omniture

MagicHub.ioが開始、機械学習向けに無料のデータセットを提供

Magic Data Technology
2021-05-03 17:08 453

【北京2021年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】MagicHub.ioが4月15日に開始された。サイト創設者のMagic Data Techは大量の会話音声データの指導的な地位を確保し、独立系のウェブサイトにオープンソースのデータセットをリリースした中国初の企業になった。これは、ユーザーがデータを取得する方法を一変させる可能性がある。

大規模で多様なデータセットがMagicHub.ioでリリースされている。このデータセットは多数の特性に細分化され、さまざまなAIモデルのためのデータセットを選択するより効率的な方法をAIエンジニアに提供するため、アルゴリズム最適化により多くのエネルギーをとっておくことができる。

Magic Data Techは、MagicHub.ioのデータセットに参加し、リリースするディスカバラーのすべてのデータプロデューサーを歓迎する。われわれは協力して、オープンソースに向けたより良いエコロジーを構築することができる。関心のある人は連絡をしていただきたい。

MagicHub.ioは、北京語、英語、上海語(呉語)の会話音声、NLPコーパス、TTSコーパス、レキシコンなど30以上のオープンデータセットをリリースした。すべてのデータセットは可能な限り、言語、シーン、産業別に細分化されている。関心があればコンタクトしていただきたい。

同社は、MagicHub.ioで高品質なデータセットと、より多くのコンテンツをリリースし、コメント、共有、あるいは何らかのサポートを常に歓迎する。協力してMagicHub.ioを発想と共有精神のためのより良い場所にしていきたい。

1969年、UnixはUnix Communityでソースコードをリリースし、人類初の「オープンソース活動」を開始した。

1991年、Linuxカーネルがリリースされた。

1998年、Netscape Communicationsは同社のCommunicatorスイートのソースコードをリリースし、「オープンソース」という言葉を定義した。

2005年、Gitと呼ばれるソースコード管理システムが登場し、マネージドGitコードウエアハウスが生まれた。

人工知能(AI)の構想がDartmouth Summer Research Projectで提唱されて以来、AIは数えきれない浮き沈みを経験した。インタ―ネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、5Gなど多数の新テクノロジーが出現し、ますます重要な役割を果たしてきた。

AIは新しい時代を切り開き、オープンソースの評価が上がっている。機械学習のプラットフォームも新たに出現した。開発者はこれまで、オープンネス、自由、協力の精神にのっとり、自らの知能をAIの発展に捧げている。ますます多くの政府、NGO、企業、学術機関、個人がイメージ、テキスト、オーディオのデータを公開し、Kaggle、UCI、OpenML、ImageNet、OpenSLRなどのプラットフォームを形成した。データは、AI開発の中核を成す原動力にまだなっていない。

▽問い合わせ先
Magicdata
+86-13552961476

ソース:Magic Data Tech

 

ソース: Magic Data Technology