omniture

コーヒー業界のIT化を牽引するシンガポール拠点の Flash Coffee、アジアでの事業拡大に向けて、シリーズAラウンドで1,500万米ドル(約16億円)の資金調達を実施

年内に、日本をはじめとしたアジア7カ国で300の新店舗を展開予定
Flash Coffee
2021-04-07 11:02 49

【シンガポール2021年4月7日PR Newswire】シンガポール拠点のテクノロジーを駆使したコーヒーチェーンFlash Coffee(本社:シンガポール / CEO:David Brunier)は、2021年4月7日(水)、シリーズAラウンドで総額1,500万米ドル(約16億円)の資金調達を実施しました。ホワイトスターキャピタル社が主導した今回のラウンドは、Delivery Heroが支援するDX Ventures、Global Founders Capital、Conny & Coなどが参加しました。この資金調達によって、Flash Coffeeの総資金調達額は2,000万米ドル(約22億円)となり、アジア太平洋地域の10ヵ国で事業を拡大するために活用されます。

イメージクレジット:Flash Coffee
イメージクレジット:Flash Coffee

Flash Coffeeは、2020年1月に事業をスタートし、現在はシンガポール、タイ、インドネシアの3カ国で50店舗を展開。新型コロナウイルス感染拡大の状況下で、高品質なドリンクを簡単に専用アプリで注文できる革新的な「グラブ・アンド・ゴー (grab-and-go: 手に取ってすぐに店を出ることができる)」ビジネスモデルを確立し、市場で強い支持を得ています。

 Flash Coffee 代表取締役 David Brunierのコメント

「私たちの夢は、アジアの主要都市で500メートルごとにFlash Coffeeの店舗がある状態を創り出すことです。シリーズAラウンドでの力強い投資家の方々からの支援により、これまでの実績を、香港、台湾、韓国、日本、マレーシア、フィリピン、ベトナムのアジア太平洋地域の7つの未開拓市場にて展開することができます。また、シンガポールに地域本部を建設し、ジャカルタの地域テクノロジーハブを50人に拡大して、テクノロジーを全面的に活用して顧客体験を向上させ、成長を積極的に推進し、業務効率を大幅に改善するという当社のビジョンをサポートしていきます。」

効率的なピックアップ機能、洗練されたロイヤリティプログラム、個別のプロモーション、インタラクティブなチャレンジなどを備えた消費者向けの専用アプリで、Flash Coffeeはオフラインが主流の今日のコーヒー業界のデジタル化を目指しています。バリスタ専用アプリも用意し、バリスタにパフォーマンスベースのインセンティブを与えることで、店舗の運営効率を向上させ、比類のないカスタマーエクスペリエンス(CX)を実現しています。

Flash Coffeeについて

Flash Coffee(https://flash-coffee.com/ )は、シンガポールを拠点とするテクノロジーを駆使したコーヒーチェーンです。高品質なドリンクを簡単に専用アプリで注文し、店頭での受け取り、または各市場の主要プラットフォームを通じて配達を依頼することができます。また、Flash Coffeeが提供するコーヒーメニューはラテアート世界チャンピオンのアーノン・ティティプラサート氏が監修しており、すべてのドリンクは、高品質な材料と100%アラビカ種のコーヒー豆で作られています。

画像素材は以下URLよりアクセスいただけます。https://www.dropbox.com/sh/ltmt1v9d7yyysl6/AACt0M_aZna39IlZPtAzpD1ha?dl=0 

クレジット: Flash Coffee

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: Flash Coffee