omniture

Blume Globalがサプライチェーン世界のダイナミックマップを発表

Blume Global
2021-03-30 00:00 633

【プレザントン(米カリフォルニア州)2021年3月30日PR Newswire=共同通信JBN】

*Blume Mapsを使って荷送人はエンドツーエンドのサプライチェーン出荷を計画し、追跡し、調整する

デジタルサプライチェーン・ソリューションのリーダーであるBlume Globalは30日、正確なリードタイムとETA(到着予定時刻)を生み出す特許技術を搭載した世界のサプライチェーンのデジタルツインであるBlume Mapsを正式に発表した。

Blume Mapsを使用すれば、貨物輸送のルートを計画し、問題が発生した場合に途中でコースを変更するのは、家族のドライブ旅行でナビゲーションアプリを使用するのと同じように自然なことである。

荷送人と3PL(サードパーティーロジスティクス)は、Blume Mapsを使用して、道路(LTL、FTLおよび小包)、海上、航空、鉄道の各貨物の正確なリードタイム、リアルタイムの出荷場所およびETAを生成することができる。このソリューションはまた、出荷が予定より遅れている場合に、代替の輸送手段、運送業者、ルートを提供する。

Blume Mapsは、何十年にもわたってキュレートされた150万以上の世界のロケーション、海上輸送、鉄道輸送、航空輸送、道路輸送(ファーストおよびラストマイル)の増加し続けるデータベースからBlumeのリードタイムとダイナミックETAエンジンを提供する。

▽Blume Mapsにより、顧客は以下のことが可能である。

計画:可変リードタイム、コストとの関わり、およびインテリジェントな履歴データを利用してルートをプロットし、出荷予定日が近づくと変更を監視する。インテリジェントなスケジュールとロケーション、状況に関する情報を使用して、輸送経過時間を見積もる。

追跡:エンドツーエンドの可視性と継続的にアップデートされるETAにより、注文が時間通りに運んでいることを保証し、注文が遅れたり早くなったりした際に通知を受け取る。

調整:出荷が遅れた場合、推奨の代替のモード(輸送手段)、運送業者、サービスレベル、ルートを表示し、出荷を軌道に戻す。

Blume GlobalのPervinder Johar最高経営責任者(CEO)は「国際配送は相変わらず細分化されており複雑で、現在のスエズ運河の閉鎖から絶えず増え続ける破壊的な気象事件に至るまでの課題は、申し分のない世界的なサプライチェーンの実行と可視性の必要性を示している。Blume Mapsはモードに関係なく、世界中のサプライチェーンの死角を取り除く」と述べた。

詳細は、www.blumemaps.com を参照。

▽Blume Globalについて

世界最大のグローバルな小売り企業、メーカー、消費財企業から最小の近距離トラック輸送企業に至るまで、その成功はグローバル・サプライチェーンネットワークのエンドツーエンドの可視性と調和のとれた組織化によって決まる。リアルタイムな可視性、物流遂行、アセット管理、最適化、資金決済のためのAI対応のデータ駆動デジタルオペレーティングプラットフォームおよびソリューションを持つBlume Globalは、25年以上のデータ知見およびそのグローバルネットワークと先進技術を活用して企業がよりアジャイルでレスポンシブになり、サービス提供を向上させ、コストを削減することを支援する。

▽メディア問い合わせ先 
Jackie D'Andrea  
InkHouse (for Blume Global)  
+1-781-820-5476  
blume@inkhouse.com

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/744701/Blume_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Blume Global
Related Links: