com を参照。

▽問い合わせ先

メディアリレーションズ
+65-6571-5888
marketing@marineonline.com

ソース: Marine Online (Singapore) Pte. Ltd.