omniture

LG Innotek、車両用の照明モジュール ネックスライド(Nexlide)-E」を開発

LG Innotek
2021-04-21 13:28 205
  • 既存製品に比べて63%明るさが向上、車両の前・後方に適用可能
  • 0.2mmの光学フィルムでカスタム照明モジュールを製作
  • 「車両用の光源ソリューションサービス」でグローバルマーケットを攻略

【ソウル(韓国)2021年4月21日PR Newswire】

LG Innotek(代表 チョン・チョルドン)が明るくて均一な光を放つ車両用の照明モジュール「ネックスライド-E(Nexlide-E)」を開発したことを20日に発表した。

LG Innotekの社員が車両用の照明モジュール「ネックスライド-E」を公開している。本製品は、既存製品に比べて63%明るく均等な光を放つため、車両の前・後方に適用ができる。
LG Innotekの社員が車両用の照明モジュール「ネックスライド-E」を公開している。本製品は、既存製品に比べて63%明るく均等な光を放つため、車両の前・後方に適用ができる。

 

「ネックスライド-E」が適用された車両外装ランプの模型
「ネックスライド-E」が適用された車両外装ランプの模型

本製品は、薄い基板にLEDパッケージを付着した後、光を明るくて均等に放つ薄い光学フィルムを付けて製作した車両用の照明部品である。車両のテールランプ(Taillight)、ストップランプ(Stop Lamp)、フロントランプなど様々な個所に搭載される。

「ネックスライド(Nexlide)」は、次世代光源の意味を込めたLG Innotekの車両照明サービスブランドである。次を意味する「Next」と光の「Lighting」、機器デバイスの「Device」を合成した。LG Innotekは、ネックスライドブランドによって車両用の照明モジュールはもちろん、照明デザイン設計など、カスタムソリューションを共に提供する。

「ネックスライド-E」は、既存製品に比べて63%明るくて均一な光が特徴である。LG Innotekのオリジナル微細光学パターン技術を適用した高性能、高信頼性の光学フィルムを適用した。

本製品を車両に搭載すると、明るさの基準がそれぞれ異なる複数の車両ランプを一つの照明モジュールに実装できるため、効率的な空間活用や様々なデザイン設計ができる。

■ 既存製品に比べて63%明るさが向上、車両の前・後方に適用可能

「ネックスライド-E」は、既存製品に比べて約63%さらに明るい。製品最大の明るさを既存の80cd(カンデラ、光源の明るさの単位)から最大で130cdまで向上させた。これは、テールランプはもちろん、ターンシグナルランプ(Turn Signal)、ストップランプ(Stop Lamp)の明るさの基準を満たすレベルである。

特にストップランプの場合、明るさの基準が最も厳しい。欧州、北米を基準に110cd以上の明るさが求められる。安全走行のためにどんな状況でも認識できなければならない。

モジュールの明るさが高くなると、消費電力も減少する。少ない電力で十分な明るさを出すからである。特に電気・水素自動車の場合、電費(電気自動車の燃費)を減らせるため有利である。

これと共に「ネックスライド-E」を適用すると、テールランプ、ストップランプなど、既存でそれぞれ異なる照明モジュールとして別々に構成されていたランプを一つの製品にすることができる。テールランプはもちろん、ターンシグナルランプ(Turn Signal)、ストップランプ(Stop Lamp)の明るさの基準を満たすためである。

使用モジュール数が減ると、完成車メーカーは外装ランプをよりスリムかつコンパクトに設計して車両トランク空間を拡大するなど、空間活用度を向上できる。

「ネックスライド-E」は、明るさが均一であることもメリットである。面積が広いランプに適用しても明るさの差によるムラや途切れがなくスムーズで均等な光を放つ。

このように明るさと均一度を向上するため、LG Innotekはオリジナル光学フィルムを開発して適用した。オリジナルの微細パターン技術を適用した0.2mm厚の薄いフィルムを車両照明モジュールに付けると、フィルムの種類に応じて様々な効果を実現できる。

光学フィルムの種類により微細パターンを変えて光がフィルムを通過する際に光を集め明るさを上げたり、光を均等に放つことで面光源を作ったりすることができる。さらに3D立体形を作ることもできる。

これにより、LG Innotekは複雑な設計変更やインナーレンズなど別途の部品なしで光学フィルムを使用して、顧客が希望するカスタム照明モジュールを提供することができる。

「車両用の光源ソリューションサービス」でグローバルマーケットを攻略

LG Innotekは、「ネックスライド-E」を掲げてグローバル車両用の照明モジュールマーケットの攻略に拍車をかける方針である。

このために韓国はもちろん、米国、日本、欧州のグローバル完成車メーカーを対象に受注拡大のためのプロモーション活動を積極的に進めている。今年の下半期には、「ネックスライド-E」を搭載した完成車の量産が成功する見通しである。

これと共にLG Innotekは、後続の製品開発にも拍車をかけている。特に光の明るさと均一度を一層上げる新しい光学フィルムをはじめ、立体補助装置を使用せずにフィルムで3D効果を実現する3D立体照明モジュール「ネックスライド-C+」などを集中的に開発している。

ユ・インス電装部品事業担当者(常務)は、「『ネックスライド-E』は、車両固有のアイデンティティーと個性を表現するためにユニークで様々なデザインの車の照明を希望するマーケットのニーズを満たす革新的な製品」と述べ、「ネックスライド製品で安全かつ楽しいドライビング体験を提供できる車両用の光源ソリューションサービスを持続的に公開する」と語った。

一方、市場調査機関のGlobal Market Insightsによると、車両用の照明マーケットは2021年の326億ドルから2026年の385億ドルに成長する見込みである。

About LG Innotek Co.,Ltd.

LG Innotek is a cutting-edge materials and components manufacturer and an affiliate of the LG group. The company's business units include core components for mobiles, automotive, display, semiconductors, and IoT. Furthermore, the company has cooperated closely with the mobile devices, home appliances, and automotive companies, producing camera modules, automotive electronic components, wireless communication modules, and substrate materials.

LG Innotek is headquartered in Seoul, Korea and its sales subsidiaries are located in Germany, USA, China, Japan, and Taiwan with production subsidiaries in China, Vietnam, Indonesia, Mexico, and Poland. For more information, please refer to the website: www.lginnotek.com

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: LG Innotek
Related Stocks:
Korea:011070
Related Links: