omniture

スケッチツアー・ポルトガル・リロード、絵と文章でポルトガルを表現

Turismo de Portugal
2021-04-07 23:20 298

作家とアーバン・スケッチャーが最高のポルトガルを表現します

リスボン、ポルトガル,  2021年,3月29日 /PRNewswire/ -- ポルトガル領の島々とポルトガル本土の様々なシナリオと景色を横断するルートで「スケッチツアー・ポルトガル・リロード」を通して、このプロジェクトに招待されたポルトガル人作家の物語と国内外のスケッチャーの絵は、現実世界をフィクションの世界へと変えていきます。

モノクロまたは虹色に彩られた7つの観光地域の絵とポルトガル人作家の物語は、この国のユニークな体験を再現します。これは、アーティスト集団アーバン・スケッチャーズがVisitPortugalのサポートで始まったチャレンジに答えるもので、書くことと描くことを組み合わせたプロジェクトを通じて、この国とリテラリー・ツーリズム(文学観光)を促進することを目的としています。

2017年の第1回目の成功を受けて、スケッチ・ツアー・ポルトガル・リロードは2021年に再登場します。国内外から20人(国内10人、国外10人)のスケッチャーの参加で、国外からはスペイン、イタリア、フランス、イギリス、スウェーデン、エジプトから参加いただきます。外国人スケッチャーの中でも、ラパン、ステファノ・ファラヴェリ、イアン・フェネリー、シモ・カペッチ、ニナ・ヨハンソン、レハミ・アリが注目されています。

2021年版の新しい点は、異なる世代のポルトガルを代表する11人の作家が旅に加わることです。ミア・コウト、ジョゼ・ルイス・ペイショット、ドゥルセ・マリア・カルドーゾ、アフォンソ・クルス、ゴンサーロ・カディーリェ、ルイ・カルドーゾ・マルティンス、セルジオ・ゴディーニョ、マルセラ・コスタ、マティルデ・カンピーリョ、ジャシイト・ルカス・ピレス、これらの作家は、ポルトガルを書き、言葉と物語でアーバン・スケッチャー達の絵に広がりを与え、未来の旅行者の旅心を刺激するでしょう。

スケッチツアー・ポルトガル・リロードでは、500枚以上のスケッチ画、10本のウェブエピソード、ドキュメンタリー、マルチメディアでの展示に加えて、ミア・コウトによるテキストとスケッチ画をまとめた本を制作する予定です。ウェブサイトwww.SketchTourPortugal.com  では、プロジェクトの様々な編集作品を使って、よりアクセスしやすいコンテンツで体験や旅先の新たな周知を促す手助けとなるべく、サウンドスケープのライブラリーで継続的に更新されます。

観光リカバリー計画の一環として、このプロジェクトは、国内外の旅行者にポルトガルを候補地としてリストに入れていただき、自然、遺産、文化など、ポルトガルの魅力的な観光素材を楽しみたい全ての人々を受け入れる準備ができていることを示すことを目的としています。

スケッチツアー・ポルトガル・リロードは、4月7日から12日まで、Turismo de Portugal(ポルトガル観光庁)代表ルイス・アラウージョの協力の下、フランス人スケッチャー、シャーライン・モローと作家マルセラ・コスタの参加によってマデイラで始まります。

スケッチツアー第2弾は、作家マティルデ・カンピーリョ、ホスト・スケッチャーのペドロ・ロウレイロとイタリア人スケッチャー、シモ・カペッチの参加によりアルガルヴェで行われます。

アレンテージョの行程は、広大で多様な地域の為、スケッチャーのヌノ・ブランコとマリエル・デュラン(フランス)、セレステ・ヴァス・フェレイラとラパン(フランス)が参加し、作家のルイ・カルドーゾ・マルティンスとジョゼ・ルイス・ペイショトがそれぞれの行程に参加する2つのツアーとなります。

中部地方を訪れるスケッチツアーも2つの行程となります。中部地方では、スケッチャーとしてアレシャンドラ・ベロとサンティ・サレス(スペイン)、マルガリーダ・マルティンスとニナ・ヨハンソン(スウェーデン)、作家としてゴンサーロ・カディーリェとアフォンソ・クルスが参加の予定です。

大西洋の島アソーレス諸島では、自然が作家ジョエル・ネットとスケッチャーのマリオ・リニャーレス、マル・ゴダス(スペイン)を迎えます。

ポルトと近郊の、街の通り、海岸、ドウロ渓谷と内陸部は、作家のドゥルセ・マリア・カルドーゾを伴って、パウロ・メンデスとイアン・フェネリー(英国)によって記録されます。北部地方は、国境付近のトラス・オス・モンテス、ジェレス、ミーニョに、スケッチャーズのマルコ・アントニオ・コスタとステファノ・ファラヴェリ(イタリア)が参加し、作家のジャシント・ルカス・ピレスが同行します。

リスボンの街路、モニュメント、珍しい場所は、スケッチャーのロザリオ・フェリックスとレハ・ムアリ(エジプト)と作曲家のセルジオ・ゴディーニョのためのモットー(指針)になります。

2021年を通して、スケッチ・ツアー・ポルトガル・リロードは、ポルトガルを書き、そして描き、国内外の才能ある人々を集め、ポルトガル各地方が提供する様々な経験を通して、将来の旅心を刺激します。全ての人を歓迎し、訪れる全ての人の違いを尊重する、刺激的で持続可能なデスティネーションとして、より良い惑星になるために、より良いツーリズムを目指します。

#Sketch TourPortugal

www.sketchtourportugal.com

https://www.youtube.com/playlist?list=PLuMAo-oYl9zj4v8upDnTwfjSa8vXt5F8q

都市部のスケッチャーについて

www.urbansketchers.org/

Turismo de Portugalについて

www.turismodeportugal.pt

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1475138/Turismo_de_Portugal_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Turismo de Portugal